blueirisr8 の紹介

埼玉県春日部市在住、屋号ブルーアイリスの代表。油彩画家、小説家、デザイナー、プラモデラー。

Creation Value 2019 7月号

【今月の読書】and I love Her 片岡義男、を読もうとして思う事

本当は9月の第一回令和小説大賞に応募しようとして、「赤いハイヒール」のプロットを読み返したりして、或いは太田裕美の「赤いハイヒール」を聴いて、或いはダイアナ・ロスの「If we hold on together」を聴いて、小説執筆へのエモーションを高めようとしていたのが7月に入ってからなんだけど、この時点で、まだ暗転が無かったので、頭の中は、仕事と小説書きの生産スケジュールで、進行していくものだと思っていた。7月5日で暗転し、Ⅰ週間ほど、モヤモヤして、やがて解決。今は、7ヶ月越しに、自分の思い通りに建設現場に出勤している。でも、休日に小説に専念して、この5年越しの構想の「赤いハイヒール」を仕上げて、水海道4部作へ、と思っていた計画は後退し、キャッシュフローをもっと増やさないと、10月からの、田畑を耕す事業に取り組めないので、建設現場は週4日、週4日でないと疲れるからなんだけど、残りの日は、IT・情報デザインコンサルタント業を新たに始めて、日当一万円+交通費で、固定電話+紙のチラシ+携帯電話はガラケーレベルの、地方の中小企業・飲食店・店舗などに、IT・情報デザインコンサルタント業で、ガラケーからスマホにしてLINE WORKSとメールの打ち方やノートパソコンとポケットwifiの導入までとか、色々教えて回って、日当一万円でキャッシュフローを増やして行かないと落ち着いて小説に取り組めないと思った。だから、第一回令和小説大賞は見送りで、LINEノベルに移行は8月から、まず「青い手紙」から移行するだろうけど、ボチボチ変化していきたい。新規事業の広告は、10日以内に4コマ漫画にして、このページのトップに固定し続けるだろう。で、本題に戻ると、「赤いハイヒール」を書ききる感性を取り戻したくて、電車の中で「and I Love Her」を何気なく手に取った。開いて見て、昔読んだときは、そういう表現もあるか、位に思っていたけど、本文の刷り色が、特色のダークブルーなのである。墨では無い。ダークブルーなのである。片岡義男のセンスなのか、装丁家のセンスなのか、角川書店の編集のセンスなのかわからないが、青い本文組のページを見て、「この本からやり直そう」と思い、鞄にしまった。ブルーの特色はDICの何番ぐらいなんだろう。もうDICやTOYOの特色なんて、昔の人間しか使わないだろう。もうその位紙媒体は廃れてきている。昭和57年の発行の文庫本である。やはり、片岡義男の角川文庫版は全巻揃えないと、ダメかな、と思っている。以前やったのだけれど、自分の片岡義男の蔵本リストを作って、角川文庫で発行した全ての片岡義男の文庫本リストと突合した記憶があるのだけれど、その時のデータが見つからない。もう一回Excelで作り直しだろう。小説書きは絵描きと同じくライフワークの芸術だから、才能・知能を金銭に変換する仕事の合間にやらざるを得ないだろう。それで当分いいし、専業の小説家になるつもりもない。IT/デザイン/コミュニケーションの合間に行うのが良いようだ。例え暗転があり、苦しんだとしても、本当に人の心に届く芸術というのは、困難な環境の中で、一瞬の統合された人間に短時間に生み出されるモノである。20代の油絵の制作を通じて、振り返るとそう思う。2019/07/16

昔読んで、忘れていたから、もう一度読み直しのつもりだった。
この様に、本文の刷り色がブルーなのである。この青を見て、しびれた。「やっぱり片岡義男だ」と思う。これにヒントを得て、10日以内に、blueiris.jpに4コマ漫画を描くけれど、描写は黒のボールペンで行うけど、ハーフトーンや刷り色は変換して、このブルーに変換して掲載する予定だ。

【今月のファッション2】ユニクロ フレンチリネンシャツ ブルー 1290円

無印良品でゴールデンウィークに、フレンチリネンのジャケットとパンツを買い、その後、白のフレンチリネンシャツを買って、ビジネスユニフォームとした。それでも満足なのだが、シャツはもう2枚くらい、色違いを買って、バリエーションにしたいかな、と思っていた。イオン春日部のユニクロでフレンチリネンシャツのライトブルーが1900円で売っていたので、買おうと思っていた。今日、ららぽーと柏の葉のユニクロで同じライトブルーのシャツを探していたら、XLが無かった。しかも、1290円と、かなり安くなっていたので、昔は好んで着ていた主張の強いブルーのフレンチリネンシャツを買うことにした。これでトップスはネイビーのフレンチリネンのジャケットとシャツはブルーのバリエーションが出来た。18日の通信・放送weekに着て行くつもりである。2019/07/16

【報告】柏の葉でビジネスセミナーを受講、向かう時の電車の中で思い付く、事業の今後の事。

柏の葉のいつもの場所で、ビジネスセミナー二本を受けた。 1.「事業成長につながる広報戦略」 2.「ベンチャー企業必見!資本性ローンの実践的活用方法」 なんですが。日本政策金融公庫の一つのプランが、自分には最適だと思うので、Ⅰ年後に事業計画を立てられるように、良い土壌である事は解っている、草原を耕して、水田や畑にしていこう、という事にした。1年は土を耕すような、そんな地道な営業活動になるだろう。柏の葉に向かう電車の中で、ふと「ああ、電子書籍配信サイトを作ればいいのか」と思った。ソリューションはもう決まっている。 https://www.celsys.co.jp/e-booksolution/ だと、ワンパッケージで、タネを撒いて育った作物が置かれる倉庫、という事になる。もちろん、Lilyもある。そもそも、この広大な草原を田畑にしようと思ったのは、東京やネットで才能を探しても、自分の望みと違うから。自分の望みを叶えるには、0から小説家や画家やマンガ家を育てるしかないなぁと思う。20世紀の東京の出版産業の出力結果に囚われている、若い才能を順次開放していく、あるいは、東京の出版社など、まったく考えて居ないで、カスミでレジのバイトやっている様な人に小説を書いて貰うとか、そういう「仕事とは探すモノでは無く、創り出すモノだ」という見識は、春日部市の印刷屋に入って、総額2500万円のDTP入出力機器が遊んでいるのをなんとかしよう、という所から始まった。春日部で、DTPの客はいなかったから、Macintoshはとりあえず置いてある、地方のデザイン事務所などに、タダでDTPのノウハウを教えて、出力のお客として育てた。市場価値0から、大層な事になった経験から言う事である。電子書籍配信サイトは、東京の20世紀からの流れをぶった切って、全く新しい発想で構築しよう、とか思っている。19世紀と21世紀をデジタル技術が結ぶような発想になると思う。東京は今の建設物建て替えラッシュがおとなしくなって、さらに50年から80年は20世紀の名残の、青空の見えない、やたら情報が集積されて、その中で真贋も美醜も埋もれていく、効率の悪い場所として、日本に存在するだろう。東京が、「京」を外して、江戸・板東に戻るには、50年後からスタートするだろう。東京には未来はない。単にキレイに仕上がった20世紀のリフレインをあと50年続けるだけだろう。私は、ホントうに東京の街並みに心が躍ることは無くなった。東京を訪れるのは、神保町で本屋、秋葉原で本屋。六本木・新宿・上野で美術館に入る事と、東京ビッグサイトで、エンタープライズな企業の人と会って、情報を得ることくらいだろう。2019/07/16

【今月の旅行】小説の取材とデザインの営業も兼ねて、水海道祇園祭に行ってきた。あこがれだったルートイン水海道に一泊した。

7月13日の昼にゆるゆる出発して、14時半には水海道に着いたかな。500円のもりそば食べて、祭が始動するまで常総市立図書館で時間潰してた。神輿の為の待機所で、おじさんと話して、春日部の話になったりして名刺渡した。どこかの社長さんのようだった。春日部の祭と同じ日だったけど、春日部の祭と比べるともっと伝統的な田舎の祭の感じだった。茨城のヤンキー娘と言うのが散見された。初めて茨城のヤンキーと言うのを間近に見た。浴衣の柄の品の良さは春日部の浴衣の方が品がいいように思えた。良くも悪くも田舎の祭であった。水海道4部作の為の取材とはいえ、色々見て回ると、赤いハイヒールの方が先なんだけど、と結構もどかしい脳みそになった。結局LINEノベルの令和小説大賞は見送らざるを得ないと思った。無理しても、苦しいんだよな。金が逃げていくんだ。毎月の支払いもあるから、やたら300万円が心のどこかにある内は、いい結果にはならないだろうと思う。赤いハイヒールを仕上げたら、次ぎ水海道4部作を書き始め、その後は文芸部を舞台にした青春小説も控える様にしたいと思っている。他にも多数仕事のアイデアがあるけど、それはアシスタントやビジネスパートナーが多数居ないと一人では間に合わないので、追々関係者に話していきたい。なんて整理をホテルルートイン水海道の窓から雨の景色を見ながら整理した。たまには旅行もいいものだ。2019/07/14

水海道祇園祭の風景。気がつくと117枚も写真を撮っていた。
14日の雨の朝のホテルの客室からの風景。ホテル泊まりなんて、もう何年ぶりか、泊まりながら考えても思い出せない。ずーっと倉庫に係留されていたからな。
帰る時のホテルルートイン水海道。割と顔が知られているっていいことで、ちょっといいことがあったけど、秘密です。

【今日の独り言】

だって、匿名とか匿名度の高いネットの連中なんて相手したってしょうがないじゃん。昔、1995年くらいから日本のインターネットが本格的に始まった頃って、全体的に日本人はネットがどういうモノか解らないし、WEBチャット、当時は、WEBパーティなんてとか、大学のホームページにWEBチャットが設置されてた時もあった。まだネットポジティブで、モラルがあった。急速に、ネットで、良心的ではない若いやつが蔓延したのは2ちゃんねるのせいだ。2ちゃんねる発で、大宮のドコモの広末涼子掲示板が閉鎖されて、新聞記事になった頃から、匿名で何でもやり放題、責任は取らないで逃げられる、なんて日本のITに悪癖がついた。今は、5ちゃんねるは観察するのみだし、ツィッターも匿名度が高いから、ネット廃人な皆さんのツィートただ眺めるだけで、発言したり、交信したりすることはほとんど無い。Instagramも女性からメッセージもらって、LINEしませんか?なんて言われても、「LINEは実際会った人としかしません」と返事したし、フェースブックの友達なんてのも、友達じゃ無いんだよな。単に友達という名称の相互リンクで、「友達」が投稿しても、全く自分には必要の無い記事が多いので、大分友達を整理した。Facebookでいいねやフォローするのは、自治体や企業・商品のページのみ。メッセンジャーは地元の確かな人と面談するアポイントメント取る為に使う。デザインの仕事のフォローもメッセンジャーで。Instagramの写真はキレイな女の子ってのも99パーセント、フォローを止めた。フォローしてるのはアーティストや気になる店舗や企業の公式アカウント。匿名っぽいアカウントは相互フォローしない事にしている。メールだって、名刺交換した人の名刺に載っているメールアドレスや、企業なんかの社用メールが多い。誰だかわかんない様なメールもらっても返信しない。名刺だった、昔は無差別に名刺渡してたけど、埼玉の倉庫で会ったようなのに職安であって名刺渡しても、そいつは電話を非通知発信でしかかけてこない。ドコモのスマホにして正解なのは、非通知発信を着信拒否出来る事。映像・動画だって、昼休みずーっと見ている人一杯いるけど、「よくあんな情報量の低い映像情報を高いパケット代払ってみるなぁ」と思うんだよな。映像とか動画って子供の頃からテレビ見慣れている人には刺激になるんだろうけど、私は情報密度が低いので、YOUTUBEとか動画配信は、docomoのdアニメストアが安いので、たまに昔見たかったアニメを見ているくらいかな。YOUTUBEは音楽を聴くだけ。他は情報密度が低いのが多い。不正確だし。ツィッターは、あんな短文だと、誤解されて出会い厨とかありがたくない、決めつけをもらって、それが匿名掲示板の脳みそが1999年代でインターフェースがロックした連中に延々と言われるから、ツィッターで発言することが無い。相互理解まで延々と匿名度の高い人と話すのは合理的で無いし、時間コストも掛かって、且つ自分の望みでは無い人だと、時間と労力の無駄である。ツィッターでBlueiris参加者は探していない。徒労である。テレビも動画・映像だから、ニュースとか、ゆとりのあるときめざましテレビと占い見るくらいです。テレビもブラウン管のNTSCでデジタルチューナーつけて見ている。このブラウン管が壊れたら、初めてHDを買うのでは無いだろうか、4K・8Kなんて時間の無駄だ。最新の情報にサラされ続けるなら、AndoroidのGoogleブラウザのGooglediscoverが最高だろう。ネット上の最新の投稿を自分の閲覧履歴と嗜好に合わせて、表示してくれる。Googleアナリティクスを見ても、「どうしてそんなことまで解るの?」って位、もう俺の知識の遙か向こうをGoogleではやっている。昔のクッキーとかの世界では無い。クラウドでもその中の人工知能のディープラーニングの世界なんだろう。そんな2019年7月のIT事情の印象でした。最後に一言、「ネットは実名でやるべきです」。2019/07/10

【今日の感慨】

今日。7月8日に用事があって、秋葉原に行ったのだけれど、3月に二週間ほど参加した、秋葉原駅前の商業ビルが竣工式をやっていた。納品日に間に合ったのだ。最初に現場に入って二日目くらいに現場を観察して、7月上旬竣工と聞いて、「えー、間に合わないんじゃ無いの?」と思った状況だったけど、ホントに間に合った。多分追い込みは24時間体制でやったんじゃないかな、と思う。すごいなぁ、と思ったし、完成した躯体をシゲシゲと全体を目の中に入れると、まだ足場で囲まれた光景と頭の中で比べて、「本当に間に合ったよ、すげーな」って思って、万世橋を通って、日本橋室町に向かった。日本橋室町は、最高にいい思い出のある現場で、完成したとネットのニュースで見たので、目で確認しにいった。よく見ると、上の躯体はまだ、仕上げ工事をゆっくりやっているようだった。看板を見ると、「2019年秋オープン」と書いてある。地下の発電設備だけは納品したようだ。その場所へは、気軽に入れない場所である。建築科の大学生が教授に言って、オーナー会社に連絡入れないと、一般人は入れないはずである。上の躯体だけ、ぐるっと回って見渡した。2月に初めて見たときは「随分でかいビルだなぁ」と思った。三井のお城の一つである。新聞によく広告の載っている、一流企業の協力会社の中でも、一番仕事の出来るエリートばかり集めた、日本で最初の都市型発電設備のある商業ビルの現場、と言う事だった。そこでいい物・人を見て、クリーニング工・養生工としての目が肥えたのはいい経験だった。そんな感慨があって、半蔵門線で帰った。2019/07/08

【今日の本質的なこと2】

まぁ精力的に○○EXPOとかで、出展社の人に営業受けて、名刺を渡した交換したりして、後日セミナーとか、商品・サービスのメールが来るようになるのだけれど、大抵が東京の赤坂とか青山とか新宿とかなんだけど。銀座で思ったんだけど、「会社の全ての机の上にパソコンがある様な会社って今時東京の一等地にオフィス構える必要あるの?」と思うんだよな。IT時代にパソコンでインターネットに繋がっていると、地理的な距離の制約が無くなるから、今の東京の異常に情報だの金だの人だのの極端な集積の中で埋もれるより、埼玉・千葉・栃木・茨城・群馬に本社移転した方がいいんじゃないかと思う。群馬の高崎市なんか群馬メッセが出来たし、千葉の幕張なんか幕張メッセがあるし。高崎市に移転して、社員も全員群馬に引っ越せば、東京の2LDKのマンション買う金で、駐車場二台停められて広い庭の5LDKが建てられると思うのだけれど。子供の教育にもいいし、田畑と緑、そこそこの20世紀都市で働いて居た方が、仕事の発想が飛躍出来ると思うし、東京の視点だと東京しか見えないけど、ブルーオーシャンなんだから、群馬から長野や新潟まで広げて、考えられるんだから、その方が東京に埋もれるよりいいんじゃないかと思いますが。東京のIT会社の社長さん、ご一考を。2019/07/07

