CreativeWorth 2018 10月号

お知らせ 編集教室でFaceBook・Twitterなどのボタンの重要性を理解したので、左上にRSS・メール・Facebok・Twitter・Google+・Instagramのボタンを設置しました。このページを即応で読みたい方は更新すればFeedlyのCrome拡張機能でブラウザ右上に表示されるようになると思うのでRSSでどうぞ。その他SNSは是非、反応してください。

やほ。2018年10月発行のクリエイティブワースです。近況は東京の某所でサポートの仕事してます。色々考えたり、悩みながら、あるいは、勇気を貰って、とか、すごくたまに、心が震えて、「この感覚で小説書き続けられたら」とか思うけど、通勤電車の中で萎えたりしてます。10月9日で、国の懐に入った、電話サポートの仕事は辞めました。国と、派遣会社の皆さん、お世話になりました。電話は自分には無理でした。今日、秋葉原にバイトの面接地の下見に行って、帰りに富士そばで、山菜うどんを食べていると、白人金髪の女性二人がメイド喫茶のチラシ見ながら、英語ではない外国語でおしゃべりをしている。それを見て、「ああ、秋葉原のショップの店員やると、諸外国の日本目指してやってきている人への『おもてなし』が、この身体という、人間最大の情報量を持って対応できるではないか。これは国の負託にも応えることができるから、オリンピックまで、秋葉原の何かショップの店員やろう、説明すれば、バイトで雇ってくれる所はあるはず」と思いました。ショップの商品情報を元に、チラシをつくったり、、そのチラシをサイトに載せたりするから、自分が秋葉原のどこの店で店員やっているかは解ってしまうけど、それはそれでいいや、と。リアルでも守護されているから、邪心のあるのが向かってきても、自身の邪心で潰れて発狂するだけかもしれないし、それでもなら誰かがやってきて、どこかへ連れて行ってしまうだろう、とネットとリアルが秋葉原でシンクロするならそれもよし、と今は思ってます。派遣の契約途中で止めて、退歩なのか、というと、またさらに前進する感じで、それで調停お願いします。と、ここまで書きまして、鉄道模型店のアルバイトも、PCパーツショップの店員も不採用でした。で、JR秋葉原の電気街口を、久しぶりに自分の記憶と照らし合わせると、ほぼ、テレビゲームの異世界ファンタジーの世界になりすぎてて、あそこに身を置くのは、古い日本人にはツライものがありますな。秋葉原は、もう神田よりか、末広町よりが、なんとなく楽しめる、ラジオ会館周辺は日本のオタクと外人さんのモノになってしまった感がありますわ。対応は、また働きながら考えます。という訳で秋葉原おもてなし計画は頓挫です(泣)

【カクヨム】
予告。カクヨムWEB小説短編賞の応募作品のイメージ画。「水海道、紙ヒコーキ飛んだ」のビジュアルの公開です。

茨城県常総市水海道の高校に通う、3年生の平光報子と三ノ輪和子。秋には進路が決まり、残りの高校生活を淡々と過ごしていた。いつものように鬼怒川の土手上で報子は油絵を、和子は声楽を楽しんでいた。そこへ見知らぬバイクの男がやってきて…。何の不安も無く、進路を進む二人と、早くに人生に擱坐した先輩との対話と心の旅立ちを描く、短篇小説です。2018年12月上梓予定。作、中島英樹(ブルーアイリス)。

【告知君2】最近、名刺渡した方へ。カクヨムのURLを明記します。
https://kakuyomu.jp/users/blueirisr8 でカクヨムの私のページへパソコンだと行けます。スマホのみの場合は
(アンドロイドの場合)
https://play.google.com/store/apps/details?id=jp.kadokawa.el.kakuyomu&hl=ja
(iPhoneの場合)
https://itunes.apple.com/jp/app/%E3%82%AB%E3%82%AF%E3%83%A8%E3%83%A0/id1081762516?mt=8

で、どちらかをインストールして、ログインしていただいたら、「中島英樹(ブルーアイリス)」という名前で検索して下さい。私の小説が読めます。おすすめは「コバルトの風の中で」と「路地裏の夢・BitterSweets」が自分には代表作です。

