CreativeWorth 2017 10月号

【同人誌創刊のお知らせ】

文芸をこよなく愛する女性作家による、万人の為の文芸同人誌です。

Lily創刊にあたって。
私は5年ほど前にNickelYellowと言う電子同人誌を発行しましたが、横やりが入って、継続が困難になり、と言う経緯があります。2年経って、もう一回やってみようと、小説と漫画のハイブリッド同人誌Lily&Daisyと言う構想でしたが、仕事が忙しく、また休日は文章書きの仕事と、あんまりじっくり編集・DTPに時間が割けないので小説だけのLilyと言う事になりました。5年経ってNickelYellowに参加された方もその後はあまり捕捉していないのですが、数名には声をかけてLilyの初期メンバーという事になってもらおうと思います。また、インターネットは成熟し、そして空虚な洞窟に捉えようと思えば捉える事ができる様になりました。うっとうしい匿名掲示板(5ちゃんねる等)に妙に監視され、寒い風評が流れたり、と「さよならインターネット」という本のように、パソコンでのインターネットはうつろな世界になりました。Twitter等は変に監視・コピペなどされて、5ちゃんねるで不愉快な風評が発生する状況ですので、昔のように新鮮で安心な時代は終わりました。今私が行おうとしているのは、「インターネットで繋がってから出会うのではなく、出会って補助としてインターネットでも繋がる」という事です。人間は実際に人間と出会った方が情報量が多く、そして正確です。その基本理念で、このサイトにて訴求している次第です。

Lilyのコンテンツのコンセプト・基本方針
Lilyの編集方針は女性の為の女性作家の作品による同人誌です。自分の好みで判型は文庫サイズとなります。まずは電子書籍で発行し、その売り上げで紙バージョンを作り、文学フリマとテキストレボリューションにて販売の計画です。内容は女性の感性に訴える方針にしたいと思います。表紙絵はイチハラユウキさんにカバーイラストレーションを発注したいと思います。

Lilyへの参加の際の契約内容の特徴
●契約は一年に一回●著作権は1年間の買い取りで、出版社として出版権の縛りは1年間を除きありません●報酬は1号の売上が10万円までは紙バージョンの為のプール。10万円を超えたら1年間の総売上を参加者全員で均等割り、その後はブルーアイリスの利益です●発行は年二回にしたいです

創刊時期未定、創刊Ⅰ号の作品テーマは「高校生の放課後」

【カクヨム情報】

このサイトをご覧になっている全ての方にお知らせです。私は7年くらい前はARTとデザインをちょっとやってる人でしたが、小説を書くようになり、今まで分散して居たモノをカクヨムでまとめています。

https://kakuyomu.jp/users/blueirisr8

↑で自分の書いている小説が大体読めます。KDPにも2冊ありますが、たいした物では無いので割愛します。

このネームはカクヨムで面白い人や作品を紹介していく事とします。今、このサイトをご覧になっている方に是非読んで欲しいのが「路地裏の夢・Bitter sweets」という短編です。自分の新境地なので、また今までで一番上手く書けたと自負しています。是非カクヨムにて無料で読んでください。

「路地裏の夢・Bitter sweets」https://kakuyomu.jp/works/1177354054883979748

近況は、第三回カクヨムWEB小説コンテストに応募する作品のプロットと構想で忙しいです。2018年の1月末までは忙しいですね。それが終わったら、第三回角川キャラクター小説大賞が待ってます。その後は文芸雑誌の公募に応募するかもしれませんが未定です。ただ、やる気は出てきています。よろしくお願いします。

【ART情報】

今日10月28日はテキストレボリューションズの開催日で、行きの電車の中で、国立西洋美術館のポスターを見かけて、浅草で思うより早く、見終わったので、銀座線で上野まで行き、上野公園を通って国立西洋美術館へ行きました。上野の森美術館は「怖い絵画展」というのをやっていて、60分待ちの大行列が印象に残っています。北斎と西洋絵画の関連性を見るのは楽しいですが、あんまり頭に入らなかったのはテキストレボリューションの情報量の多さで頭がクラクラきていたからです。

公式サイト http://hokusai-japonisme.jp/

上記のチラシは国立西洋美術館のスタッフさんに掲載の許可を問い合わせたら、「個人で楽しむ分には著作権等は問わない」という事で、また「二次的に利益を得る為の物では無く、個人的な観覧の結果を標榜するだけ」という事で掲載します。

11月は国立新美術館の「新海誠展」です。

【DVD情報】

DVDをゆっくり見る暇がないので、公募が終わったら、また再開します。