【今日の本質的なこと】

1月だったか、現場で前職は何を?と言う話しになった。「雑誌のデザインと春日部の印刷屋でチラシのデザイン・DTPです」って話した。そこでチラシ広告の本質をラーメン屋に例えた話しは、ひらめきで語った事だけれども、上手く言えたな、と思うので書くと、「チラシのデザインやりましたが、ラーメン屋が新規開業して、チラシを大量にばらまいても、美味いラーメンを作らないと、客は離れていきます。美味くないラーメン屋がチラシで宣伝することは逆に、まずいラーメン屋である事を広く知らしめる事になるので、逆効果です。ラーメン屋は美味いラーメンを作らなければならない。美味いラーメン屋は宣伝しなくても客が寄ってくる、そういうモノだと思います」という様な事を言ったと思う。春日部のラーメン屋でも、50年間宣伝を打たなくても、コンスタントに客が来て、潰れることが無いラーメン屋がある。逆に、から揚げで、日本最高賞を得て、コンビニの弁当にまでレシピが使われた中華料理屋があったけれども、その中華料理屋は綺麗に新築した店舗を手放す事になった。から揚げが良くても、他の料理があんまり魅力的ではなかったから。春日部の店舗の栄枯盛衰を見てると、本質的な事が良く解る、と言う事でした。2019/07/06

【私の創作論・芸術論・文章論・芥川賞などについての論考】

このサイト、もう未来と無限の可能性を持つ文芸部の高校生も見ているので、未来のある人に私の創作論や、芥川賞に関する、池袋の現場での会話に記憶から、述べる事にする。世の中には、匿名っぽい掲示板とか匿名掲示板とか正確に言うと無記名の掲示板というのが日本のネット上にはまだ存在しているんだけど、9年、そこで停滞して、観察して、考えたり、気づいたことを言おう。「他人に対する見栄とか他人に対する優越とか、内面は不安でいっぱいの自分をごまかす為に虚勢を張っていないで、誰か一人の為のメッセージとして、小説とか物語を書きなさい」という事かな。本当に一人の人の為だけに小説書いていいんです。一人に伝わるように書けば、それは、実は、万人のウチの一定層の評価を得るようになるからです。そして、創作を自分が楽しむ為に没頭すること。決して、「この小説を東京の出版社の賞に応募して受賞して、本になり、映画になり、芥川賞や直木賞などを受賞して、日本的著名人になろう」などと思って小説を書かない事です。まず、あなたが大切に思っている人に向けて、メッセージを込めて物語を紡ぎましょう。それだけでいいのです。それでメシが食えるかどうかは別の話しだし、そういう境地で仕事の合間にコツコツ自分の世界を形にし続けていけばそれでいいのです。東京のもうコンクリートくずと鉄くずとガラスくずになるような、建物に住んでいる、形骸化した、東京の編集者などの言う事など聞かなくていいのです。「売れる作家が欲しい」なんてほざいている編集者は、もう、単なる社畜のゴミ編集者です。捨てましょう。東京の出版村と出版産業は、単なる時代遅れの老人とその子分だけです。高学歴などに惑わされてはいけません。何も革新的な新しいモノは生み出せません。東京のあの建屋で仕事をしているウチは、そういう運命です、と7カ月間東京のあちこち行ってみて、悟った事です。他人に対する見栄で書いていると、そのウチ、「○○に応募したら、電話が掛かってきた、プロデビューも近い」などと、虚偽情報を流すような、子供部屋おじさんになります。一人出版社を構築している私には、それは、パッと見虚偽情報だと見抜きます。今時、IT時代にどこも出版社だって、相手が出るか都合が解らない固定電話などかける訳ないな、と思ってます。応募には、ほぼ全てメールアドレスの記載も求められると思います。固定電話はメールアドレスがもし間違っていて、メールが届かない場合の保険としての固定電話だと思います。今時芥川賞取って、著名な現代作家になるなんて、「三丁目の夕日かよ」というくらい、昭和30年代の、過去の夢物語に過ぎません。小説世界ってのは、そういう戦前のまだ出版が文化だった頃、田端文士村が、アメリカ軍の焼夷弾で焼け野原になるまでと、戦後の出版産業の隆盛のデッドリピートに過ぎません。過去の夢物語のコールバックで、21世紀の出版文化では無いのです。池袋の現場で、昼休み、自分は本業は出版業とかデザイン業とか、画家と小説家もやってます、と言う話しになって、「出版?お金になるの?芥川賞って儲かるんだろ?」と言う話しが出たので、私はこう言いました。「芥川賞?以前、『硫黄島』ってタイトルに惹かれてブックオフで100円で買いましたが、芥川賞受賞作品でした。著者は確か菊村到という人でしたが、30年後は誰も覚えていないです。2作目が続かなかったようですし、それっきりの人みたいですよ」と言いましたし、「確か芥川賞取れば、新聞は全て記事にするし、NHKもニュースで報道し、書籍は売れるし、評判次第では映画化されたりして、3億、5億って金を手にする事が出来るかもしれませんが、2作目が外れたりすると、それっきりですよ、芥川賞なんてそんなもんです」と言いました。この発言の記憶を元に考えると、「5億金を持ったとしても、毎年Ⅰ億浪費する癖がついて、金に使われる様になる人間になったら、5億なんてあっと言う間に無くなって、どこかのアナウンサーみたいに、月の借金返済に1200万とか、借金人生なるだろうなぁ」と思いました。志操の無い人間が大金を持つと、転がり落ちます。どこかのネット商売で100億ばらまくとか、月旅行をする、とかも、この範疇に入ります。成金の拝金主義ほど醜くて愚かなモノは無いように思う。この拝金主義者で埋め尽くされた日本において。「金、金」って言う様になった自分に気がついたら、それは心に贅肉がついているからです。心を磨きましょう。磨き方は、倹約することや、掃除をすること、身の回りのモノを片付けること、あるいは、一枚5円かかるカスミのレジ袋をマイバッグに変える事です。未来のある若い人に忠言するところです。2019/07/05

【私のバイク論】春日部にハーレーダビッドソンのディーラーが出来たよ

前はジーンズメイトでした。こうしてみると、「春日部には新しすぎないか?(^_^;」と思えるけどね。まぁバイク好きとしては、歓迎
ハーレーダビッドソンは基本大型免許なんで、私はもう年なんで、大型免許まで取る気力なし。普通二輪で十分っす。
普通二輪取ったら、YZF-R25はいきなり買えないから、SRX400の中古の安いヤツのつもりでいる。

今日、SRX600のプラモデルを探しに秘密の模型屋にスクーターで16号走ってたら、古利根川と国道16号が交わる角にハーレーダビッドソンのディーラーが出来てた。興味が出たら、即足を運ぶ事にしているから、迷う事無くスクーターを止めて、開店時間まで一服して入って、スタッフのお兄さんと話しをした。「俺、若く見えるけど、51歳だから大型二輪免許までは取る気力ないんだよね。それとハーレーはあんまり趣味じゃ無いんだ、ヤマハのSRX400で、次ぎYZF-R25を考えてる。これから普通二輪の免許、いつか取るよ」なんて話し。「51歳にはとても見えません、若いですねぇ」って言われて、「うん、デザインの仕事でスナックのママにも精神的には32歳で止まってるって言ったら、それで通る、うらやましい、なんて言われてる」と話して、「年を取らない秘訣?酒に溺れない事とか、むやみに女性と寝ないことかな。なんか男って老け顔に見られるのがステータスみたい集団にいたけど、自分へそ曲がりなんで、若いままで居よう、って24歳の時思って、それ以来、なるたけ年を取らない様にしているんだ」なんて話ししたな。人間、精神的にも体質的にも老化するのは、酒に耽溺することや、女性の体液を体内に取り込みすぎる事だと思う。女性ホルモンとか分泌液を体内に取り込むと、老化が加速するようだ。心を若く保ちたいなら、車は止めて、バイクに乗ることだと思う。車は殺人鬼0のプラモデルを探しに秘密の模型屋にスクーターで16号走ってたら、古利根川と国道16号が交わる角にハーレーダビッドソンのディーラーが出来てた。興味が出たら、即足を運ぶ事にしているから、迷う事無くスクーターを止めて、開店時間まで一服して入って、スタッフのお兄さんと話しをした。「俺、若く見えるけど、51歳だから大型二輪免許までは取る気力ないんだよね。それとハーレーはあんまり趣味じゃ無いんだ、ヤマハのSRX400で、次ぎYZF-R25を考えてる。これから普通二輪の免許、いつか取るよ」なんて話し。「51歳にはとても見えません、若いですねぇ」って言われて、「うん、デザインの仕事でスナックのママにも精神的には32歳で止まってるって言ったら、それで通る、うらやましい、なんて言われてる」と話して、「年を取らない秘訣?酒に溺れない事とか、むやみに女性と寝ないことかな。なんか男って老け顔に見られるのがステータスみたい集団にいたけど、自分へそ曲がりなんで、若いままで居よう、って24歳の時思って、それ以来、なるたけ年を取らない様にしているんだ」なんて話ししたな。人間、精神的にも体質的にも老化するのは、酒に耽溺することや、女性の体液を体内に取り込みすぎる事だと思う。女性ホルモンとか分泌液を体内に取り込むと、老化が加速するようだ。心を若く保ちたいなら、車は止めて、バイクに乗ることだと思う。車は殺人鬼の上級国民飯塚幸三の様に罪のない親子をひき殺しても、自分は生きている、とかになるけど、バイクはほぼ自爆で自分が死ぬだけの、そういう自分の命に対する修練にも似ているから。だからミンナバイクに乗ろう。

【今月のつぶやき】

建設現場に出入りするようになって7ヶ月経つのだけれど、ここらで、自分が7ヶ月、戦闘妖精雪風の様にひたすら無言で偵察してきて、その記憶と経験と体験から、ある程度の見識を得ることが出来たので、言う事にする。まず、あの完成していない建屋に入る、と言う事は、「建物とは完成しているもの、エレベーターは各階に止まるモノ、廊下には案内板が必ずついているモノ」という、普通の人の常識が崩壊したことだろうか。建設現場の仮設のエレベータなどは、1階から、大体ミンナが利用する何階かにしか止まらない。そこからは階段を使ったりする。色々な建物を見た。そこの中から外も見た。そこから考えた事は、「建物とは人を規定するものだ」と言う事。人間の精神は大体において住んでいる、あるいは仕事をしている建屋にその精神を規定されてしまうものだ、と思った。ヨーロッパの白人などは、古来洞窟に住んでいて、その延長で、何百年も建て替える事のない、石の建屋に住み続けている。だから、白人にとっては、「自然とは征服するモノ」という事になる。東洋人と日本人は、家を建てて、子供が生まれて、その子供が成人して所帯を持ち、木造の家を壊して、建て替えると言うサイクルになり、「人間と生命と自然は調和するモノ」という事になる。この7ヶ月、色々な東京の建屋に行ったけれども、自分には、窓が隣の古びたビルの壁しか見えない様な、マンションは、「え、ほんとにココに住むの?俺なら一ヶ月で、埼玉に戻る。南栗橋や春日部に一軒家を買うだろうな」と何度も思った。何度も言う。建物は人間の精神と行動を規定する。東京のマンションに住みたい人は、東京のマスコミが日本全国にまき散らす「トーキョー」のイメージを消費したくて、東京にいるのだろう、と思う。春日部で、人影まばらなゆとりのある、最高のファミレスでゆっくりランチを食べる。スタッフは全員日本人。ランチを食べながら、東京での外食の寒い思い出を咀嚼する。その記憶からすると、私は、よっぽど時間が間に合わない場合を除いて、東京では外食しないことにしている。渋谷に出ても、大宮に戻るまでは、我慢して埼玉で外食する。何度も言う。建物は人間を規定する。2月に、茨城県常総市でのソサエティ5.0の実装のシンポジウムに出席した。その帰りに閃いた、人間を極力規定しない21世紀の建築のコンセプトを考えてたので、それを発表することにする。

上記の様に、極力壁と窓を抑えて、外周はガラス張り、天井は今日本に存在するか解らないけど、日光がある一定の光量になると、サングラスのようにバリアブルに透明度が変わる新素材のガラス。と言う様なコンセプトワークをしてみた。東京の20世紀の延長でしかない、壁と窓の建屋とは違う。21世紀の建築は窓の向こうに田畑と森と動物が見え、天井を見上げれば、青い空と雲と太陽が見えるべきである。この方が、日本人本来の精神活動を開放するような緩やかな規定になると思う。このコンセプトは、春日部のこれから出会うクライアントに「業績好調なので新しい店舗を作りたいんだけど」と相談されたら、「こういう21世紀のコンセプトでデザインしませんか。私は設計は出来ませんが、コンセプトワークで設計に規定することは出来ますが」と言うつもりである。そんな事を考えて、頭をスッキリさせて、明日から、「赤いハイヒール」の小説世界の構築に休日は使って、令和小説大賞を目標に「独善的に」築40年の木造住宅の二室で、コツコツやるだけである。2019/07/03

【 2019年7月のオピニオン 】 鈴木貫太郎のご託宣を受けて、日本国初代大統領のつもりで書きます。韓国に対する日本の経済政策から始まって、朝鮮半島を通って、ユーラシアやアフリカ大陸まで新幹線を通そう、と言うビジョンを語る。

日本人と朝鮮人の戦前、昭和初期くらいの精神的歴史を漫画でわかりやすく

コンビニで日刊ゲンダイとか見ると、「韓国に経済戦争」だったか、韓国の南朝鮮人、そうだな、今後の私は北朝鮮を北朝鮮人、韓国人を南朝鮮人と呼称しよう。統一後の国名は朝鮮国な。では、意見を始めます。自分の手元には、大日本雄辯会講談社、今後、講談社も大日本雄辯会講談社にしようかな、の昭和50年代中盤まで発行していた、「のらくろ」の大日本雄辯会講談社版の復刻本全10巻があります。自分がのらくろを読み始めたって、近所にふじ書房という本屋があって、そこで購入した。私の母親は昭和5年生まれだったので、戦中派で、母親が小学生の時、のらくろや冒険ダン吉とか、蛸の八ちゃんとか、凸凹黒兵衛とか、タンクタンクローとか読んでた世代なので、ってこのタイトルこのサイトの読者は99.999999パーセントの人が知らないと思う。この辺の話しが合う東京のマスメディア人は多分、毒蝮三太夫さんくらいな者だろう。マムシさん、この記事読んでくれないかなぁ。それはさておき、最近の一連の南朝鮮に対する日本の態度ってのは、南朝鮮だけに対して、なんか毅然とした対応、とかそういう論調とかあるけど、それは、朝鮮半島に対する全面的なメッセージでは無いように思う。何故そう思うか、と言うと、戦前の日本人は、どんな日本人で、併合した朝鮮半島人に対して、どんな思いで、朝鮮半島に入植し、朝鮮半島から、シナ大陸まで鉄道を敷いて、勇躍満州まで進出していったのか、を端的にわかりやすく表現しているのが、のらくろの全十巻の最後の巻「のらくろ探検隊」である。その辺をうろうろしていた野良犬の野良犬黒吉が猛犬連隊に入隊して、数多くの武勲を上げて、除隊し、大陸に向かうのがのらくろ探検隊である。大日本雄辯会講談社に、掲載許可もらう電話するの面倒くさいので、満州事変の石原莞爾や、二・二六事件の北一輝の様に事後承諾で、あとで、言ってきたら、許可申請出すという事で、今はこのほとばしる脳みその文言とイメージを日本国民に発信することが火急の用事なり、なんでよろしく。のらくろの著作者の田河水疱氏という人は、徴兵されて、満州や朝鮮に行って帰って来た人である。サザエさんの長谷川町子の師匠である。だから、朝鮮半島や満州に実際行って見て、その体験からのらくろを書いている。のらくろ探検隊の基本テーマは五族協和である。和(日)・韓・満・蒙・漢(支)の五つの民族が、大陸で満州国で仲良く発展的未来を築こう、ロシアの南下に警戒しながら、と言う事を端的にしめしたのが、このページ。 和(日)・韓・満・蒙・漢(支)の五族が利益を創造しようと池に集まっていて、ロシアを模した欲張りなクマが池の魚を全部狙っている。日露戦争でロシアを撃退した日本ののらくろが、その権益を守るために番犬を務めている、と言う絵。わかりやすいだろ?金剛君は朝鮮生まれなんだ。この辺で、戦前の日本人が朝鮮人に対して、お人好しなほど、好意を持って、朝鮮を併合したのがわかるだろ?戦前の日本人って、今でいうなら、穏やかな家柄の家で育って、遊びに出かけるのって、秋葉原くらい。歌舞伎町なんか行ったことない、知らない、成績優秀、折り目の正しい、お人好しの優等生で概ね占められていた国だったと思われる。今の、アメリカや白人にやられている、団塊の世代とその子分とは全然人種が違うんだ。もう一枚は、のらくろの最終ページだけど、のらくろ探検隊は石炭の鉱脈を発見して、それを経済的に出遅れている他の民族に譲って、のらくろは金剛君と一緒にさらに大陸の奥に「興亜のため」に出発するんだ。