感想はメールで送って下さい。プラスアルファで色々パソコン仕事の話が出来ます。
パソコン1台余っているので、その辺の話もしたいです。

【告知君】最近、名刺交換をされた方へ。付帯情報のURLを告知します。

私とお会いして名刺交換された方へ、補足情報として、URL貼ります。
カクヨムの私のページ 中島英樹(ブルーアイリス)
https://kakuyomu.jp/users/blueirisr8
最近フォトエッセイを書き始めたブログ「Blueiris 消息」
https://blogs.yahoo.co.jp/blueirisr8
私の脳みその中身を理解されたい方はこのホームページとブログを大体読んで貰えると、大体全て書いてあって、理解が進むとおもいます。もう全世界に自分の脳みそ公開します、みたいな覚悟でしょうか。

お話したようにチャットワーク仲間募集なんで、小説の感想、ブログの感想は是非にチャットワーク、https://go.chatwork.com/ja/で登録して中島英樹(ID=blueirisr8)にコンタクト申請して、お話しましょう。今の所、チャットワークは実際にお会いして名刺交換された方に限らせていただいております。

【お友達リンク♪】

ノーリスク・ハイリターンの投資は読書 姉崎あきかさん
http://poonyoponyo.seesaa.net/
姉崎さんは同人誌「ニッケルイエロー」で結構、小説書いてくれた人です。プロの金融系ライターさんです。自分では考えられないほど本読む人です。やはり、本に取り憑かれた、私のお仲間さんです。

【ブルーアイリス無料配布コンテンツ】

●プラモのモモちゃん模型講座1話~25話PDF版 ダウンロード
http://blueiris.jp/download/momomoke
idiary.pdf
2014年から描きためた、「プラモのモモちゃん模型日記」を営業の為にPDFにまとめてプリントアウトしたのですが、「ああ、PDFでまとめたって事は電子書籍ですな、サイトから無料ダウンロードにしてしまおう。どうせブログで公開してるんだから、一気にまとめて読みたい人もいるかもしれないしね」という事で、プラモデルから鉄道模型の真鍮製HOゲージの凸型電機機関車へのしばらくの移行に伴い、モモちゃんプラモデル編の区切りとして、まとめて発行します。みんな、無料だから、読んでくださいね。少しづつ漫画が上達していく過程が解ります。次ぎは、「モモちゃん鉄道模型講座」として、ブログに載せていきます。楽しみに待っていてね。

【お知らせ】

LINE Clova 公式オンラインストア

LINEクローバー 公式オンラインストア

お知らせです。LINEさんの方で、是非にこのサイトにアフィリエイトで紹介してください、と言う事なので、LINEのClovaと言う、これはAIスピーカーですね。LINEも始めたんだなぁと、メールで連絡を受けてしりました。左のバナーをクリックすると、オンラインストアに繋がります。AIスピーカーって今売れているようだけど、グーグルとかアマゾンとか。自分は購入するかと言うと、あんまり食指が動かないですね。今調べて見ると、グーグル・アマゾン・ソニー・JBLも出している。Clovaのサイト見た限りでは、ファンシーなプロダクトには手が出にくいですが、ClovaWaveが良さそうだけど、このデザインで5000円くらいのを台所に置いて、ラジオとか時間とか「OKクローバ、○○の曲掛けてくれ」みたいな事な妄想も膨らみますな。AIスピーカーの選択肢としてClova、検討してみてください。

【おすすめ読書】

代表的日本人 内村鑑三著 鈴木範久訳 岩波文庫 778円

※文中の引用は全て、「代表的日本人」岩波文庫からの引用です。
この本と出会ったのはいつだろう。多分、二宮金次郎の情報を志賀直哉随筆集から見つけて、その検索をしている途中に引っかかったんだろうと思う。その後に2冊、二宮金次郎の本は手に入れた。1冊は会社経営者に貸してある。地元の酒井書店は岩波文庫を東埼玉一揃えているが、この本は書架になかった。度々神保町を訪れている際に、三省堂書店で見て、ちょっと読んで、二宮尊徳さんと日蓮上人さんの記述に引かれた。その際買わなかったのは、地元で買えるなら地元で買おうかなぁとかおもってて、その後忘れていた本であった。2018/10/25に、市ヶ谷の編集教室に行く前に、神保町で書店巡りをしようと言う事にして、やはり三省堂書店で、この本を見て、その時は買わなかった。三省堂書店を後にして、書泉グランデに寄り、鉄道関係の本を見た後、ドトールで一服しながら、どうしても今のうちの読んでおかないと、と言う気持ちになり、三省堂書店に戻って買った。2階の商品は1階のレジで購入する。編集教室が始まるまで、まず、日蓮さんの記述をむさぼるように読む。創価学会の文言では無い新鮮さがそこにある。次ぎに二宮尊徳さんの記述である。これも、スポンジに水が染みこむように読む。あとは、西郷隆盛さんとか、上杉鷹山さんとか中江藤樹さんとかは、あんまり知らなかったので、ボチボチ読みになった。今最後に上杉鷹山さんの記述を読んで、「この本は、今の時代にも通じる、スゴイ本じゃないか」と感動している。西郷隆盛、上杉鷹山、二宮尊徳、中江藤樹、日蓮上人と、本当に代表的な、古来の日本の日本人なのである。内村鑑三はキリスト教徒で、この本はまず英語で書かれたモノで、内容は、日本に拠っているが、対象は西洋人にである。で、日本語訳を読んでいる訳だけど、客観的な記述になり、そこが、抵抗なく読めるのであった。読んでみると、西郷隆盛、上杉鷹山あたりは名前は知っているけど、生涯とか思想はあんまり知らなかった。中江藤樹は初めて知る日本人であった。西郷隆盛の言葉で
「命も要らず、名も要らず、位も要らず、金も要らず、という人こそもっとも扱いにくい人である。だが、このような人こそ、人生の困難を共にすることのできる人物である。またこのような人こそ、国家に偉大な貢献をすることのできる人物である」 と書かれていると、「そうかー、じゃぁ自分もちょっと扱いやすい人物にダウンサイズしたら、世の中、もうちょっとスムースに渡っていけるかな、大きく言わないけど」とか思ったり、上杉鷹山の記述では儒教の言葉に
「「ゆえに賢者は木を考えて実をえる。小人は実を考えて実をえない」
でなるほど、と思い二宮尊徳の記述では、
「天地はたえず活動していて、我々をとりまく万物の成長発展には止むときがない。この永遠の成長発展の法にしたがって、休むことさえしなければ、貧困は求めても訪れない」
でうならされ、中江藤樹の記述では、孔子の「大学」の文言が引用されていて、
「天子から庶民にいたるまで、人の第一の目的とすべきは生活を正すことにある」
で、撃沈され、日蓮上人の記述では日蓮上人の民衆の為に戦わざるを得なかった苛烈な人生を思う事ができたりします。
二宮尊徳さんは小田原から、今の栃木県真岡市二宮(旧二宮町=桜新町)で、また訪問先で、「土地と人心の荒廃」に危機感を持っていました。現代はどうでしょう、なるほど、二宮仕法が手本になって、この国では、米は捨てるほど実り、民衆が飢餓で大量に死んでいく、という事態にはまずなりませんが、人心の荒廃は、東京の秋葉原や池袋、新宿、渋谷などを見ると、顕著に私の目には映ります。平成7年1月17日、阪神淡路大震災がおきました。自分の境涯で初めての大震災です。私も家庭に悩み、もう自殺するつもりで家を出て、新幹線に乗り、大阪を経て、神戸の街に立ちました。電柱に貼ってあった貼り紙で、土方人足の仕事を得て、兵庫県西脇市に逗留しました。そこで、神戸から焼け出された人達と交流しましたが、廃墟から持ってきたのは、自慢の裏エロビデオ数百本だったりして、それ見てもその時は何も思わず、なにか、自分には不自然なモノを感じて居ました。振り返ると、神戸と言うのは荒廃と頽廃の都ではなかったのか、と思う事です。人心が荒廃している所に、天地は呼応して、ドカンと一発、天地が動き出すのです。昔は、電話くらいなもので、その都の荒廃や人心の乱れは地域限定
でしたが、今はインターネットの時代は、人心の乱れはパソコン・スマホであっと言う間に全国へ移ってしまいます。東日本大震災・熊本地震・北海道地震など、あるいは、台風・洪水など、平成のあの、阪神淡路大震災からスタートして、厄災のオンパレードなのは、一重に人心が乱れているからかなぁと思うのです。じゃぁインターネット、廃止するか、とそう簡単にもいきません。しかも、日本の美点に憧れて、諸外国の人がドンドン流入してくると、諸外国の汚濁・慟哭・悲嘆・頽廃なんかもどーっと流入してくるな、と秋葉原の駅前に立つとヒシヒシと感じて居ることです。じゃぁ鎖国するか、と言うとそうもいかない。もう、考えたのは、「千と千尋の神隠し」のお風呂宿の様に、日本は、もう諸外国の人の心を洗うお風呂みたいな、覚悟が必要でしょう。秋葉原なんかは、その玄関の泥落とし、みたいな場所でしょうか。お風呂に入りに来たのなら、お湯はキレイでなくてはいけません。という訳で、日本人は人心の乱れを自覚し、心をキレイに保ち、来たる東京オリンピックの外国人観光客4000万人時代を受け入れなくてはいけないのでしょうか。そういう事でこの本を心ある人は読んで、先人の清新な心に触れて貰いたいものです。汚濁の中ばかりにいれば清浄さは見えないものです。清浄さに身を置けば汚濁がよく見えるというもの。そう思います。2018/10/27