©田河水疱 出版権 大日本雄辯会講談社
「興亜の為に日本人と朝鮮人が手を取り合って、大陸開拓に乗り出していく図」

わかります?これ昭和14年の発行です。つまり昭和14年は日本人は概ね、朝鮮人と一緒に満州・大陸を開拓していこう、と言う、のほほんとした、友好関係にあったのだよ。

以上の様に、戦前はこういう日本人の目線だったわけ。昭和20年8月15日に、肉ばっかり食って身体のでかいだけの差別主義者のアメリカの白人に膝を折るまでは、朝鮮人には、「日本人は頼りになるしっかりしたお兄さん」だった。戦後、その「すいませんね、西洋の番長に膝を屈しちゃって、お詫びでお金ね」で韓国の当時の国家予算の2倍の金を渡して、漢江の奇跡なんて経済成長を演出したけど、その金って、本来は「朝鮮人に払った金」で「奴隷の様にこきつかった人も居るので、そのお詫び」という事で、朝鮮半島にたいしての金のつもりだったのでしょ。この当時は、朝鮮人は「中共シナがしっかりしたお兄さん」「いや、アメリカの白人がしっかりしたお兄さん」と朝鮮人は長い事冊封体制可にあったので、上に立つ国家が欲しい民族なのね。だから、そこを踏まえて、日本は、韓国に制裁するんではなく、「朝鮮半島を統一して、朝鮮国となり、しっかりしたお兄さんに頼らない、自立した大人の国を目指せ」と北朝鮮人と南朝鮮人に言うべきなんですね。どきつく言うなら、日本は「朝鮮国として統一しないと、韓国にある日本企業・日本資本・日本の金・日本の人材・日本の技術を一切引き上げる」くらいどきつく南朝鮮に言っていいと思うのね。北朝鮮人に対しては、「朝鮮国として統一しないと、アメリカとロシアの廃棄予定の核兵器全て、ⅠドルとⅠルーブルで引き取って、朝鮮半島で爆破処理するぞ」くらいにどきつく言って、やっと朝鮮人は「やばい」と思って朝鮮国を目指す様になると思うんだよね。なぜ朝鮮半島に、整った大人の国になって欲しいかと言うと、新幹線を対馬海峡にトンネル掘って、東京から、ユーラシア大陸通って、モスクワ・ロンドン・パリ・イスタンブール、アフリカ大陸を通って、喜望峰まで新幹線通したら、痛快でしょ。それぞれの駅を中心に、20世紀型の建築を日本の建築技術が主導して、アジア・アフリカの後進国の人達に、技術指導も兼ねて、仕事を作って行けば、俺が去年11月から関わった東京のゼネコンは全て、ウルトラスーパーデラックスゼネコンになって、今の企業規模から、100倍から、500倍の会社にならないと仕事が処理出来ない位仕事があると思うよ。金?金は「そんなにポジティブな設備投資なら、是非金を出させて下さい」って世界中から金が集まるよ。イメージ図はこんな感じ。私はこんな感じで世界地図が頭に浮かぶヤツです。今日書いた、話題は、後日それぞれネムログで、細かく「日本はこうしたらいい」で語っていくので今日はここまで。2019/07/03

対馬海峡にトンネルを掘って、民度の安定した「朝鮮国」を通って、ロンドン・モスクワ・パリ・ケープタウン、デリーなんて夢があるでしょ。

【今月のちょっとしたバイク旅行】茨城県坂東市・境町・千葉県野田市関宿町

昨日、今日と休みになったので、そろそろ「赤いハイヒール」に焦点を合わせて、あんまりデザイン系の雑事を整理して、小説とその内容を表す透明水彩にカレントを9月、令和小説大賞応募まで保持して、生きて行こうと思っていて、朝、昨日何年も掃除していなかった和机を水拭きして、綺麗にしてあるので、前から水張りしてあった水彩紙に「赤いハイヒール」と2枚の予定のタイトルを書いた。今日は昼まで雨が降らない様な予報だったので、道の駅ごかの食事コーナーで美味いものを食べようと思った。バイクに乗りながら、画像へのモチベーションを上げる予定だった。午前中は天気が割とよかったので、板東市の国王神社で、「赤いハイヒール」が上手く書けるように記念してから、境町に抜けて、五霞に行こうと思った。下総有料道路に差し掛かったとき「そうだ、鈴木貫太郎記念館ってあったな、途中寄ってみよう」と思って、國王神社で祈念し、一服して、国道345号線を圏央道に向かって走った。道の駅さかいは久しぶりだったけど、なんか地ビールみたいなの作ってるブリュワリーが出来てたり、超意外な、サンドイッチ屋が出来てたりと、しばらく目をやっていないと変貌が激しくて嬉しい。鈴木貫太郎記念館は関宿台町にある。道の駅さかいから、国道新4号を目指すと途中にある。今となっては、誰も知らない様な、昔の総理大臣の記念館である。自分が印刷屋に居るときに買ったNS1で道の駅さかいに行ったときから、看板だけは知っていた。「鈴木貫太郎?うーん確か昔の総理大臣では?」くらいの認識しか無かったけど、今回行って見ると、「日本をなんとか国体を維持して、終戦させた、終戦内閣の首相」という事だった。大坂で生まれ、江戸幕府の藩の関宿で育って、色々あって海軍兵学校を出て、司令官までやって、民間に戻って、二・二六事件で4発も銃弾打ち込まれてもなんとか生き延びて、昭和天皇に、日本の一番長い日のランディングを情報デザインした人なのである。玉音放送のSPレコードのコピーとかそういうのも展示されている。単に「鈴木貫太郎」だと、もう今の人は解らない。だから、このサイトでお知らせする次第。鈴木貫太郎の霊のご託宣か、道の駅ごかに行く時、秋葉原で啓示を受けた、「もし、私が日本の初代大統領になったら?」の妄想の詳細のリフレインが浮かぶ。しょうがないから、今日はこれを表現して、一日終わる。明日仕事があれば仕事。無かったら、今度こそ頭を空っぽか、無心になって「赤いハイヒール」のこのblueiris.jpのヘッダ画像を二枚作成したいと思う。2019/07/03

道の駅さかいにこういうブリュワリーが出来てるだよね。前に来たときは工事中で注目してた。どんな飲み物を作っているのかは不明。
道の駅さかいに出来てた、異常にオシャレなサンドイッチ屋さん。イートインも一杯ある。店舗デザインが、田舎らしくていいな、って思った。サンドイッチは高めの値段設定。今度は食べにこようかな。ココで食べて、354号線を水海道まで走ってみよう。
地味で目立たない、終戦内閣の首相の邸宅跡と記念館。この人が上手く情報デザインしなければ、米軍は鹿児島辺りから、激しい艦砲射撃の後、M4シャーマンなんかを上陸させたはずである。沖縄は捨て石にしたな、当時の日本陸軍はイキっちゃって、子供に地雷抱かせて戦車に突っ込ませる訓練させてたくらいだから、地獄絵図回避なんだから、宰相だよね。
ま、お約束なんで、館内の写真は撮れないんで、入ってみると、二・二六事件で、鈴木貫太郎氏の奥さんの詳細な証言の音声が聞けるビデオ見せて貰えます。入場無料です。
貰えるパンフレット。野田線の川間駅からバスか、東京スカイツリーラインの東武動物公園駅からバスで関宿台町です。昔の関所です。江戸川と利根川の分岐点にあります。雄大なパノラマが見られますよ。私はいつも原付バイクで行くんですけどね。
こう、日露戦争の日本海海戦と昭和天皇が大正天皇の摂政だった時期の視察の風景とか、リサーチを取った、日本の一番長い日の前日の大日本帝国最後の御前会議の様子が描かれたりしています。貴重な、「いいもん見せて貰えました(^O^)v」みたいな。
http://www.city.noda.chiba.jp/shisetsu/bunka/1001064.html

【今月のステートメント】小説発表プラットフォームをLINEノベルに移します

カクヨム見たいにテキストオンリーでは無く、画像も貼れると言うのがいいよね。小説家になろうも出来る様だけど、非常に狭い世界に見えるので、なろうは見向きもしてません。
LINEの読書アプリの方が、より多くの「読者」を獲得出来ると踏んだのです。

2019年7月になったので発表しますが、今までカクヨムで小説を発表していましたが、今後はLINEノベルで発表していくことにします。カクヨムは書き手ばかり集まって、読者が増えない様だからです。また、LINEノベルは小説を表す画像を作品に貼り付ける事が出来る様なので、イラストレーター・画家兼小説家の私には合うなぁと思うからです。カクヨムはそのまま捨てアカとして放置し、カクヨム上の作品は、一太郎の校正機能でもう一回、校正をかけてから順次、イラストを透明水彩で描いて、上げていきます。さようならカクヨム。こんにちはLINEノベル。と言う事でした。2019/07/02

【今月のファッション】空調服 ミドリ安全 WE27 COOLFAN

去年、初めて手配のメールを受け取ったとき、「空調服」と書いてある。「空調服って何ですか?」と会社に問い合わせた、謎のアイテムだった。その後、調べて見ると、要するに空気を送り込むファンのついた、作業用ブルゾンということなのだが、5月に会社からメールが来て、会社が購入の半分を負担してくれる、と言う事だし、なんか夏を越えられるアイテムという事で、「まぁ買っておこうか」という事で会社に発注した。で、先週宅急便で届いて、中を開けてみると、キットとブルゾン。ブルゾンのカラーはダークネイビーだったから、「やりい」と思った。ネットで購入すると、ブルゾンとファン・バッテリー等のセットで18000円から20000円するモノだけれど、会社が半分負担してくれるのと大量購入なので、7344円で済むのであった。昨日、朝礼で7月10日は33度越える予想、と言う情報を得たので、「そろそろ空調服の出番かなぁ」と思ったので、今日、箱から出してセットアップすることにした。キットの中を開けるとファン二個とバッテリーやACアダプタや配線ケーブルが入っている。説明書通りにブルゾンにファンをつけ、配線をし、家庭用コンセントに充電器を差しバッテリーを充電している。フル充電まで5時間だそうである。エアの強さは4段階に分かれ、3の急で約8時間持つそうである。ブルゾンを手に取って、質感が夏用の薄いサラサラしたものなので、これを来たまま通勤電車に乗れそうである。現場で着替える必要ないな、と思う。電車の中ではファンのスイッチは切るつもりだが、世の中の人々へのパフォーマンスとして、ファンを回したまま、電車に乗ったら面白いんじゃないかと思う。女子高生とか、「なに、あれ、おもしろーい」とか口々に言うようになったら面白い。まぁそんなことはないが、「あれ?あの人なんか変な服着てる」なんて思われるのも面白いと思う。夏の帰宅電車で、ブーンとファンが回るブルゾンを着る。想像すると面白いよね。(^_^)2019/07/02

ダークネイビーなんで、ブルーが基調の私にはぴったり。3Lで大体丁度いい。。2Lだと袖の長さが足りなかった。
キットを開けるとこんなもんが。なんかこれだけだとケッタイなモノに映るんだけど、現場行くと、ミンナ着てるんで違和感ないです。
これがファンを取り付けた概観。これで、身体を冷やしながら作業です。私は当分今の仕事無理して週5日出ないことにした。その方が身のためだと思う。

【今月のお宝発掘】月刊BART 3230 1999年2月号 付属CD-ROM

上記のCD-ROMを見てなんとも思わない人は若い人であろう。透明水彩を描くのに、まずは机周りの整理整頓から、と子供の頃からの本棚のゴミを取っていたら、もう20年前からそこに存在していた、このCD-ROMを発見した。広末涼子特集号だった。春日部駅東口の今はもう無い本屋で購入した記憶がある。恐る恐るWINDOWS10のBDドライブに入れ見る。エクスプローラーは認識し、ディレクトリが表示される。AOLのアプリケーションもインストール出来る様になっている。マルチタイトルのアプリケーションと思われるファイルをクリックすると、再生出来た。画面は640×400モードで、フルHDのモニタでは小さく見える。丁度MacintoshのPlusやカラークラシックでハイパーカードを見ている気がするようになる。タイトルをクリックすると、中には1999年当時の少女から大人になる前の広末涼子の初々しい姿があり、今でもキレイだなぁと思った。これで、何枚絵を描いたことか。でも、もう20年経っちゃうんだよな。AOLなんかもインストール出来るけど、もうAOLと言うネットワークは存在しない。Facebookが吸収してしまった。ここでAOLか2ちゃんねるかで、その後の天国と地獄の分かれ道だった。AOLを選ん人は天国モードでネットをやり、2ちゃんねるを選んだ人は、単なる不愉快と時間の無駄を何年も繰り返すことになる。AOLを選んでおいて良かった様に思う。あれで、ネットポジティブを学んだから。そんな感慨にふけられる、貴重な過去の記録だから、CDケースを買って、大事に棚にしまっておこうと思う。Windowsが再生しつづけられるまで。2019/07/02

【nemlog】
姉崎あきかさんの著作でネムログと言うコミュニティを知りまして、私は2月下旬にここに「日本はこうしたらいい」と言うテーマで、隔週ペースで記事を投稿することに決めました。nemと言う仮想通貨を気に入った記事には投げ銭出来るのが面白いです。noteよりもプラットフォームは新しいと思います。

nemlog(ネムログ)
https://nemlog.nem.social/

【カクヨム】
名刺渡して、「私の小説はカクヨムで90パーセント読めます」という事で、私のカクヨムのアドレスのトップディレクトリを紹介します。女子高生モノあり、女子大生+プラモモノあり、ヒューマンドラマあり、甘酸っぱい青春バイク恋愛ものありです。50歳で女子高生ものはもうあんまり書く気が起きませんが、「清和高校美術部物語」はなんとか6話完結に持っていって、電子書籍で出版したいモノです。と言うワケで、リンクです。↓

https://kakuyomu.jp/users/blueirisr8

「水海道、紙ヒコーキ飛んだ」
https://kakuyomu.jp/works/1177354054887664793
この作品の続きはもうプロットは出来ていて、第二部は「水海道、そして卒業、きっと言える」で、5月頃までには2万文字でカクヨムに上げたいです。全4部作です。期待して下さい。

茨城県常総市水海道の高校に通う、3年生の平光報子と三ノ輪和子。秋には進路が決まり、残りの高校生活を淡々と過ごしていた。いつものように鬼怒川の土手上で報子は油絵を、和子は声楽を楽しんでいた。そこへ見知らぬバイクの男がやってきて…。何の不安も無く、進路を進む二人と、早くに人生に擱坐した先輩との対話と心の旅立ちを描く、短篇小説です。作、中島英樹(ブルーアイリス)。

私とお会いして名刺交換された方へ、補足情報として、URL貼ります。
カクヨムの私のページ 中島英樹(ブルーアイリス)
https://kakuyomu.jp/users/blueirisr8

【ブループライド】

当社ブルーアイリスでは、「ブルー品質、ブループライド」として、その製品と創作物、仕事ぶりに自己存在を賭けて高品質を具現化して行きます。

【ブルーアイリス社歌及び、今の日本人全員に歌って欲しい歌】
二宮金次郎(尋常小学唱歌)

https://www.youtube.com/watch?v=3iJ92GsxWgk

【お友達リンク♪】

ノーリスク・ハイリターンの投資は読書 姉崎あきかさん
http://poonyoponyo.seesaa.net/
姉崎さんは同人誌「ニッケルイエロー」で結構、小説書いてくれた人です。プロの金融系ライターさんです。時間の使い方を変えて、なにかするそうです。ライトノベルでいいの教えて貰いました。買おうっと。