【今月のカレー】
三ノ輪橋 ナマステ スパイシーインドカレー

と言う訳で、都電荒川線・東京さくらトラムに乗る頃にはお昼だったので、金曜日、という事でカレーを食べようと、東京メトロ日比谷線三ノ輪駅で降りて、都電荒川線の三ノ輪橋まで行きます。そこで、ぐるっと見渡すと、なにか薄暗い高架下だったかな、トンネルみたいな場所にナマステがあります。一番安いカレーを頼みました。インドカレー550円。わりとインドっぽいので良かったのではないでしょうか。日本人の調理でした。

ここです。本当に下町の片隅にあるカレー屋さん。三ノ輪橋界隈というのが、あんまり流行らない、地元民の為のお店が多いですなぁ

カレーはこんな感じ。色々ありますが、まぁ食べやすいカレーであったことはまちがいないです。

【おすすめの食事】
早稲田 やぶ

都電荒川線・東京さくらトラムの終着地・始発駅の早稲田を降りて、リーガロイヤルホテル東京に向かう途中に、やぶはあります。営業に厳格な店なので、夜は17時きっかりにしかシャッターを開けません。シャッターが閉まっていて、表のメニューに準備中の札が置いてあったら、まず17時まで待たなくてはいけません。私もパチンコ屋でタバコ吸ったり、ホテルの椅子に座って音楽聴きながら17時まで待ちました。17時に入って、まえまえから「絶対当たりだ」と言う直感があった、けんちんうどんを注文しました。800円です。運ばれて、ごま油のほのかな香りが食欲をそそります。食べて見ると、けんちん汁のうどんなので、豚バラ肉も大分煮込んで入っていたり、非常に上質のけんちんうどんを食べることができます。今度は力うどんを試してみたい。まぁ滅多に行ける店ではないけれど、富士そばでは物足りない時は行きたいものです。春日部で、おいしい力うどんを食べさせてくれる、そば・うどん屋はなくなりましたから。


写真、ぶれてますが、外観はこんな感じの店です。


けんちんうどんです。ゴボウ・長いも・豚バラ肉・インゲン・里芋、香りにごま油で、春日部では食べられない、本格派のそば・うどん店の一品です。

【今月の気になるチラシ2・都電荒川線沿線で拾ったチラシ】
都電の記憶──北区ゆかりの19系統・32系統を巡って──
北区飛鳥山博物館 http://www.asukayama.jp/


北区飛鳥山博物館で取得したチラシで、昨日(2018/10/26)は開催の一日前、という事で残念ながら見られなかった。このチラシ見ると、やはりもう東京に車は要らないなぁ、昔の都電に戻せばいいと思う。車は結局エゴを運ぶモノだからね。東京はエゴだらけだ。銀座なんか、都電・トラムにしたら随分スッキリすると思う。

田端文士村記念館開館25周年記念館 昭和の田端 喪失と復興
(公財)北区文化振興財団 田端文士村記念館
http://kitabunka.or.jp/tabata/

飛鳥山博物館で取得しましたが、このチラシ見たときはびっくりしました。のらくろが復興していると言う。山根青鬼先生が「のらくろ」の執筆権を継承したというのと、山根青鬼先生まだご存命だというのが、衝撃的だった。自分が小学生の頃、やまねあおおにでマンガ読んだ記憶がある。軽く40年以上前の話で、もうすっかり忘れていた漫画家さんだ。田河水疱先生の弟子とも知らなかったな。という訳でご覧下さい。

奥村泰宏・常磐とよ子写真展 戦後横浜に生きる
横浜都市発展記念館 http://www.tohatsu.city.yokohama.jp/

これも飛鳥山博物館で取得で取得したものだけど、戦後の横浜のアメリカによる浸食と、立憲君主制が崩壊した、モラル無き頽廃の横浜の雰囲気が二枚の写真で出ていて、興味がそそられる。ちょっと今は横浜まで身を運ぶ気力ないけど、気力でたら、行ってみたいな。

と、ここまでチラシを紹介したけど、最初美術展のチラシをコンテンツとしてあげてきて、それが発展して、プラモ・鉄道模型のチラシと来て、こういう街の情報もチラシという事で掲載しているけど、たいした意味のあることの様に思えてきた。フィルターバブルと言う事で、上記三つのチラシ情報は検索してもまず出てこない。検索で、全て検索できるかもしれないけど、田端文士会も飛鳥山博物館も横浜都市発展記念館なども、全く知らない人間は検索しようがない。そう言った意味でチラシを発掘してココに載せるのは大義である、と確信している。補填でURLも併記しているから、チラシでは解らない事はURLでメールでどうぞ、という事だな。

【コラム・コンタクトレンズの最近の事情】
春日部市 三須医院
http://www.misu-iin.com/


以前から、老眼になった目に合わないコンタクトレンズを買い換えるには、どこのコンタクトレンズショップがいいか、考えていた。ララガーデンか、イオン春日部か、春日部駅西口のメガネ屋か、と模索していた。どこもなんだか、眼科に通わなくてはいけないのがめんどくさかった。昔は、今は居酒屋になってしまったが、メガネフラワーで、コンタクトレンズを作った。もう10年以上前の話になるだろう。最初作るときはめんどくさかったが、一回ハードコンタクトレンズを作ったら、あとはもう検診にも行かず、と言うか行く余裕も無い生活だったから、最後に買ってから、5年以上経ったハードコンタクトレンズを先日取り外している最中に洗面所で紛失したので、観念して、新しく作り直そうと言う事になった。何が切っ掛けで、三須医院の眼科を知ったのかはもう覚えていない。ただ、ホームページで三須医院のコンタクトレンズ処方の値段が1日使い捨てで、2950円とか、やたら安く売っているので、それで三須医院を記憶した。病院の処方だから、ショップと違って何か安心感があるという感じだった。国民健康保険の切り替えも終わって、「では」と言う事で、バイクで春日部駅東口の三須医院へ行こうどドアを開けたら雨であった。それでも今日、作ろうと言う事で自転車で一ノ割駅まで行って、電車で春日部駅東口へ。もう50年、春日部に住んでいる訳だから、三須医院はもう子供の頃から知っている。自分が記憶にあるのは、三須医院ではなくミス医院だった。ミスだから、産婦人科とか女性向けの病院だろうと、子供の頃からずっと思ってた。最近三須医院と院長先生の名字と同じ漢字に直して、ホームページで医療科の紹介を見て、内科とか眼科の病院だと知った。建物の外壁には、「春日部コンタクトレンズ研究所」なんて看板が控えめに掲示してあったりして、割と信頼できそうな、コンタクトレンズ作る場所かな、と言う印象だった。春日部駅から駅沿いに歩いて、すぐに三須医院はある。中に入ると、老人達で一杯で、「こりゃ待たなくてはいけないか、でも後戻りは出来ない」と思い、受付票渡して、待った。程なく呼ばれて問診を受けて、「今まで、ハードコンタクトレンズを使ってたから、またハードで」と言った。視力の検査やら終わって、肝心の価格の話になった。そこで知ったのは、ハードコンタクトレンズは昔と同じように、片目一個1万8千円の世界だった。ホームページの1日使い捨て2950円の話とは遠かった。自分はハードコンタクトレンズも1日使い捨てがあるのだろうと思ってた。今のコンタクトレンズの事情は、ハードコンタクトレンズだと瞼が下がるなどの弊害があるので、ハードコンタクトレンズを使っている人は稀になった、と言う。と言う訳で、「じゃぁソフトコンタクトレンズでお願いします」という事になった。ソフトコンタクトレンズは、ハードとまた装用と着脱の方法がちょっと違う。ハードは瞼でパチッと外すけど、ソフトはつまむのである。レンズもハードより二回りも大きい。そして、裏表が判別しにくい。でもハードコンタクトレンズ買っても、どうせ月に一回か二回しか使わないのだから、ソフトで1日使い捨ての方が経済的だ。もう一個1万8千円、とドキドキしながらハードコンタクトレンズを外す必要がなくなった。ハードより、瞼を開いて、ペタリと装用するのはまだ慣れていないが、そのうち慣れるだろう。今日は7日分を処方してもらった。健康保険が効いて1450円で済んだ。自分のイメージだと、処方箋が出来て、そこからオーダーで受け取りに何日もかかるのだろうと言う思い込みがあった。ソフトレンズにも、「ソフトって、蒸留水使ったり機材必要だからめんどくさいんじゃないの?」と言う40年前の思い込みが崩れた日でもあった。やはり、行って見ないと解らないのである。ホームページ見ても解らない。実際、検査受けて、話を聞いてみないと、身を持って解らないと、情報と思い込みのあり方にも気づいた、今日であった。2018/10/23