【ブルーアイリス無料配布コンテンツ】

●プラモのモモちゃん模型講座1話~25話PDF版 ダウンロード
http://blueiris.jp/download/momomokeidiary.pdf
2014年から描きためた、「プラモのモモちゃん模型日記」のモモちゃんプラモデル編の区切りとして、まとめて発行します。下手くそなマンガがだんだんこなれて創作されていくプロセスが見られます。私はプラモですは戦車と飛行機は卒業しました。バイクプラモか鉄道模型です、これからは。

Creation Value 2019 6月号

【今月のコンテンツ】電撃Gsマガジン、リニューアル

ドービニー展の帰りに東京モード学園の地下にある、ブックファーストで買いました。あの本屋でかすぎて、探すのに苦労した。

電撃Gsマガジンのリニューアル記念号である。いままでの、あの中途半端な判型に閉口してたが、今回からA4サイズになったので、スキャナに収まるので嬉しい。付録が千歌ちゃんのB5クリアファイルとポスターである。しかも、9号連続で、ラブライブ!サンシャイン!!のAquorsの全員を各号で特集を組むそうで、「こりゃ全巻買わなくてはいけないな、Aquorsで一通り揃えるか」と、来月号も楽しみである。来月号は梨子ちゃんである。曜ちゃんと花丸ちゃんが非常に楽しみである。ヨハネは、渋々である。私はμ’sとAquorsは、ダイアナロスとシュープリームスとバーブラ・ストライサンドとリンダ・ロンシュタットとキャンディーズと河合奈保子と同列で等価と考えて聞いている。μ’sの園田海未ちゃんのラブライブ!sorolibeのⅢとかⅠをスマホに入れて、通勤時に聞いている。μ’sでは園田海未ちゃんが、未だに忘れない。三森すずこはプロレスラーと結婚してしまって残念だが、園田海未ちゃんは永遠である。Aquorsは花丸ちゃんと曜ちゃんが好きである。でも、Aquorsの全曲集が出たらAquorsで買おうと思っている。次ぎは、虹ヶ咲学園スクールアイドル同好会が待っている。世界に出ている、日本のコンテンツである。世界でダイアナロスとシュープリームスの様に席巻する日が目の前に来ている。スゴイ事である。2019/06/28

【今月のART】ドービニー展・井上直久展

ドービニー展を観に行きました。渋谷の地下鉄の広告見なかったら忘れてたんですが、ドービニーを日本国内でまとまって見る事は、もう死ぬまでないかもしれないと思うほど、日本では、あんまり取り上げられない、バルビゾン派・サロンと印象派の架け橋となった、貴重な作家ですね。コローやモネとかセザンヌをサロンに入選させた人ですね。ゴッホは生きているウチに会えなかったけど、ドービニーの家を作品にしてましたね。2019/06/28

損保ジャパン日本興亜ビルの斜め向かいが東京モード学園と東京通信大学ですね。スクーリングには非常に通いやすい立地ですね。友達に勧めようと思います。
これに行きました。
ここから入りました。損保ジャパン日本興亜のビルに入るのはこれで最後ですね。
これは写真撮影コーナで撮りました。
損保ジャパン日本興亜のビルに行ったら、工事中なんで、何が出来るか、と言うと美術館が出来るんですね。ゼネコン三社のJVでしたね。躯体進攻レベル50パーセントくらいですね。90パーセント位になったら、この現場に手配されたらなぁと思いました。芸術家冥利に尽きるので。でも新宿駅西口だと通勤がかなり大変。
長野県なんでいけないですね。渋谷で見ました。

井上直久展を見て、発見したのは、井上さんはアクリル絵の具なんですね。空がキレイに描いてあるんだけど、ドービニーの空とどっちが私の空の感性に近いかというとドービニーの空でしたね。油絵の具とアクリル絵の具のマッス・質感の違いだと思います。油絵の具の方が、より重厚な印象を出すからですね。それと、女性スタッフと話したけれど、私は1994年頃に、東京ウォーカーのART情報で見て、渋谷だかのピンポイントギャラリーで井上直久さんの個展見に行って、言葉を交わした記憶がありますね。宮崎駿に取り上げられるまでは、知ってる人は知っている程度の画家だったような記憶ですね。展示で、それぞれに40万・150万と値段がついてましたが、私の絵画作品に対する志操とは違うな、と思いました。井上さんは20世紀のビジネスモデルの画家ですが、私は、油絵はコミュニケーションだと思うので、原画に重きを置かなくなったな。欲しい人にはタダで平気でくれてやりますね。原画をデジタル一眼レフで高解像度で撮影して、Instagramに最適化して、アップロードではい、おしまい、でもいいようになりました。私の原画を見て、油絵をよく知っている人は、私の事を「埼玉を代表する天才画家」とか、「あなたの作品はヤバイ、この世の物とは思えない」と5月に面と向かって言われて、「そ、そうですか」となんか実感がないんですけど、見る人が見るとそうなんだよね。世の中のアート見まくっているアートセラピストの人にも「こんな絵見たことがない」と、絵画シーンを飛躍的に変えてはいますよね。東京のマスコミは絶対取り上げないけどね。そんなことを考えて、渋谷から、湘南新宿ラインで大宮まで戻りました。2019/06/28

【今月の野の花】

新宿に向かう時、ふと目をやると、鮮やかな自分の脳内データベースに無い黄色のゆりというか、カサブランカっぽい花が咲いていたので、記録に残しました。この黄色を塗ったことはない。花に気づかされる、豊かな自然を意識して、駅に向かいました。
これも、思わず写真に撮ってしまいました。黄色が美しすぎる。
野に咲く~花の様に~雨に打たれて~♪2019/06/28

【8月の旅行の予定】秩父、三峯神社でオオカミに出会おう。秘境(^_^)

今日、NHKのニュースで、秩父の三峯神社で、参拝に際して、犬連れ禁止になったというニュースが流れてて、映像を見て「秘境の神社か、面白そうだ」と思いました。Googleマップで見ると、秩父の秩父鉄道の終着点三峰口から、かなりな距離のある山奥に見えます。三峯神社のサイトの地図だと、西武バスでわりかし近くに見えます。行って見ないとわかんないです。実は高校の美術部の合宿で、三峰口からバスで、さらに山奥の旅館に二泊三日したことがあります。副顧問の若い女性の先生の風呂上がりの色気に、ボウヤの中島英樹君はドキドキした記憶があります。この先生、土に根ざした人でしたね。マタタビの木である事が解って、実を取り、宿の近場の猫に与えてました。そこで、私は猫がマタタビに本当に弱いんだな、って発見しました。デロデロになるのね、猫ちゃん、マタタビの実をイジらせると。あれは面白かったなぁ、なんて記憶を取り戻しに、三峰口に、羽生から、つまり秩父鉄道の始発駅から終点まで乗ってさらに西武バスで秘境の神社を訪ねてみようと、思います。2019/06/26
http://www.mitsuminejinja.or.jp/index.htm

この地図で見ると近くに見えるけど、バスの片道運賃950円なんだよな、どんな秘境だよ、って感じ。

【今月の映画】コレット キネマ旬報シアター
http://www.kinenote.com/main/kinejun_theater/home/?fbclid=IwAR0hptNAih71sW5oCPMZvBTF8FpOOmSgyUxa7rdajow3FXtxsumSZX-eDWU

以前、取手からの帰りに、キネマ旬報シアターってどんな映画館?って疑問だったから、下見したとき、チラシで、「コレット」と言うチラシを見て、これだな、これを観ようと思ってた。今日が来るのが待ち遠しかったな。キネマ旬報シアターと言う存在を知ったのは、飯田橋のギンレイホールで二本立てを見た時、チラシを取得して知ったんだよな。「あのキネマ旬報が、映画館?しかも柏?やるな」と思いました。スクリーン1に入ってみると、フロアのセンターが通路になっているので、トイレがすぐ近くなる、美中年の私にはありがたいレイアウトでした。端っこに座れば、トイレに行きたくなったら、さっと通路に出られますからね。前の方のセンターで、堪能しました。肝心の映画は、ガブリエル・コレットという、田舎娘が14歳年上の、出版ゴロのダンナとパリに出て、ダンナのゴーストライターで、フランスの一世風靡になるのですが、やがて、ダンナに見切りをつけて、コレットという自立した女性作家になっていくまでを描いた、映画でした。テイストは、野田で観た「 グレース・オブ・モナコ 公妃の切り札」に似ています。フランスの農村から始まり、土に根ざした、才覚を秘めた女性が、ダンナに言われるがママに小説を書き、ダンナ名義でベストセラーを出し、となるのですが、途中、土に根ざした女性である描写がとても好きでした。また、LGBTについてもかなり描写があり、19世紀から20世紀に跨がった、フランスのあの時代の、若い女性に言葉を与えた、イノベーターであったのだ、と言う事です。物語の最後に、自分を隷属させていた、ダンナと決別して、自立した女性作家コレットの出発で終わります。1900年頃のフランス・パリのムーランルージュが出て来て、どう見ても、トゥールーズ・ロートレックのポスターではないか、と言う小道具が出ていましたが、この描写を観て、「コレットとロートレックの絡みあるのかなぁ?」と思いましたが、ありませんでした。また「ココ・シャネルや、オードリー・ヘップバーンは出てくるかなぁ、そこまでは尺が足りないか」と思ってたらホントにダンナとの決別までで終わりました。この映画とパンフで始めて、フランスの女性ベストセラー作家コレットを知りましたが、フランソワ・サガンとコレット、ちょっと系統だって読んでみたい欲求が生まれました。2019/06/26

コレットの情報が知りたかったので、パンフレット久しぶりに買いました。800円です。運び屋やグリーン・ブックも買っておけば良かったなぁと思いますが後の祭りでした。
この写真撮った時点でスマホのカメラのある面に保護フィルム貼ってあったのに、7ヶ月気がつかなかったので、次回スマホで写真を撮るときは、もっとキレイに撮れると思います。客層は年配の方多め。中の喫茶店は250円でドリンクバーです。3杯飲むと元が取れます。
このポスターを観て、「こういう映画でイラスト・コメントやってるマンガ家居たな、名前は、そうだ水玉蛍之丞氏だ、埼玉の人で、故人になったよな」と思ったので、この記事に後で追加で、水玉氏に対するオマージュで、イラスト・コメントのスクエアな一枚マンガ描いて、この記事に追加します。お楽しみに。
次回観る予定なのが、この映画。なんか面白そうなので。ドイツ映画らしいけどね。その前にガールズ&パンツァー観ると思う。あれを見ないと、「星野女子大学模型部ですっ!」の表紙イラストが描けないから。無理矢理プラモオタクに引き戻る事になります。しょうがない。

【今月の買い物と買い物の予定】柏の高島屋は、わざわざ混んでいる東京に行く必要がなくなる世界

今日は映画の「コレット」を観に行くんで、柏のキネマ旬報シアターに行って参りました。先日取手から帰る時、東急ハンズに寄ったら、是非欲しいと言う、名刺ホルダーとポストカードホルダーを見つけて居たので、今日買いました。また、無印良品のスリッパのネイビーも欲しかったので、合わせて購入しました。

池袋パルコ6階にあるils(イル)と同じ店が柏の高島屋にはあります。池袋で、「これはどうしても欲しいな」と思う財布がこの店であったので、柏に確認に寄りました。自分の望みのファスナー付きの製品は店頭には置いてなかったのですけれど、秋くらいになったら、買えると思うので、この柏店で取り寄せてもらって、柏で購入したいと思います。池袋にわざわざ行く必要ないなって思って。
この藍染めの軽い染め方の青が気に入ったので、買います。これはファスナータイプでは無いのですが、これは1万4千円です。私が欲しいのは1万5千円です。財布に気を使うと、お金の使い方が上手になるような、そんな経験で言いますわ。
無印良品のルームサンダルネイビーLです。柔らかくて履き心地がいいです。他にも、布団シーツとか枕とか枕カバーを秋に買います。その前に毎日寝ている布団の打ち直しが待っています。
東急ハンズで購入した、名刺ホルダーとポストカードホルダー。これで名刺交換が楽しくなるし、ポストカードホルダーは、展覧会で購入した絵はがきのコレクションを入れていきます。

今回、柏に買い物に行って、「ああ、もう東京の時代じゃないんだな。東武アーバンパークラインで、流山おおたかの森でつくばエクスプレスと関東鉄道、柏まで行って、柏と常磐線で水戸まで望めば、大体ブルーオーシャンだ」と言う印象です。東京で見て来て、柏で購入、とか消費の動向が脱東京に向かう事になり、それはそれでいいやと思います。東京は、マスコミの情報を消費したい田舎のセンスの無い人達の集まるところ、と言う考え方になっています。2019/06/26

【今月の良質コンテンツと西洋科学と東洋思想】

以前、つくばEXPOセンターで、この動画を見たとき、最後に、なるほど、科学のアプローチはここまで把握したのか。でも、仏陀は法華経で2600年も前に、「仏の成就(じょうじゅ)せる所は、第一の希有(けう)なる難解(なんげ)の法にして、唯(ただ)、仏と仏のみ、乃(すなわ)ち能(よ)く諸法の実相を究(きわ)め尽くせばなり。謂(い)う所は、諸法の是の如き相と、是の如き性、是の如き体、是の如き力、是の如き作、是の如き因、是の如き縁、是の如き果、是の如き報、是の如き本末究竟等なり」と言ってるんですな。これ本末究竟等つーのは、大宇宙の構造も、海に住んでるオウムガイも、同じ様相で、大宇宙から微細に至るまで一定の真理があるんですよーと言っているのです。西洋科学だと、東洋の英知の直感=インスピレーションに2600年かけて追いついた、と言う事になります。「宇宙のオウムガイ」
http://www.expocenter.or.jp/?page_id=37055

【また声明】トランプがまた脅しの情報戦を仕掛けてきたけど、日本人は泰然自若と、Japanクオリティーで、高品質で精緻な製品とサービス、生産を行っていくだけで、アメリカにも中国にも勝てる理論を振りかざします。

あー、本当はライツ社のnoteに出版に関するテキストを寄稿しようと考えてたけど、Yahooニュースで、政府、「安保破棄」打ち消し=日米同盟への打撃懸念 https://news.yahoo.co.jp/pickup/6327993 なんてニュース見かけて、Yahooのコメント欄に書いたけど、アメリカの洗脳で不安に思う人の言葉で結構埋まるので、blueiris.jpに書く次第。アメリカの人も見てるしな。Yahooでコメントしたのはこんな感じ。
「 安保破棄ならいいことだよ。日米軍事協定から離脱して、日本は世界のアメリカと中国をよく思っていない、全ての全世界の国と協定を結ぶのがいいよ。「アメリカでも中国でも、これ以上他国を侵略するなら、アメリカ製品も中国製品も一切買わない、金をアメリカと中国に流さない」という協定を結べばいい。そうすれば、中禍も白禍も収まるだろう。日本は、サムライのたしなみとして刀の手入れをする意味で自衛隊から国防軍にすればいい。志操の低い米兵のいる米軍基地など無くせばいいよ。ロシアと北方領土交渉もやりやすくなるしな。 」
前も書いたけど、トランプも習近平も、追い落とされる、クビになるのが恐い、身体がでかいだけの、頭の悪い間違った為政者なのは、全世界中の人が知っている事だけれど、今回は日本のイラン訪問と、アメリカの自作自演のタンカー攻撃で、世界の論調がアメリカに同調しないのは、イラク戦争でアメリカの手口をミンナ知っているからだよね。日本は小泉前総理が、子ブッシュに引っ張られて、後方支援やったようだけど、アメリカ大使館とか赤坂じゃ、イラク戦争に反対する若者が結構居たのを覚えている。スーツの公安が押さえに掛かってたけどさ。さて2019年だけど、日本はJapanクオリティーに黄色信号が灯っている業界もなきにしもあらずだけど、日本は高品質で世界のどこの国も真似出来ない様な、製品・サービス・農産物を生産していくだけでいいよ。アメリカの情報戦にも、中国の威圧も気にしなくて、ひたすら高品質を心がけて、生産すればいい。世界中が日本の製品は世界になくてはならない物、日本は、全世界の為政の手本になればいい。東京の超高密度のインフラに、惹かれてくるガイジンさんも多いけど、基本そういう事から、全世界において、日本の安全保障は成される。アメリカも中国も世界で、自国のエゴを出そうものなら、世界中の市場を失い、どちらの国のGDPは10位以下に落っこちる様に、仕掛ければ、それで中禍にも白禍も撃退出来る。肝心なのは、日本人は二宮尊徳を手本とし、「積小為大」で小さな仕事を高品質を心がけて、努めて仕事をすること。貰った給料は、「このお金、本当に有効に使うにはどうしたらいいかな?」と真剣に考えて、消費すること。それだけで、中国やアメリカの抑圧から解放されて、真の自由で安心な日本国で働ける事になるだろう。それ以上は、ネムログで追々語るつもりだけど、ホント、やってくれ、と言うなら、日本国初代大統領を6ヶ月務めてもいいと思っている。2019/06/25