【イベント・行ってきた情報】
2770ライダースmeeting 庄和総合公園多目的広場
「FTC~世界の子供達の為に~」サイト https://ftc.crayonsite.net/

先週、ビジネスセミナーの帰りに、藤の牛島駅でポスターを見て知った。行って見ようか、と考えてて、ポストに投函される、「ちいき新聞」でも1面で記事になっていたので、では、と言う事で、創価学会の座談会が終わって、メシも会場で、と言う事で原付スクーターで行ってきた。以下は写真とキャプション、最後まとめです。


イベントに付帯してたからかどうなのか、わかならないけど、家族でバーベキューまつりやってた。みんなそれぞれバーベキューコンロを用意して、色々焼きながら食べていたなぁ。


イベント会場遠景。バイクが左手に見えて、右が出店とかで、ババナチョコとか、色々。私は焼きそばとホットドッグを買って食べました。計700円。


遠くから見る、バイクの集合。ハーレーとか、そういう如何にもなビッグバイクの方が多かった。YZF-R1とかは無かった。


唯一、乗ってもいいかな、と思うホンダのCB1300?1100?あとは、ハーレーとかストライクゾーンではないのばかりでした。


野外ライブの会場。まだ始まって居なくて、空いてる席で焼きそばとホットドッグを食べました。食べ終わった頃「大道芸人なんちゃらさんのステージが始まります」なんてアナウンスが流れた。


最後に、今日はあまりにも天気が良かった。本当に雲一つない、青空だった。天と地と、その間の人とを考えた。そして、神の啓示か、命の発想なのか、青空を見ていてこう思った。「ああ、そうか、自分に出来る事でベストを目指してやっていけばいいんだ。それが国の負託に応えることでもあり、自分が楽しめる事でもあるのか」と。そういう訳だから、自分の出来る事で、ベストを目指す様にしたいと思います。

そんな、最後に青空が自分教えてくれた。今日はめんどくさがらずに行って見て、良かったと思います。2018/10/21

【趣味の話・模型情報・鉄道模型情報】

今月から、出来うる限り、秋葉原で、ヒントを貰って、その情報をある程度追いかけた足跡を残しますね。グリーンマックスさんで、ヒントを貰って、偶然にも蒲田で鉄道模型ショウがやっていたので、その日は鉄道模型づくしでした。それで、ぱっと「ああ、今、出版も『鉄道』を結構取り上げてるし、軽い鉄道ブームか、乗ってみるか」と思いました。グリーンマックスさんに久しぶりに鉄道模型店というのに入ったら、Nゲージがメインでした。というかNゲージ専門店でした。結構、紙媒体で展開されている様でした。でも、自分今まで知らなかったです。階下のIMONさんは、ネットで見て、一回行ったのは何年前か。で、先日YAHOOの記事でエンドウさんを知って、今日JR立川駅まで行ったわけです。店内写真や商品写真は断りを入れるのもめんどくさいので、店舗外観とホームページのURLだけで、あとは、サイト見て、実際に行って確認してください。では、情報取得順に紹介していきましょう。

●秋葉原 グリーンマックス・ザ・ストア秋葉原店さん
http://www.greenmax.co.jp/
秋葉原のTRADER2さんの向かい、一階が浜田電機さんの入っているビルの5階です。Nゲージメインで、紙媒体の展開が新鮮でした。一度は行ってみるべきですね
●立川 モデルプラザエンドウさん
http://www.mr-endo.com/
YAHOOの記事で知って、今日行ってきました。立川市くらいになると、もう山間部の空気を感じる世界になりますね。駅周辺の大きなショッピングセンターには目もくれず、グーグルマップ見ていったら、大きく行き過ぎて、なぜか、立川けやき座まで行きました。遠くから見ると「なにかパチンコ屋の様に見えるが、パチンコ屋かな」とだんだん接近すると、寄席とか、そんな感じの劇場でした。おじさんが、立っていたので、「エンドウという鉄道模型店知りませんか」と尋ねると、「わからない」とおっしゃいまして、灰皿があって、一服つけてると、若い芸人さんが、何人が出てきて、入り口前の追っかけの女性の写真に応えてた。それみて、「あれ?俺が尋ねた人って、座のちょっとエライ人だったのかな」と思うけど、謎です。芸能界、あんまり詳しくないもので(;^_^で、ホームページもあったので、ついでにご紹介
立川けやき座 http://t-keyakiza.com/

で、戻って、探すと立川駅北口から超近い場所に、モデルショップエンドウさんはありました。中に入って、一通り見渡すと、EF57だか、の凸型電機機関車が数店あったのですが、メインはHOゲージの客車とかがメインになるのかな。店員さんに聞くと、「あんまり旧型凸型電機機関車はやってないんですよね」って話でした。YAHOOの記事見て、自分の妄想だとHOゲージの真鍮剥き出しのEF57とかあるかも」と思ったけど、実際は客車メインでした。でも楽しめました。丁寧に接客して頂いてありがとうございました。
で、帰りの中央線特別快速で御茶ノ水まで行きました。電車の中で、「たしかイモンさんは、HOゲージで電気機関車結構扱っていたかな?確認してみよう」という事でお茶の水で降りて、神田川のほとりを秋葉原に向かって歩いて行きました。
●Models IMONさん
https://www.imon.co.jp/

と言う訳で、IMONさんにやってきました。やはり、HOゲージのEF13戦時型とかありました。写真に撮りたかったけど、店内撮影禁止という事なので、記憶に留めるだけです。興味がある方は実際に足を運んでみてください。

と言う訳で、趣味をベースにした、好奇心を満足させました。この満足感で、「モモちゃん鉄道模型講座」をマンガにするわけですね。モモちゃんとハルカちゃんは星野女子大学に進み、模型部と言う事で、鉄道模型という未知の領域を探り始める、そんなとっかかりから、マンガは始まるでしょう。また落ち着いたら、神保町の書泉グランデで、書籍を探すでしょう。もちろん旧型電気機関車の、です。

2018/10/20

【今月の気になるチラシ】

えー今日ビジネスセミナー受けて、東証にはTOKYO PRO Marketという株式市場があるというお話でしたね。マザーズくらいは知ってたけど、それはさすがに知らなかった、というか誰も知らないんじゃないの、というわけで、日本全国中にTOKYO PRO Marketをご紹介します。

一般投資家は投資できなく、プロ投資家(●適格機関投資家(金融機関など)●上場会社●国、日本銀行、地方公共団体)などが、投資する、新しい、日本のベンチャー企業のための市場ですな。自分の事業がそこまでいくかどうかわからないけど、一応頭の中に入れておこうと思います。

2018/10/13に、私は秋葉原でバイトの面接地の確認の次に、大田区の京急蒲田駅のほぼ駅前の大田区産業プラザで、第43回日本鉄道模型ショウ2018を見ました。詳しくはJMRA(日本鉄道模型協会)のホームページをご覧下さい。
http://www.jmra.gr.jp/
入場の際、「2018年JMRAカタログ」というのを貰いまして、これが、ほぼ会場のブース・メーカーさんのチラシの総まとめなんですが、それはさすがに全部載せられないし、著作権の問題も出てくるので、数少なくゲットした、チラシを載せます。紙だけでなく、紙をネットに載せる事で、情報の広がりが出ると達観しております。「下げてくれ」と言われれば削除いたします。まぁプラスになるだけだと思いますが。では、オフィシャルチラシから行って見ましょう。