【このblueiris.jpは知っているけれど、blueirisr8のインスタグラムを知らない人に紹介します】

https://www.instagram.com/blueirisr8/

なんですが、今日、高校生の頃から家に残っていた、旧作品で主に油彩の作品をインスタグラムの正方形に適正化して、全部上げてみました。高校生の頃の絵はまだ顧問の先生の顔色伺って描いていたような、アカデミズムとセザンヌの構図、油絵のマチエールの狭間で揺れている、そんな高校生でしたね。高校の先生の呪縛が薄れ、「ああ、自分が描きたい様に描いていいんだ」で、よく描けたのはグレース・ケリーと広末涼子のF8号でしたね。その後、生活が不安定で、先が安心して見通せない、そんな生き方になったから、デッサン修練も、連綿とした画力の維持や向上には時間は取れなかった。振り返ると「グネグネだね(^_^;」て作品も敢えて、Instagramに全て晒して、時系列的に見てもらって、良かった頃、ダメだった頃、回復の兆し、なんかも含めてblueirisr8の絵画の過去と現在を楽しんで下さい。そして未来に向かって描いて行きます。2019/06/

【このサイトの近況】2019/06/24のインプレッション

このサイトはGMOのアクセス解析とGoogleアナリティクスを両方使ってたりする。以前、このサイトのアクセスログを公開したら、恥ずかしがり屋さんは海外のプロキシサーバー経由でこのページを見るようになった。プロキシが多いんだけど、やたらGoogleのプロキシがひっきりなしに、アクセスしてきている。やっぱスマホでGooglediscoverとかで月間3GBも転送させていると、引っかかってくるのだろうか。スマホのGoogleはなんかスゴイので、普通の検索はもう時代遅れに感じて居る。Googleアナリティクスでオーディエンスの地域を見ると、日本は当たり前なのだが、アメリカのワシントン州・ニュージャージー州・ペンシルベニア州・テキサス州などからアクセスがある。これはプロキシとか踏み台では無いように思う。他にも、フランス・アラブ首長国連邦・ドイツ・イギリス・ルクセンブルク・オランダとボチボチと世界からのアクセスがある。これ全部プロキシではないように思う。そんな暇な恥ずかしがり屋さんは多分二人くらいだ。日本の論外の人達である。日本の東京・埼玉・千葉・茨城・栃木でしか名刺配っていないけど、もう世界に行っている。昔ならbluewindr6@aol.comと言う、世界に通貫した名前でやっていたけれども、今はblueirisr8である。まぁアメリカのテレビの女性のニュースキャスターにツィッターで話しかけたら、「blueirisr8!」と驚かれたから、アメリカのメディアの表に出ない情報としてblueirisr8は通じているようだったが。これから先どうなるかわかんないけど、自分の道を日本で歩むだけです。2019/06/24

【今月のBlueirisのお勧め画材】ホルベインアクアオイルカラーDUO

https://holbein-shop.com/?mode=grp&gid=1792410
高校生の頃から、油絵の具はホルベインだった。ちょっとクサカベも混ぜたけれどもトータルのブランド感でホルベインを使っている。世界堂に行くとウィンザーニュートンとかマイメリとか、ヨーロッパの油絵の具が売っているけど、この辺になると、お金持ちのニッチな趣味という感じで、春日部や茨城県の高校生は手に取らなくていいだろう。世界堂で前々から目にとまってて、去年思い切って今までの石油類でしか洗えない、本来の油絵の具は全て姪っ子にくれてやって、自分はアクアオイルカラーDUOに切り換えた。水で伸ばせて、水で洗える。でも油絵の具で、乾燥すると油絵の具のマチエールとして固着する。水で水彩の様におつゆがきとかも出来るから、私の最近の傾向の油彩と透明水彩を同時に考えて居る様なのには丁度いいように思っている。でもまだ描いてないんだよね。19日に世界堂新宿本店3Fでチューブを三つ買って、チタニウムホワイト50mlで、手持ちの古いキャンバスを白く塗りつぶして、そこでまた描き始めたいと思っている。でも、直近では予定がない。描くとしたら10月くらいから。その頃には落ち着いているといいんだけど。2019/06/24

なんか、スマホのレンズ曇っているのかな。雨だからかな。クリアな写真じゃなくてすいません。イエローグリーンとラベンダー、いい色でしょ。創作意欲がでますなぁ。

【2019年6月19日の渋谷の東急Bunkamuraの印象派への旅と付帯情報】

えっと、記憶を分離してカテゴリ分けてもいいんですが、一連の進攻の記憶の整理と言う事で流れで表現してみます。2019/06/24

行きました。まぁあんまり目玉はなかったけど、あんまり有名じゃない印象派作品が多かった。
展示で、写真に撮って良いと言う部屋があったので、と言う事はSNSで発信していい、と言う事はホームページに載せてもいいのかな、と言う事で、こういうの心を静めて見ると、風景のリアルを全身で、理解する、と言う体験が印象派。ロジックではないです。
これ見に行きます。滅多に見られないはずなので、見て図録を買います。貴重です。
ミュシャはもう図録持ってるくらい研究したけど、これは、ミュシャに影響を受けた日本のマンガ家やイラストレーターの作品も展示するというので、切り口は新しいかもと思います。
井上直久さんの個展、昔見たのは、1994年頃かな。飯田橋の編集プロダクションにお邪魔してたとき、行った。画集も一冊持ってる。宮崎アニメの影響で知っていたのかな。行って見ようと思う。
これも、渋谷に立ち寄れる機会が会期中にあったら行こうかな。まだわかんないけど。

【2019年6月19日のお台場・汐留・新橋とお勧めITサービス情報】

えっと、記憶を分離して、地域情報と販促EXPOで得た情報を分けてもいいんですが、今回は一連の進攻の記憶として、流れで表現してみます。2019/06/24

汐留のJRAの汐留場外馬券売り場。WINS汐留ですな。自分が滅多にやらないけど、場外馬券を買いに来るならココしかないけど、もう家のパソコンで投票出来る様になってるんで、場外馬券自体意味ないんですけどね。
昔、この街見たときは、「おしゃれー」と思ったけど、建物だけイタリア街で、本場のナポリピッツァやパスタが食べられるわけではないのでご注意をな、新橋イタリア街です。
東京ビッグサイトでとんこつラーメン屋が入っていたので、新橋でとんこつラーメンを食べようと、Googleマップで、見つけた新橋烏森口パチンコ屋の脇の通りの名前は、新橋西口通りか烏森通りと言ったかな。このお店のアニキ達は威勢が良く元気だった。日によってライス無料。ラーメンは美味しかったよ。でも豚骨ラーメンってあんまり食べない埼玉人なの。醤油ラーメンか味噌ラーメンがメインな人です。
SL広場。思い出はある。喫煙所もある。親父の町、そんな私も美中年。
販促EXPOで、これは自分は使いたいか、クライアントでも全国レベルに打って出たい企業には勧めるかな。まだそこまで行ってないけど、いつかはこのサービスでWEB構築をやるかもしれません。
https://ec-concier.com/
チャットボットの開発に手を染めようとしているけれど、開発がスケジュール的に間に合わないようなら、お金を払ってこのサービスを使おうかなとかちょっと考えてます。
https://chatplus.jp/

【私の情報整理術・紙のチラシやリーフレット編】

昨日はお台場の販促EXPOに行ってきた。畑違いとは思わなかったのは、販売促進のソリューションが必要なBlueirisのクライアントが増えてきたから。情報として、収集しておいて、1ヶ月以内に有効なモノや、数年先のBlueirisの成長の過程で、連動するような情報・企業とそれのサービス商品の情報である。去年あたりから、さまざまなチラシやリーフレットで、気になる物を取得して保存していた。しばらく紙の束と化してしたのだけれど、機運があって整理統合して本棚にしまうようになった。おかげで頭が整理され、クライアントに対して適切なソリューションや、実験的・冒険的な答えを提示することも出来る様になった。可能性の幅が広がった。今日も色々打ち合わせで忙しく、昨日のお台場・汐留・新橋・渋谷・新宿の情報は、今日は記事にしないで、メシ食って寝る。と言うワケで、そのプロセスを写真二枚で理解して下さい。

ざーっと、このように並べて収集したチラシ・パンフなんかを見ながら、企業と人とサービスを頭に入れます。
で、短期的に有効なモノと、長期的な視野の元で有用なモノをクリアファイルに入れます。どう見ても、Blueirisでは必要にならなそうなのは、古新聞に混ぜます。

と、言う様に整理します。WEB検索では、絶対取得出来ない、貴重な情報源です。なぜWEB検索では、取得できないか、と言うと、全く知らない商品は検索のしようが無いからです。だから、検索もTPOを考えて検索するようになりました。また、重要な情報は、こういう風に紙のパンフレットで得られる場合もあります。情報取得のストラテジに幅が広がったのです。こうやって整理すると、脳みそも整理され、的確な記憶が引き出せ、的を射たソリューションの提案が出来るようになります。解りましたか?2019/06/20

【昨日のモノローグの反応と、それに対する雑感】

今日はお台場に販促EXPOつーのに行ってきた。春日部で色々な商店・小規模事業をボチボチ相手にしているから、それらのデマンドやニーズに最適なソリューションをもたらす為に、範囲外と思わないで、全て学びや情報収集として行ってきた。お台場の次は、汐留で降りてイタリア街も14年ぶり、JRAの汐留場外も6年ぶりくらい。三井ガーデンホテル汐留イタリア街を見学して、なんつったっけ、あの通り?の豚骨ラーメン屋で威勢のいい兄ちゃんに接客されて豚骨ラーメンを食べて、銀座線で渋谷へ出て、東急Bunkamuraに「印象派への旅」展を見に行って、東急Bunkamuraで最初に映画見たのって、1992年くらいの話しじゃ無かったかな。直近で軽く5年以上来た事無いよなぁ、ともう所在地も忘れるほど渋谷は来ていない。展覧会で、印象派という事で図録を久しぶりに買った。セザンヌの風景は原画を見ると、フランスの山々が脳裏に浮かぶのである。これが印象派の絵画なんだな、と思う。見終わって、副都心線で新宿三丁目へ向かう。世界堂で、水に溶ける油絵の具のホルベインのアクアオイルカラーデュオのホワイトを買いに行くためだ。チタニウムホワイト50mlとラベンダーとイエローグリーンで1350円で済んだ。今のスケジュールだと、油絵の具でキャンバスに絵を描く作業のスケジュールは10月以降だけれど、それでも夢を持ちたいから、購入した。チタニウムホワイトは手持ちのキャンバスを白く塗りつぶし、新しく書き直す為だ。で、副都心線から半蔵門線でぼーっとスマホ見たり、収集したパンフや、情報、名刺は今回はあんまり交換することは無かったけど、それでも貴重な出会いはあった。曳舟を過ぎて、昨日のモノローグの反応を見に、例の5ちゃんねるのスレッドに行くと、もう「中島、中島、中島」と、5ちゃんねるで未だに言っているのがやたらいるか、数人で多数を自演して、演出しているのかもしれないけれど、平日の昼間にパソコンでインターネットに接続し、つくね丼のある焼き鳥屋すら存在しない、地方の山奥からの接続で、「中島、中島、中島」と、いつもの調子の5ちゃんねるバカが揃っている。平日の昼間から、パソコンで繋がるって、どんな生活をしているのか想像する。きっと川崎の犯人みたいな連中ばかりなんだろう、と思う。全部眺めてみて、全て「的が外れている」と思って気にしていない。全て外れているからである。また、自分はシベリア超速報板でIPアドレスを明記して、記名で言っているので、発言の流れの記憶が残っているので、それを基本とすると、全て取り違いばかりである。5ちゃんねるの名無しは、匿名っぽい事に隠れて発言責任も持たないし、発言のレスの流れを記憶出来ない5ちゃんねるバカだから、言葉記憶が分断して、細切れだから、一連の流れを小説を読むように記憶している自分からすると、「ああ、だめだなコイツラ、こんな情報がスッカスカのサイト、いつまでやってるんだろうな、ああ、他を知らないからしょうがないのか、哀れな連中だ」と思った。その中で、一つ気になった言葉があったので、それに関して言うと、「中島は、親の資産の家を相続したけれども、親は現金を残さなかったから、起業できなかった」と、訳知り顔で言う言葉があったのだけれど、それに関しての記憶と流れを言うと、母親が容態がおかしくなって入院して、一旦収まったけど、デイケアの施設に移って、急転直下肺炎になり、そのまま、松伏町の病院で未明に逝った時点で、私は千葉の倉庫に派遣で入る事になっていのが、パーになったんだよな。葬式だなんだで、仕事どころじゃ無かった。母親の死亡保険金がわずかに入り、一通り終わった時にどういうわけだか、年末に登録してた秋葉原の派遣会社から、大日本印刷系の、最初の電話ではわかんなかったけど、制服のサイズ聞いてきたのと、赤羽と言う事で、なんだ?DNP系か?と思ったら、ホントにそうだったんだけど、赤羽で青い制服着て、国の省庁の書類審査の仕事をすることになった。国+DNPと言う組み合わせで仕事になるとは思わなかったけど、俺にはあんまり向かない仕事で、社内審査に通らず一ヶ月で終了で、母親の保険金があったから、小説書いて、柏の倉庫、荒川区の公的機関で事務的軽作業、錦糸町で国税庁の下請けのコールセンターとやって、デスクワークをやるのは拷問に近いと悟ったので、そこでお金が無くなった。そこで事業だ、起業だ、考えるのは無理だし、そこで思ったのは、「掃除の仕事やったら、運があがるんじゃないかな」と思って、夏に東京で収集してた、建設現場のクリーニング工・養生工の日給1万2千円の会社を検討していた。そこにしようか考えて居て、「印象、トーキョーサクラトラム」の取材に、三ノ輪に出発するとき、一ノ割駅でなんとなく勘でジョブアイデムの東京版を取得して、パッと日払いのページ見たら、今の会社の広告が豊富な情報量で大きく載っていたのと、何より、写真で女性が二人写っていたのが、決定打で、「ああ、女性も出来る建設現場の清掃の仕事で、日当1万1千円、これだ」と思って、電話をかけた次第。清掃って科学的に証明とか出来ないけど、掃除をすると確かに運が向上するのである。20代に体験的に理解している事だ。それで日当1万1千円で、出勤スケジュールが週二日以上で自由に決められる、個人事業をやるにはぴったりだ、と思った。面接に行けば、登録書にはキチンと精神福祉手帳何級って申告欄があり、就労前に、会社で用意した病院で健康診断もある。つまり、日当1万1千円で障害者雇用に成功したのである。この仕事は、職安でいくら検索しても出てこない。母親のご神託とした思えない出会いであった。また、5ちゃんねるでドカタ、ドカタと建設現場作業員を下に見るような発言があったけれど、私が7ヶ月、さまざまな建設現場に手配されたけれども、建設現場の作業員の人達は穏やかで、身体を徹底的に動かす人もいるし、基本モクモクと手を動かす、身体を動かす、鳶さんなんか命がけ、と言う仕事の人は魂とか御霊とかソウルが崇高な印象を受ける。邪悪な人ってのは居ない。自衛隊員と同じ、高レベルの人達が多い。そんな事も解らないで、本宮ひろしの「サラリーマン金太郎」みたいな世界と思われても困る。本宮ひろしは、建設現場の誤解を世の中に与えすぎ。東京のゼネコンの一次受けにあんな建設作業員はいません。本宮ひろしは「硬派銀次郎」と「俺の空」は好きで、所有しているけれど、「サラリーマン金太郎」は、建設現場の誤解を助長するから、読まないほうがいいですと、日本全国中にいいたい。東京のゼネコンの現場はあんな荒っぽい男達は99.99999パーセントくらい居ない。本宮ひろしも5ちゃんねるバカも、俺の言う事が信じられないなら、一遍、クリーニング工・養生工をやって、俺みたいに7ヶ月で30数カ所の現場に行って、働いてみろってんだ。俺って人気者らしく、2月に日本橋の室町の現場に1ヶ月居たときは、あの現場は、東京の建設現場でも、重点的にエリートを集めた職場だったようで、まさかあのバイクメーカーのロゴの入ったツナギ着たエンジニアの人の背中見ながら昼メシを食うなんて、人生で予想なんか付かなかった意外性みたいなのもあって、すごく楽しめる仕事だ。ホント、5ちゃんねるバカは、家でパソコンでぷぅーん・カタカタってパソコンに向かって居ないで、実際に飛び込んでみるべきである。体験してみることだし、知らない場所なら電車に乗って歩いて見るべきである。話しがそれたが、月16万から20万円もらって、個人事業の予定があるときは、スケジュール管理して、休みたい時休めて、とようやく事業の継続的な実践が出来る様になったのが2月頃から。事業計画というか、草案をまとめたのがゴールデンウィーク。今、その草案を文部科学大臣にまで送り、今日の聖教新聞を見たら、NECネッツエスアイの広告が出てたから、天皇家の暗黙の認知を電通が知らせた、と言う事。この事業は、当分、荒れ地とか何も無い草原を耕して、タネを撒くことから。花の種もあれば、小麦が実る種、アイリスの球根なんかもある。色々な人に言うことにしたけど、「庭に花の種や球根を植える事に金銭的価値を気にして撒きますか?春に花が咲くのを楽しみに種を蒔くのでしょう、私はそれをやってます」という事。収穫は、何年先でもいいし、耕す畑は広大なんで、収穫になったら、そこで、ようやくマネタイズという考えです。起業て単語で、何?金1000万円用意して、株式会社になりました。でも何をやっていいのか解りません、とかって起業じゃ、2年ですっからからんだと思うし、今時1999年のWEBインターフェースで何かわかった事言われてもね、と一行で、「黙ってろ」と言うしか無い。そういう浅薄な1999年のMSDOSな人達の言葉の出力をたまに眺めます。でもWindows10使っているので、DOSプロンプトにコマンド打ち込む事は無いです。と言う事でまだ書いてもいいけど、疲れたので、5ちゃんねるに言及するとbllueiris.jpが汚れる感じがしますが、世の中の為を思って言葉にしました。では、今日得た情報で記事を更新しましょう。2019/06/19

【世の中の為になるかどうかわかんないモノローグ】

なんか立て続けに引きこもりでドラクエ10で、事件が3つくらい連続で起きているのだけれど、記事を見て、世の中が少しはマシになるように、自分のゲーム人生を語ってみようか、と仕事から帰ってNHKのニュース見てて思った。思い切り長く蛇足も含めて語りたいけど、今回はゲームにまつわる私の人生、と言う事でお送りします。「え、あの中島さんも引きこもりで朝から晩までゲームやってた時期があったんですか?マジ?」って、ええ3ヶ月くらい、引きこもりながらメガドライブでファンタシスターⅢとかやって、全ストーリーのエンディングVHSで録画して、ゲームオタクココにあり、と言う、今振り返ると情けない境遇に陥った事があるのです。ゲームに関する歴史はもうインベーダーゲームブームで、近所のホビーアカオというプラモデル屋にタイトーではないインベーダーや、ナムコでないギャラクシアンが並んでいて、クレイジークライマーとかやってました。街のそこかしこにある。テレビゲーム台は大体制覇してました。中学生の時、外崎っていうのと一緒にコナミのタイムパイロットやってて、「俺はニュータイプなんだ」「なにおー俺だってニュータイプだ」なんて会話してました。中学三年の時、姉がファミコンでは無く、セガマークⅢを買ってくれたので、家で青春スキャンダルとかやってました。高校生の頃はゲーム熱は薄れ、それでも一ノ割のタリヤ靴店っていう潰れた靴屋の店舗のゲームセンターで15分50円のファミコン内蔵のドラゴンクエスト1をやって衝撃を受けました。高校生の時ファミコン買って、ドラクエ・ドラクエ2・ドラクエ3とやり、東京芸大現役で落ちて、高校卒業して宅浪しながら、早稲田大学第二文学部と明治大学第二文学部目指して勉強している間も息抜きはゲーム。メガドライブやスーパーファミコン、MSX2が私の友達でした。ポピュラス1000面クリアして、「God of God」とゲームカセットに評価されたりしてました。そんで、早稲田と明治落ちて、滑り止めの明海大学第二外国語学部には受かりましたが、夜学で、校舎が浦安なんで、とてもバイトしながら通えないと思ったので、大学はあきらめました。で、全く何をやっていいか良く解らず、引きこもりになりました。振り返ると、中島家は全員引きこもってました。父親は身体が悪いと言って船を下りて、母親も働かず家に居て。、弟も一ノ割駅前の立ち食い蕎麦屋やめて、4人とも全員家に居る、と言う家になり、自分もテレビゲームやって、金が無くなれば短期バイトの繰り返し、とかで、前述のファンタシスターⅢやMSX2のイシターの復活・Y’S・Y’sⅡとか。秋葉原のゲームセンター、ゲームインファンファンでゲーセンの店員やりながら、アーケードゲームの基盤とか、秋葉原のパソコン・パソコンゲームなんかの情報を取得してましたね。ドラクエに関しては、高校生の時読んでた、LOGINと言う雑誌に、パソコン通信で参加者が一緒にプレイするパソコン通信版のドラゴンクエストの計画に胸を躍らせてましたが、いつのまにか立ち消えで、ドラクエ10でようやくネットワークRPGになった。最初の計画から何年経つんでしょうね。22歳まで、女性に縁が無くひたすらゲーム脳でしたが、デザイン事務所で、異性に目覚めて、会社の同僚に「あの、女の人好きになって話してる方がゲームより面白いね」と言うと同僚のデザイナーは拍手して「スゴイ進歩だ」と、真顔でそういう会話がありました。汗。と言うワケで、私は22歳で、恋愛に目覚めたのでした。恋愛に目覚めるとゲームの娯楽は、面白くない、と言う、そういうコペルニクス的転回がありましが、今度は、恋愛の連続で、ほぼノイローゼとストレスから来る統合失調症の症状が出たので煩わしい人間関係から身を引いて、また0地点に戻る事にしました。東京のデザインのからくりに気がついたのだから挫折して良かったと今は思っています。その後春日部の印刷屋に勤めてた頃は、潤沢に金が入るので、パチンコ・プレイステーション・セガサターンなんてやりこんで、PS1はエースコンバット3までとパンツァーフロント、セガサターンは、サクラ大戦で終わってます。30歳でドリームキャスト買ってサクラ大戦4を途中までやって、私のゲーム人生は終わりました。久喜の印刷工場で受けた強烈なストレスで、統合失調症の症状が強く出て、精神科に通院することにして、それからは、国や世界を巻き込む大嵐の中に生きてきて、のほほんとテレビゲームなんか、やってる暇無かったのです。で、今ゲームは毛ほどもやりません。ただ、パソコン版のイースだけは、懐かしさのあまり購入してインストールして、途中までやりましたが、もうRPGとかいらつくだけだし、時間の無駄に思えるので、本棚の肥やしになってます。あと、SONYのHB-F1XDはもう30年押し入れにしまっているので、いつか人生でゆとりが出たら、秋葉原のスーパーポテトでMSX版のめぞん一刻のゲームでも買ってやってみようと思ってます。総括すると、30歳過ぎて、社会参加せずに、自宅でゲームやり続ける人間ってのは、子供の頃の精神性がそのまま残っているから、世の中に出れば暗黙のお約束みたいなの身体で理解していない、と言う事だ。今、上級国民の子供がそのまま40歳、50歳になり、世の中を身体で理解してないからゲーム感覚で、人を殺すという、誠に平成時代の残念な結末を令和時代に、答えとして見続ける事になるんだろうな、と言う事だ。俺が9年間も引っかかって停滞の原因になった5ちゃんねるなぞは、そんな人間がメインで未だに書き込んでいる。未だにパソコンで5ちゃんねるのインターフェース、ガラケーのインターフェース、テレビゲームのインターフェースで脳みそが組み替えられ、社会に出ることなどは、まぁ無理で、出来るとしたら、5ちゃんねるのインターフェース脳になった人間、よく言われる5ちゃんねるバカは、東京なら個室ビデオの店員で、客の精液が拭き取られたティッシュを集める仕事か、継続型就労支援作業所のA型・B型で封入とか袋貼りの仕事しか手が無いように思われる。社会に参加する機運に恵まれず、親の財産に恵まれたら、上記三つの事件の容疑者・被害者の様に、陰惨な結末しかまっていないように思える。テレビゲームに向かって居る時間が幸せに感じてても、それは、かりそめの幸福感なのであって、いつかは破綻が来る。棺桶に入るまでゲームをやり続けるってのは、それは終身刑と同じ事と思うのだけれど、読者の皆さんはいかがに思うか?最後に、何年か前に5ちゃんねるで断言した言葉を繰り返すけれども、「30過ぎで働きもせず家でテレビゲームやってるようなのは相手にしないから」と繰り返して締めくくりとしたい。2019/06/18
〈追記〉
自分の著作に、どんな影響があったか、と言うと、高校1年生の時美術部に入部した時、最初に居た女の子二人がいたけれど、俺の方見て笑っていたばかりの女の子は、6月の朝、自分の後方200メートルの信号の無い交差点で、自転車で飛び出して、前方不注意のトラックに10メートルも跳ね飛ばされて死んだ。朝、高校の裏門から自転車で入る時、後ろでドンと言う音が聞こえたのを覚えている。その死亡者が、同じ美術部のあの俺の方を見て笑いっぱなしの女の子だったのは、同じ美術部の河合に聞かされて、驚いたと言う事。50歳で振り返ると、「ああ、あの子俺の事好きだったんだなぁ、あの子が生きてれば高校生の時、ぎこちない初恋があったんだよな」ともう何年も思っている。葬式に行ったんだけど、名前が思い出せない。あの子のせいで女の子が苦手になった。夏までには、高校を訪ねて、学籍簿から名前を教えてもらおうと思っている。回向が中途半端になるので。それが原案だったのが「路地裏の夢 Bittersweets」という小説に結実されている。もう一つ。高校生からのゲーム・オタク遍歴の半生を元に、群像に純文学として応募するつもりだったのが「駿河台下交差点にて」です。書泉ブックマート閉店の貼り紙を見て、駿河台まで、歩いているウチに思い付いた小説です。今、プロットノートを見返すと、物語の骨格は出来ているから、書こうと思えば書ける。異常にテレビゲームのタイトルが出てくるので、著作権的に面倒くさそうだったから、講談社に任せようと思ってたけど、その後著作権を勉強するに、商品名は大丈夫そうなんで、LINEノベルに発表しようかと思う。執筆は2020年後半からでしょう。それまでは仕事・執筆パンパンなんで、無理だと思う。2019/06/18

【今月の答え合わせ】

NHKチーフPの男逮捕、強制わいせつの疑い
https://headlines.yahoo.co.jp/videonews/jnn?a=20190617-00000045-jnn-soci
な、こういうことなんだよNHKとか東京のマスコミとかデザイナーとか。こういうのがうじゃうじゃマスコミ業界や出版業界・デザイン業界にはそういう堕胎魔とか中絶魔とかいるから、地方に住んでて、東京の出版物見て、「東京の出版物にあこがれ」を持っちゃダメだよ、女の子は。それでもやってみたいなら、高校出て、バイトしながら、通信の大学行って、或いは本を読んで、自分で自分なりの感性を信じて同人誌作って、コミティアやデザインフェスタやクリエイターEXPOで発表していくことじゃないかな。東京出てくるときは気をつけてなぁ。2019/06/17

【今月のお願い】

平成上皇さんと令和天皇さんと安倍晋三にお願いです。自分の事業戦略上、文部科学省による、中島英樹のビジネスプランの認証があればスムースなんで、文部科学大臣のしばやま昌彦と副大臣のながおか桂子にメールを送ったのですが、どらも返信が無く、今の所無視されているので、平成上皇さんと令和天皇さんと安倍晋三は、この二人に、春日部市の中島英樹(Blueiris)のメールに返信するように、赤坂と千代田区千代田と永田町からこの二人を叱責してもらえませんか。お願いします。しばやま昌彦には面談の申し込みをしているのですが、了解乃至拒絶ならそれはそれで、きちんと返事をしろと、皆さんで叱責して欲しいです。2019/06/16

【今月のコンテンツ】
キャッツ・アイ 文庫版 コミック 全10巻完結セット (集英社文庫―コミック版)
https://www.amazon.co.jp/dp/4086189291/

2月に劇場映画「シティーハンター劇場版 新宿プライベートアイズ」を見たのだけれど、「シティーハンター、今振り返ると面白いな、でもマンガを通して読み切っていないな。文庫で揃えようかな」と思った。書泉ブックタワーのコミックのフロアで「キャッツ・アイ」と「シティーハンター」が平積みで置いてあった。映画に合わせての増刷であったろう、全て帯付きだった。それらを見て、「キャッツ・アイか、少年ジャンプ読んでた頃は断片的には覚えている。アニメもちょっと見た、でも系統だって読んでない。キャッツ・アイから揃えていくか」とまず一巻を試しに買って帰りの電車の中で読んだ。そうすると異常に面白い。「これは面白い。全巻揃えよう」と言う事で、丁度、仕事が秋葉原になったので、帰りに二冊づつ買って、帰って、2週間で全10巻揃えた。ビニールは破らず、自宅の本棚にしまっていた。仕事が落ち着いたらゆとりのある心境で読みたかったから。6月10日の雨で濡れながら、かなり重労働した疲れで風邪を引いて14日から16日まで仕事を休んだ。家での個人事業を詰めるのも疲れるので、クスリを飲みながら読書して過ごそう、とキャッツ・アイを全巻一気読みすることにして、読んだら、「へー、こんな話しだったんだ。面白いなぁ」と夢中で読み切ってしまった。このマンガが少年ジャンプに連載されていた頃は、私は中学生で、高橋留美子の「うる星やつら」からビッグコミックスピリッツの「めぞん一刻」の音無響子さんに傾倒していった頃にあたる。少年ジャンプは中学2年生の時が、クラスのボウズ達と、週刊漫画雑誌を教室に持ち寄りシェアしてて、ほとんどのマンガ雑誌を読んでいた。少年ジャンプの中のキャッツ・アイもそうだった。でも、こうやって系統だって読むと、新鮮で、「へー、キャッツ・アイってこんなに面白かったんだ。読み直して良かった」と素直に思う。「シティーハンター」文庫で全18巻だけど、キャッツ・アイでかなり北条司に満足してしまったから、シティーハンターは文庫は買わないで、また劇場版の続編に期待する。キャッツ・アイも、IT・スマホ時代にリメイクしてアニメになったら随分面白いだろうにな、と思う。そういう企画は北条司氏に随分行っているようだけれど、作者がウンと言わないらしい。10巻の後書きでも、キャッツ・アイは未熟な作品で恥ずかしいと言う事だそうだ。でもまたアニメで劇場版でリメイクされたら、私は喜んで「劇場版キャッツ・アイ」を見に行きたいと思う。補足すると、自分の記憶の少年ジャンプでの連載の最終回は10巻の最後にあったのだけれど、その後、単発掲載で、最終話のその後の話しが収録されていた。その本当に最後のエピソードで、「なるほど、こういうハッピーエンドなのか、それはそれでステキだな」と言う事で、中学生の頃のあのマンガ・アニメ・プラモ三昧の多感な少年の気持ちに戻れて、読んで良かったと思う。マンガに関しては、今のマンガは、デジタル世代のどこかで見たような表現のマンガが多いので、現代マンガ家の作品は目を通さない。コミティアで、気になる人がいれば位な物だ。マンガは当分、デジタル世代の薄い内容のマンガが流通するだけだろう。あまりビジネスでは、視野に入れていない。次ぎに文庫一気読みするのは、欲しいモノリストに入れているが、「愛と誠」と「NY小町」である。仕事が落ち着いたら、入手しようと、思っている。2019/06/16