JMRAの公式、チラシ。次ぎ


やはり、私は銀座で培った天賞堂さんに対する敬意で一番に持ってきてしまう。もう随分行ってないけど、銀座にこだわりで、たまに足を運んでおりました。最近は、もう銀座に行くのも疲れるので、家でこうして紙情報や、ネット情報で、見るだけですねぇ。
天賞堂 http://www.tenshodo.co.jp/


瀬戸川模型工房さん https://tomox14.jimdo.com/


タンク車ってそそるよね。タキ1000が好き。大宮で見たから。
モデルワムさん https://www.model-wam.com/

ハローキティの新幹線(・_・)
株式会社トイテック ロクハン事業部 http://www.rokuhan.com/

ED62とかかな。電気機関車萌えなんですよねぇ。
株式会社オーバーカムアップさん http://overcomeup.co.jp/

と大体以上になります。他にも一杯写真撮ったので、でも、今は鉄道模型詳しくないので、あんまりコメントできないけど、自分はブラスキットの旧型凸型電気機関車が一番好きですねぇ。あれをOJゲージとかHOゲージで1年かけて組んで机の上に飾って、満足したいですね。写真をご覧になりたい方は、ブログご覧下さい。

https://blogs.yahoo.co.jp/blueirisr8/folder/1546053.html

以上でした。

【今月のMONO】

【日帰り関東旅行記】

茨城県守谷市・常総市水海道を鉄道と徒歩で訪ねて。

今日(2018/10/07)は、小説のエモーションを高めるべく、「もう一回、電車と徒歩で水海道を取材しよう」と言う事で、東武アーバンパークラインとつくばエクスプレスと関東鉄道を使って電車で行きました。つくばエクスプレスは柏の葉キャンパス駅が自分の北上の上限だったので、壁を破る意味で守谷駅まで行きました。守谷駅とか守谷市は、埼玉でいうなら南栗橋くらい、何もない住宅街のようなので、駅前のタリーズで一服し、広場でフリーマーケットや、出店ありましたが、朝早く、買い物は出来なかったので、関東鉄道の快速に乗りました。東武線の運賃の感覚だと、高いけど、人口の少ないローカル私鉄ですので、しょうがないと思い、水海道まで行きました。前回のバイクでの訪問でははしょった、水海道二高の写真を、と歩いて、水海道二高まで行き、高校の校舎や周辺の様子をうかがいました。バイクの視点・情報になると、見落としてしまう、喫茶店情報なども発見し、喫茶店も写真に撮りました。入らなかったけど。歩いて見ないと見つからないモノがあるな、とグーグルマップ依存では出来ない事をやっているわけです。八幡神社などを訪れて、つらつら歩いてすぐ水海道駅にたどり着いて、スマホ見てると、やたら遠く感じるけど、実際歩いて見ると、「あれ、もう着いちゃった」となったのが発見です。スマホも過信出来ない。陸橋を越えて、国道沿いのガストでチーズinハンバーグで昼メシ。大体、バイク取材で出来なかった補完が出来たので、水海道駅から守谷駅に向かい、乗り換えて、東武アーバンパークラインで帰りました。水海道駅から、乗った電車(ディーゼル車だったかな?)には同じ制服を着ている女子高生で一杯だったんだけど、制服が昔の自分が卒業した庄和高校の制服と似た感じで、そして、女の子達の雰囲気は「健康的」でした。東京の秋葉原の裏通りで、メイドさんに並んで、女子高生ビジネスで小遣い稼いでるレベル高めのJK達より、好感が持てました。そんな発見のあった、電車+徒歩旅でした。では、少々のフォトリポート。

守谷駅ですね。近代的なんだけど、周囲は住宅しかないので、南栗橋みたいに、通過していくしかないですね。

水海道駅ですね。この、線路を渡って、改札に向かう構造と言うのは東武線では、無くなってしまったので、新鮮です。自分の記憶だと、昔の七光台駅がこんな感じでしたけどねぇ。

水海道二高ですね。一高は男子校で、二高は共学です。サイト見たけど、今時の女子生徒制服でしたね。
まぁ、そんな所かな、でも今日見かけた女子高生は、自分のリサーチ外の制服を着ていた。どこの高校かは聞けなかった。田舎の女子高生はウイウイしくて良かった、それが印象でした。
2018/10/07

【今月のカレー】

【お勧め書籍】

【ART情報】