【声明】アメリカのいつもの手口に、全世界の人は乗せられるな。トランプ・習近平、二人の人間存在を考えると、アメリカや中共シナの威圧も恐れることはない。

安倍晋三がイランを訪問し、緊張緩和の為の対話を西側諸国代表?世界意識代表で話しをしにいって、対話の最中にホルムズ海峡で日本船籍?のタンカー二隻が相手不明で攻撃を受けて、炎上・漂流中という。アメリカがさっさと「イランに責任がある」などと国務長官が言ったりして、世界中の誰もが「オマエの所の自作自演だろ」と思っていると思う。5ちゃんねるのニュース速報+を眺めてみると、やっぱり「戦争だ」「いや、アメリカのいつもの手口だ」とアメリカの情報に反応してしまう人、アメリカのいつもの策謀を感じて見抜いている人と、割と意見が両方あって、どうかな、と思っている。3月に護国寺の現場で、自分の会社の下請け、元請けからすると二次の会社の若いお兄ちゃんと一緒に仕事をすることに成り、休憩時間にスマホ決済の話しになり、そこら辺の会話を思い出して述べる事は「日本は、中国を恐れることは無くて良いし、アメリカにおもねる事も無くて良い。俺達はのほほんと働いて、日当一万円もらって有効に使っていればオッケー」という結論に達する、思考過程と要点を書き、アメリカと中共シナ以外というか、アメリカと中共シナで働いて生きていて、「こんな国に居たくないね、どうにかならないものか」と思っている人も含めて全世界に言う事にする。お兄ちゃんと、スマホ決済の話しになって、「こんな粗雑なOSで金決済する気になれないね」なんて話しから、中国のスマホ等をベースにした、超管理・監視社会の話しになった。お兄ちゃんは赤羽在住で、大日本印刷で働いたこともあるようで、自分も市ヶ谷で居年半は12時間労働日当6500円(当時)で働いていて、共通知がある。大日本印刷で雑誌製造なんかに関わると、あの当時はやれ本を休憩時間に読んだりして、かなりな情報通になれたな(あくまで当時の話し、今は雑誌の時代は終わったんで違います)。だから基本的に情報に敏感なんで、「このお兄ちゃん、解っているな、それじゃ本当の事を教えてあげよう」と思った。話した内容は、「中国なんか、あんな民衆、人が息が詰まるような超管理社会で偉そうにするようになったけど、そのウチ、構成されている人間の志気が下がり、中国製品の品質は下がり、世界が中国製品を買わなくなるだろう。GDPは10位以下に10年以内になるだろう」と自分の見識を言った。また、「習近平やトランプなんかも、中国だ、アメリカなんて大きな単位で見ない事だ。習近平もトランプも単体で見るべきだ。あの二人は、国家代表みたいにして偉そうにしているが、内心は追い落とされないかヒヤヒヤしている。実は一個に人間としては非常にひ弱な精神をしているのさ。見抜かれない、見抜かれたら、殺されるかクビになるかする恐怖を、一帯一路だの、大きな事をやって偉そうに見せたいだけなんだよ」と言った。「中国は終わりの始まりが始まったろう」「俺達はのほほんと仕事して、楽しく生きて行けば、それで勝つ」と言って、休憩時間は終わった。以上の様に、中禍、中禍中禍中禍中禍中禍、と騒ぐ白人、日本人は、中禍、白禍、両方日本にやってきているだろ、と思う。日本人は、東洋人だ。西洋人じゃ無い。西洋が浸食しているからと言って、西洋人に合わせる必要は全く無い。また中共シナの威圧にも動じる事無く、日本人は「この島国で、幸福に生きるってどういう事だろう」とか「あの人は創造性開発の原理・原則を呼びかけている、創造性ってどんなものだろうか」とか、そういう事を考えながら、日々の企業や仕事によっては窒息しそうな会社勤めしている日本人も多かろうが、「イキイキと働いて、幸福に生きるとはどういうことか」と自分に問いながら、月給もらったら有効に使う事だ。貯金するのもいいし、一番お勧めなのは個人事業を開設する事だ。そんな、アメリカにも中国にも囚われない「東洋人・日本人として敗戦の韜晦で消されてしまった戦前・江戸時代からの、先達に学ぶべきだ」と思う。また、中国は今の一党独裁で国は至るところがひび割れ、ひび割れから「この国は住みづらい」という、シナの民族達は逃げ出すべきだし、アメリカもトランプが再選になったら、青い服と赤い服の分断がおき、アメリカの「戦争をしないと経済が持たない」という宿業の快哉の後には、国力は衰退し、世界中の人がアメリカ製品・農作物を買わなくなり、赤い服を着ているアメリカ人は、猜疑心が増大し、お互いを銃で撃ち殺し合う、惨憺たる国になるだろう。アメリカの青い服を着た人、中国の「満州国は良かったんだよ」という人達が逃げ出す為に、日本は「シベリア共和国」と「満州共和国」を極東に準備すべきである。委細はネムログで徐々に語って行くが、今の所、クリーニング工・養生工と個人事業の一人出版社代表とデザイナーの身なので、日本国初代大統領に日本国民に認証されている訳では無いが、巨視的な事を語って、国政に影響を与えていくのが、効率良く合理的であると考えて居る。いまさら、衆議院選挙だのに立候補したってたかが知れている。時間と労力の無駄だから。また、今の議会制民主主義の時代に合わない、決定にスピードが無いのは、革命的に改められなければならないとも考えて居る。2019/06/14

【オピニオン】
テレビ映像のネット配信に当たって、NHKの各地の放送局はブロックチェーン化したらいいんじゃないかな。N国の言葉はさもありなん、と思う。NHKってそういう所だと思う。

【NHKネット配信スタートへ】テレビはないけどネットはある、という世帯の受信料はどうなる?
https://manetatsu.com/2019/06/189559/
って言うんだけど、提言としては、「NHKはネット常時配信と同時にNHKの支局・本局すべてをイメージとしてはブロックチェーン化したらどうだろう?」と言う事だ。ブロックチェーン化して、ネット配信は47チャンネルくらい、ネット上に存在し、例えば、埼玉なら浦和支局が一日中、放送休止時間もあってもいいが、埼玉の地域に根ざした報道・情報流通を行って、視聴者はネットをザッピングして、「今日は沖縄のNHKでなんかいい映像ないかなー」とかって見る方がいい。受信料も徴収では無くて、仮想通貨NEMで投げ銭システムにするとかかな。「面白かったし、役に立ったから、1000円NEMで入れるわ」とか、そういうシステムにした方がいいと思う。平成から令和に変わるに当たって、あの天皇家翼賛報道でウンザリしたし、なぜウンザリしたか、と言うと、日本の民衆の民意を計った映像では無かったからだよな。京都や兵庫の被差別部落の人達は、むかつきながらNHKからフジテレビ系とかに変えたと思うし、俺なんかも、東京の朝廷の全国報道という事で、ウンザリした。ブロックチェーン化して、各地方の支局が独立した放送を行えば、地域の細かな情報を映像に出来るし、ネットで全体をNHKブロックチェーンで見れば、日本各地の民意がそれぞれに反映されているのが解っていいのだと思うのだけれど。今は、NHKの渋谷区神南の大本営が「天皇家・天皇家・天皇家」って全国に東京朝廷のイメージをまき散らしているけど、NHKの出自たって、明治時代にラジオ放送が国の命令で始めたのが日本放送協会ってだけで、国営の放送局じゃないだろ。渋沢栄一も関わったようだけど。それを如何にも、「国の公的機関です」みたいな、態度で税金よろしく、受信料取るのだから、日本の民衆は怒っていいと思う。天皇家を全国にまき散らしても、今テレビを真剣に見ているのって地方の老人とか主婦とかだろう。新聞と同じ。この7ヶ月で、東京をあちこち見て回って思うのは、天皇家ってのは、日本に古来より伝わる、おひな様っていう事だよな。江戸時代なんかはそうなんであって、京都御所で、徳川家に権力の正当性を発行していた権威だった。江戸っ子は「上方、上方(紙方・神方)」って位なもんで、封建制に時には不満もあるけど、江戸の植物文化なんか、相当な物だったのだ。鎖国で、外国とかが入ってこなかったから、それなりに穏やかなまとまりがあったのが江戸時代。武士も農民も持ちつ持たれつで、仲良く、高度な学びを続けていた。渋沢栄一だって、農家の出身だったけど、一橋家に武士として仕えて、土方歳三なんかとちょっと一緒にやったらしい、とかそういう時代もあるのだし。おひな様というと、春に三井のおひな様展というのをやったけど、それ見て、観客も観察すると、働いてない裕福そうなオバサンばかりだった。そういう人は、三井の、とか人間国宝の、とかに弱いのな。俺も、母親が平櫛田中という彫刻家と付き合いがあったってんで、その影響で、昭和天皇の閲覧に浴したとか、人間国宝だからとか、そういうの心の中で自慢だったけど、それも150年の明治帝政とその残りかすでの東京での天皇家という事だから。振り返って思うんだけど、平成天皇さんが、東京の赤坂で人何人殺して、オンナ何人はらまして堕胎させて、高い地位に就いて金持ちだかの上級国民相手に乾杯の音頭取る映像流すのやめてくんないですかね。天皇が金持ちの上級国民相手に酒を飲むってだけで、東京のシモジモの中流階級は一斉に酒を飲むから、錦糸町の客引きがしつこい飲み屋街を通ったけど、下品な街並みが東京中に広がるんだよ。俺はタバコ吸いで酒はあんまり飲まないけど、タバコは規制されて、なぜ酒は規制されないんだよ。タバコも煙は吸わない人には害だし、吸ってる人間も肺がんのリスクは高まるけど、酒だって、百薬の長とか言うけど、魂が汚れる飲み物だよ。酒で行動に規制が効かない迷惑な酔っ払いで東京はそこかしこで不愉快な光景が見られるのは、一重にNHKが天皇家が酒を飲む映像を流すからだし、天皇家も酒なんて人前で金輪際飲まないで欲しいね。上級国民相手に乾杯の音頭取ってそれでなにが嬉しいの?江戸時代とか明治時代・大正時代・昭和初期、敗戦までは、酒もたばこも、それなりにひっそりしたたしなみじゃなかったのか。敗戦で、それまでのモラルがぶっ壊れて、今に至るけど、東京の街並み歩いても、酒に関しては規制がない。規制されるべきだと思うよ。

「NHKから国民を守る党」の内幕
街宣活動でNHKを堂々批判 受信料を巡る訴訟乱発も敗訴続き

https://www.nikkan-gendai.com/articles/view/news/255625

この記事見て、今日このオピニオン書くに至ったけど、割とそうだろうな、と思う。

「中でね、普通にセックスしてます。いっぱいベッドあるんですよ。NHKの職員は、局内で派遣会社の女の子とか、アルバイトの女の子とチューしたり、セックスしたりするのが日常茶飯事とは言いませんが、そんなことをしている人、局に何人もいるんですよ」

これなんか、そうだろうな、と思う。東京のマスコミ関係者とかデザイナーってセックスの時コンドームしないのがデフォだから、NHKもそうだろうな、と思う。俺も東京のデザイン事務所で、1年半机に座って仕事してたら、ストレスも溜まるし、情欲・性欲も溜まるしで、野獣の境涯になるんだよな。だから東京のマスコミ関係者というのは、オンナ孕まして堕胎なんて平気でやる連中だし、女の子が泣いて国へ帰っても、東京のマスコミ・出版社なんてのは、全国的にイメージ振りまいているから、後から後からテレビ見て本読んで、あこがれてやってくる田舎の女の子は後を断たないってワケ。田舎の女の子は、泣いてうな垂れて田舎帰りたくなかったら、東京のマスコミなんかにあこがれちゃダメだよって言いたい。それでもマスコミや創作なんかやりたかったら、田舎でバイトして、個人事業で自分で始めて、仕事の知識や情報は本やネットや同人誌即売会で仕入れるべき。と、これだけNHKを罵倒して、多少は女子アナの服の色が変わるかな?ねじ込まれて、赤い服着るのかな?まぁ7時のニュース以外見なければいいんだけどね。
〈追記〉
「 NHKから国民を守る党(N国) 」にアドバイスすると、NHKっておっきなブランド名で攻撃するのでは無く、NHKの職員に泣かされて国へ帰って、黙っている女の子に取材して、NHKの職員を個別にネットであげつらって行く事です。NHKにはそういう人間がキット何人も居ます。妖怪とか物の怪の類いのセックスマシーンというのは、デザイン事務所経験者として、必ず東京のマスコミ関係者には居ますから。2019/06/08

【今月のファッション】ワークマン・夏用作業着上下、古着屋のユニクロシャツ

えーと、6月に入り、また5月の下旬の陽気で銀座の現場なのだけれど、今のクリーニング工・養生工で夏を越すのは初めてなので、どんなものか様子を見ていた。結論とすると、6月の蒸す天候でも自分にはかなり厳しい仕事になると解った。5月下旬の東京・関東の夏の陽気の中で、今の現場はもう固定のガラスが入っているフロアが多く、風が入ってこない。躯体の進行状況によっては、柱と床だけ、と言う現場もある。そういう所なら、まぁ熱中症のリスクは下がっていくのだけれど、今行ってる現場は、進行が進んでいるので、壁とガラスが入ってて、風が入ってこないから、かなり暑くなる。今の現場に入って、二日目かな、まだそんなに暑くはならないだろう、と、あんまり水分も取らずに、服装も春服のままで、作業していた。作業が終わって現場上がって、潜り戸を抜けた時に、頭が痛くなった。「あれ?おかしいな?そんなに無理はしていないけど」と帰りの京橋の駅でかなり水分を取り、電車の冷気に包まれて、座って帰った。電車の中で、「熱中症・頭痛」で調べると、熱中症でも進行が深まると頭痛とか出るらしかった。その情報で、「ヤバイかも」とは思ったんだけど、それ以上の進行は無かったけど、夜なかなか寝付けず、寝ぼけた頭で、翌日の仕事は棄権しようかどうしようか、無理して熱中症になったら、救急車で運ばれて入院、なんてなったら金が出るし、現場とゼネコンと会社に迷惑かかるしなぁ、とか色々思い悩みながら、いつの間にか眠った。目が覚めてみると、頭痛は消えて、体調は全開という感じではなかったけど、「まぁいけるか、とにかく水分取って、胸ははだけて、冷却すれば大丈夫か」と思って、その日の仕事では、熱中症の予感無く、仕事を終えて、帰って翌日は休日だった。とにかく水分取って、汗をかいている分には大丈夫かな、と思いながら仕事しているけど、ちょっとノドが乾いたらすぐ麦茶やポカリスエットを飲むようにしている。一日1000円はペットボトルに消えていく。あと、もう6月から3日連続出勤というのはやめた。二日やって、休んで二日とかでないと、仕事に対する集中力とか気配りがおろそかになるようなので、安全と品質を考えるとその方が自分の為、ゼネコンの為、会社の為だと思うようになった。熱中症になったら、会社の名前が朝の朝礼で出て、周知されてしまうので、徹底的に不安要素は排除していこうと、キチンと思って、まずは服装からだろう、と言う事で、熱のこもる春服は脱いで、ワークマンに行けば、暑さ対策の施された、熱を遮蔽し汗を発散させる作業着が一杯売っている。出費は上下で4616円。熱中症で入院するリスクを避ける為には安いモノだと思う様にしている。自分が7ヶ月勤めて、ゼネコンの監督さんや、出来る職長と仕事して、ハイレベルな協力企業が入る現場の実際を体験して思う、この建設現場の仕事の原則は「1に安全、2に品質、3にコスト・スピード」である。安全が最優先されるのは、焦って、慌てて、煽られて作業すると不注意作業が続き、死人が出るからである。死人が出た時点で、現場は全てストップし、工程スケジュールは止まり、施主から怒られ、ゼネコンの社会的信用は失墜し、労働基準監督署から、めちゃくちゃ怒られる、コストとスピードが吹き飛ぶのである、そういう事を考えると「安全」が最優先される。焦らないで、慌てないで、煽られないで、安全を意識しながら、品質を求めて手元をキチンとやっていくと、3のコストとスピードは自然と向上するのである。7ヶ月の経験則でわかった事である。そういう事の解っていない上司が、「ハヤク」とか「ハヤイ」とか言う癖のある上司は避けたい。
と、言う訳で、安全を意識して、ワークマンで暑さ対策の施された夏服を買いました。前回下見して、「これいいな」と言うトップスは無くて、「なんかいいのないかな」と探したらありまして、「ICE ASSIST 遮熱」とか書いてあって、「涼しそう、色もネイビーだし、これで行こう」と思いました。アンダーはやっぱりカーキ・ベージュ・サンドベージュでいいの無いかと探したらありまして、1500円でしたね。と言うワケで商品写真ですね。

このブルー系またはネイビーで、アンダーはベージュ・サンドベージュとかが最近凝ってる配色です。

〈スペック・値段〉
トップス ICE ASSIST 遮熱 GNT121遮熱ダブルメッシュ長袖シャツ アイスネイビー 4L 2900円
ボトム WM BEST STRETCH ACTIVE WMストレッチカーゴパンツ キャメル 5L 1500円 、裾上げ216円

もう一つ、暑くなったので、或いは蒸すのでこの時期にワークマンでワンコインで買ったネルシャツではかったるい。去年、脳波に異常が出ながら、「橋の上の人々」を書き上げたのは、やはりカラダの冷却がなっていなかった、つまり服装が暑い時期用ではなかった、と言う反省から、夏用の薄手のシャツを480円で買いました。ユニクロのXLサイズで、春日部の古着屋で買いました。こんなもんでいいです。どうせ、汗でクタクタになるのだから、ララガーデンで買う必要も無い、普段着です。2019/06/07

やはり、ブルー系のチェックのシャツでした。薄手で、夏向き。マメに洗濯すれば長持ちする。

【今月の小旅行】茨城県常総市水海道、常総市立図書館の二水会館でコンサート

(通信)今日、常総市立図書館で名刺渡したスタッフの方へ。私口下手なもので、上手く話せませんでしたが、ホームページで表現する、と言うのはこういうことです。今日撮っていた、場内の様子の写真もメールで転送していただければ、この東京・埼玉で月2500人が訪れるサイトに記事で載せます。今後も図書館を中心とした小さなイベントや、常総市のイベントがございましたら、時間とお金の許す限り、訪問して記事にしていきたいと思います。メールで連絡ください。中島英樹(Blueiris)

と、言う訳で、常総市立図書館の敷地内にある、大正時代の建物の二水会館で、オペラ系のアーティストのコンサートがあるというので、東武アーバンパークラインとつくばエクスプレス、関東鉄道を乗り継いで、水海道駅に行って参りました。諏訪神社と八幡神社で、常総市でのビジネスの成功を諸天善神に祈った後、セブンイレブンで昼メシ。その後、常総市立図書館に行き、コンサートを傾聴しました。以下フォトレポート

報徳銀行の旧舎。報徳ですから、二宮尊徳の心が形になっている、非常に珍しい建物です。
なるほど大正元年の建物です。春日部市では失われているテイストです。江戸時代からの桐細工は残っていますが。水海道は40年前の春日部のテイストなんで、そこが好きなんです。
報徳です。二宮仕法です。
図書館へ行く道すがら、見つけた水海道の有志達のイコンです。夢み台というんだって。
水海道の青年達の決意ですね。許す限り応援していきたいですね。
地元の味噌屋さん、なんか気になったし、見過ごすわけにはいかないから、今度来る時は味噌買ってみようかな、って思った。でも最近インスタントで間に合うんですけど、たまに本当のミソで味噌汁飲みたいけどダシ入り買うことが多いですが。
田舎のミソ、そそるよね。でもゆっくり味噌汁作っている暇のない独身なんすよ。(^_^;
常総市立図書館、「水海道、紙ヒコーキ飛んだ」で主人公達がCDを借りる事から始まった、ああ、早く続編を書きたい。15万字に及ぶっす。半年かかります。
これがコンサート会場の二水会館で、図書館の敷地内に移築された、昔の役場、だったかな。古い建物です。冷房なしです。リハーサルやってました。
これがコンサートのポスター。会場内の様子は主催者に許可を取らないと撮れない事が多いので、撮ってません。
演目でした。ボーカルで聞くと、あの曲もこの曲もまた違って聞こえて新鮮でした。
コンサートの終わりにもらったうまい棒。話しを聞くと、常総市で生産しているって、そういやそうだったっけと。写真撮りながら、「そういや、2ちゃんねる創設者のひろゆきも愛好家だったな」とかそういうどうでもいいことも覚えている私でした。

以上の様に、「水海道、紙ヒコーキ飛んだ」の続編3部を書く為に、取材したようなモノですが、こういう取材を積み重ねて、自分の「水海道ワールド」の設定をキチンとしていきたいかな。常総市立図書館は春日部市立図書館と比べると小さいけれど、CDの整理がきちんとしていて、棚を見ると割と気持ちが良かった。春日部市立図書館は、昔のCDとか結構雑多に棚に収納されていて、地域の違いを感じさせます。
常総市立図書館  http://www.josolib.jp/

【今月のART情報】江口寿史イラストレーション展 彼女

5月に筑西市下館を散策して、下館美術館に寄ったとき、情報として押さえていたし、Instagramでも情報は押さえているし、知っていたけどチラシが入手でき無かった、江口寿史イラストレーション展なんだけど、常総市立図書館で入手できました。常総市より北、下妻市とか筑西市になると、「ディープノウス」とか「茨城県の奥の方」という感じがするけど、そこが発見の魅力があると思っている。江口寿史と春日部の関わりって実はあって、昔江口寿史が流山に住んでいた頃、野田線でキセル乗車をしていて、春日部で乗り換える時、見つからない様に乗り換えていた、と言う記事をもう40年前の少年ジャンプの増刊号で読みました。「ススメパイレーツ」とか「ストップ!ひばりくん」とか「パパリンコ物語」とか「エリカの星」とか、だんだんマンガがすり切れていく様を20歳まで追いかけていました。漫画アクション買ってていらつくことこの上ない漫画家でしたが、もう完全にイラストレーターから、画家になっていった、と言う事で、私はしもだて美術館に見に行く事にしました。2019/06/02
https://www.city.chikusei.lg.jp/page/page005782.html

江口寿史の作品ってだんだん精錬されて行ってる感じだね。イラストレーションの枠からアート作品になっていった感じ。マンガは昔は面白かったけど、今はもう描けないんだろう。いいけど

【今月の公募】第22回長塚節文学賞 短編小説部門

常総市立図書館で発見した公募情報なんだけど、9月末までの公募が8万字以上あって、そっちに注力するから、これは応募するか解らない。長塚節なのね、長沢節だと、セツ・モードセミナーの創設者じゃなかったかな。まだあの学校存在するのかな。と、調べて見たら、セツモードセミナーは閉校していたのは2017年なんだね。俺が曙橋をうろうろしていた頃は、あの坂登ればセツモードセミナーだったな、と記憶している。長塚節(ながつかたかし)は、「へーこんな作家いたんだ、でもあんまりいい人生じゃないな」、病気と付き合いながらの執筆だったのだろう、35歳で病没、と言う。昔の文士な生き方だったね。2019/06/02

【今月の読書】と、いうか、3月くらいから読んだ本全部紹介

いちばんやさしいWordPressの教本第3版 人気講師が教える本格Webサイトの作り方 (「いちばんやさしい教本」) 単行本(ソフトカバー) – 2017/2/24
石川栄和 (著), 大串 肇 (著), 星野邦敏 (著)
https://www.amazon.co.jp/dp/4295000795/
このBlueiris.jpもWordPressなんだけど、最新の技術動向がしりたいなぁと思い、メール送信フォームの作り方とか書いてあったので、トータルでWordPressを学び直すつもりで購入した本でした。書泉ブックタワーで買いました。他にもまだ読んでいない本は10冊くらいあるけど、今日は以下で以上ですわ。2019/06/01

和のきれいな配色 キーカラーで選べる配色見本アイデア帖 単行本(ソフトカバー) – 2018/12/18 ナイスク (編集)
https://www.amazon.co.jp/dp/4844368354/
サイトデザインに必要か、と思うし、また絵画やデザインでこれからのBlueirisの指標とすべき一冊として、書泉ブックタワーで購入した。かなり役に立つし、今までの我流の配色から、和への大きな転換になれるので、買って良かったと言う一冊であった。名刺のカラー指定なんかもこれを参考にするようになった。和の言葉の付いた色という事で、もうアメリカやヨーロッパにおもねることなく日本製のデザインという事でやっていくつもりだ。

ビジネスチャンスはこんなに身近に! 地方自治体に営業に行こう!! 単行本(ソフトカバー) – 2014/9/30 古田 智子 (著)
https://www.amazon.co.jp/dp/440833118X/
地方創生EXPOでブースを訪ねた時、興味を惹かれた一冊だった。著者の女性社長の会社の人とは名刺交換してメールを送ったが、返信は無い。どうでもいいけど、とりあえず地方自治体へのとっかかりとして割と読める本だったけど、読みにくい。文章のプロでは無い人が書いているので、いまいちテキストを咀嚼するのに時間が掛かった。読書期間は長い本だった。後で、本決まりになったら読み直すと思う。なんだか、受注のノウハウの部分は興味深く読めるんだけど、他の事例紹介などは退屈でしょうがなかった。まぁ自分も地方に進出するにあたって、それでもアタマに入れておくべき、自分には読むべき本ではありました。

小さな会社ではじめてWeb担当になった人のGoogleアナリティクス超入門 単行本 – 2017/8/23 吉岡豊 (著)
https://www.amazon.co.jp/dp/4798052434/
秋葉原の現場で昼休みは毎日、書泉ブックタワーに通っていて、IT系・WEB系・デザイン系・CG系と多岐にわたって本を吟味していた。その中で、引っかかったのが、Googleアナリティクスという事だった。この本を読んで、アクセス解析のもっと高度な世界がある事をしり、当サイトもGoogleアナリティクスに対応している。サーバー屋のアクセス解析だと見えてこなかったが、このBlueiris.jpはアイスランド・アメリカ・オーストラリア・フランス・韓国からもアクセスがあり、ドメスティックな名刺を渡している人にしか対象としていないサイトなのだけれど、それだけ読まれている。性別はなぜか男性の方が4パーセント多いのは心外だ。女性しか対象にしていないのに。

ポクスル・ウェスト最後の飛行 単行本 – 2017/3/9
ダニエル トーデイ (著), Daniel Torday (著), 武藤 陽生 (翻訳)
https://www.amazon.co.jp/gp/product/4152096756/
これも購入したのはいいけど、まだ手を付けていない。第二次世界大戦の爆撃機の搭乗員の話なのだが、文庫化されれば新刊で購入するつもりで2年待ったが、文庫化される気配がないので、1円で購入、やっと値段が落ちた。なんとなく、表紙のイラストにひかれもしたし、ストーリーもなんか、「メンフィスベル」にも似たテイストがあるのか、と思うと、読むのが楽しみだ。ハヤカワの単行本って購入した記憶ってない。高校生の頃、ラリイ・ニーブンだったかの、「リングワールド」とか、アーサーCクラークの「宇宙のランデブー」とかを春日部市立図書館で借りて読んでいた。あの頃も今も、小説の単行本は高いと思う。それは変わってないが、消費者はもう小説の単行本をありがたがって購入しないと思う。一回読めば読み返す事無くブックオフ行きになるのだから、今回もマーケティングプレイスで1円で購入できたのは、幸せと思っている。

12色物語 (講談社漫画文庫) 文庫 – 2002/11/12 坂口 尚 (著)
https://www.amazon.co.jp/gp/product/4063603873/
自分が小学生か中学1年生の頃、潮出版社から、コミックTOMと言うマンガ雑誌が創刊された。創刊号で目を引いて創刊号から3号くらいまでは購入して読んでいた。当時、「風雲児たち」が連載され、この坂口尚の「石の花」とか「12色物語」が掲載されてて、中でも「カーマイン」の戦車兵の話が強く記憶に残っていた。以前からまとまった本で読みたいな、と40年ぶりに購入して、まだじっくり読んでいない。もうちょっと落ち着く時間ができたら、小学生の頃を思い出して読んでみたいマンガ文庫です。

石田禮助の生涯 「粗にして野だが卑ではない」 (文春文庫) 文庫 – 1992/6/10
https://www.amazon.co.jp/gp/product/4167139189/
去年だか、市ヶ谷の編集教室に通う時神保町の三省堂書店と書泉グランデで暇を潰すのだけれど、書泉グランデの鉄道フロアで見かけて、「粗にして野だが卑ではない、有名な言葉だけど、誰が言ったか、そうかこの人か」と記憶に残し、後日amazonで購入した。読んでみると非常に面白い人物、ていうか明治生まれは気骨のある人が多く、その中の人であった。三井の人なんだねぇ、財産こさえたねぇ、でも「卑」ではない事で国鉄総裁やったんだねぇと、生涯を見ると面白い人物であった。

いちばんやさしいInstagramマーケティングの教本 人気講師が教える「魅せるマーケ」勝利の法則 (「いちばんやさしい教本」シリーズ) 単行本(ソフトカバー) – 2018/8/22
https://www.amazon.co.jp/dp/4295004065/
柏市の音楽居酒屋でライブ聞きながら、「Facebook広告より、Instagram広告の方がBlueirisのマーケティングにあっているのでは?」と思い、HMVで購入した一冊。やさしいのだろうけど、Instagramをほとんどやりこんでいないし、いわゆるインフルエンサーにもなる気力も志操も無いので、今の所様子見。Instagramは今の所、自作の絵画作品の展示スペースにしているだけで、始めた頃みたいに、色々写真撮って交流という事でもありません。2019/06/01

【nemlog】
姉崎あきかさんの著作でネムログと言うコミュニティを知りまして、私は2月下旬にここに「日本はこうしたらいい」と言うテーマで、隔週ペースで記事を投稿することに決めました。nemと言う仮想通貨を気に入った記事には投げ銭出来るのが面白いです。noteよりもプラットフォームは新しいと思います。

nemlog(ネムログ)
https://nemlog.nem.social/

【カクヨム】
名刺渡して、「私の小説はカクヨムで90パーセント読めます」という事で、私のカクヨムのアドレスのトップディレクトリを紹介します。女子高生モノあり、女子大生+プラモモノあり、ヒューマンドラマあり、甘酸っぱい青春バイク恋愛ものありです。50歳で女子高生ものはもうあんまり書く気が起きませんが、「清和高校美術部物語」はなんとか6話完結に持っていって、電子書籍で出版したいモノです。と言うワケで、リンクです。↓

https://kakuyomu.jp/users/blueirisr8

「水海道、紙ヒコーキ飛んだ」
https://kakuyomu.jp/works/1177354054887664793
この作品の続きはもうプロットは出来ていて、第二部は「水海道、そして卒業、きっと言える」で、5月頃までには2万文字でカクヨムに上げたいです。全4部作です。期待して下さい。

茨城県常総市水海道の高校に通う、3年生の平光報子と三ノ輪和子。秋には進路が決まり、残りの高校生活を淡々と過ごしていた。いつものように鬼怒川の土手上で報子は油絵を、和子は声楽を楽しんでいた。そこへ見知らぬバイクの男がやってきて…。何の不安も無く、進路を進む二人と、早くに人生に擱坐した先輩との対話と心の旅立ちを描く、短篇小説です。作、中島英樹(ブルーアイリス)。

私とお会いして名刺交換された方へ、補足情報として、URL貼ります。
カクヨムの私のページ 中島英樹(ブルーアイリス)
https://kakuyomu.jp/users/blueirisr8

【ブループライド】

当社ブルーアイリスでは、「ブルー品質、ブループライド」として、その製品と創作物、仕事ぶりに自己存在を賭けて高品質を具現化して行きます。

【ブルーアイリス社歌及び、今の日本人全員に歌って欲しい歌】
二宮金次郎(尋常小学唱歌)

https://www.youtube.com/watch?v=3iJ92GsxWgk

【お友達リンク♪】

ノーリスク・ハイリターンの投資は読書 姉崎あきかさん
http://poonyoponyo.seesaa.net/
姉崎さんは同人誌「ニッケルイエロー」で結構、小説書いてくれた人です。プロの金融系ライターさんです。時間の使い方を変えて、なにかするそうです。ライトノベルでいいの教えて貰いました。買おうっと。

【ブルーアイリス無料配布コンテンツ】

●プラモのモモちゃん模型講座1話~25話PDF版 ダウンロード
http://blueiris.jp/download/momomokeidiary.pdf
2014年から描きためた、「プラモのモモちゃん模型日記」のモモちゃんプラモデル編の区切りとして、まとめて発行します。下手くそなマンガがだんだんこなれて創作されていくプロセスが見られます。私はプラモですは戦車と飛行機は卒業しました。バイクプラモか鉄道模型です、これからは。