Creation Value 2019 3月号


【経過報告】

きれいな花の意匠で素敵でしょ。

本日で対5ちゃんねる作戦は終了しました。切手使う事も無くメール1通で済みました(^O^)v。まぁ、そのメールで提案した具体的なアイデアというのは、自民党から請われるか、また自分の中で機運が高まればネムログに発表していきたいと思います。平成の時代も終わるので、掃除の仕法の実践でした。さていよいよ新しい時代になって、その前に10連休は・・・小説書いて過ごすかな。(^_^)2019/03/27

対5ちゃんねるは、飽きたので、一旦終了なので、削除しました。ですが、切手と封筒は買いました。切手三枚なのですが、さらに4手先まで考えると10枚程度必要かな、と言う事で10枚セットの素敵な花柄の切手シートを買いました。(^_^)この切手、はじめて使うけど、水で溶ける糊ではなく、シールの切手ですね。ちょっと驚きました。ではご紹介です。2019/03/16

【ご挨拶・タイトル変更について】

やほ。長年、春日部市の中島英樹が情報を集約して配布する情報ストリームの事を「CreativeWorth」としていました。が、開設当初に辞書で調べたときは、「Worth=(精神的な)価値」と記憶していたのですが、最近、「価値」をネットの辞書で調べると「Worth」は、「(金銭的な)価値、数値」という事になり愕然としました。では、「Value」はどうか、と詳しく調べると、「重要性、大切さ、意味、意義、好み」とか色々多種の意味を含んでいるのでした。精神的な価値は、「The Spiritual of value」という事になるのでしょうが、それでは長いので、「Creation Value」という事にしました。価値創造とは、長い間、母親が狂信していた宗教団体の創価学会の戦前の機関誌「価値創造」から引用したものです。母親・姉の支配下で私は小学生の頃より、創価学会に所属しており、40年、創価学会中の人を体験してきて、また外側から見たり、色々な(創価学会以外の出版物の方が多い)書物や自分の成長した知見で言うなら、現在の信濃町に存在している創価学会は自分に言わせると、「日蓮宗池田派」とか「日蓮宗信濃町派」だよね、と春日部の創価学会の壮年部の支部長と話しをしております。たまーに、聖教新聞に価値創造とか単語が載りますが、自分が見ると、単に「言葉」なだけで、まーったく「価値創造」でもなんでもないので、価値創造している人と会いたかったら、同人誌即売会のコミティアとか文学フリマやテキストレボリューションズを訪問することをお勧めします。と言うワケで、牧口常三郎・戸田城聖が、戦前提灯を灯しながら細々と行った、戦前の日蓮主義・日蓮ブームの最後の尻尾であるところの、座談会から、再構成し直していくような、そんな志操で、今後もこのサイトを更新していきたいと、決意を新たにする所存です。2019/03/03

【近況報告 天才を殺す凡人 凡人に殺されかかった天才中島英樹】

はい、こんにちは。最近直接コンタクトを取っている人は、ゼネコンの監督さんと自分が所属している会社のクリーニング工・養生工の職長と仲間達が多いのですが、3月1日付けで、日本橋室町の三井タワー・コレド室町テラス・特電の現場を追われました。私が流れ着いたときは、一人親方のTさんの下で安定的に一ヶ月固定で働き、日本初のスマートシティとしての発電プラントのある商用ビルという非常に珍しい現場で仕事が出来て振り返ると「ラッキー(^O^)v」って感じだったんですけど、Tさんが病気リタイアしてしまったので、代わりの職長が若い凡人だったので、室町の現場を追い出されました。それはそれでいいのですが、最後の日、「4月から仕事があるかどうか、わかりませんよ」と脅迫を受けたので、こうして報告するしだいですね。この若い凡人職長と一緒に居ると、フェラーリのv12気筒エンジンが超高回転で回りたいのに、タイヤが四輪ともパンクしているような、そういうフラストレーションが溜まるので、ヤバイと思って、会社に言って、現場変えてくれと要望を出したのとも異動は合致するのでバンザイではありますけれど。以上の様に、4月からの契約更新の有無が怪しくなるような、誹謗中傷と恐喝を受けていますので、今までお付き合いのあったゼネコンさん、鴻池組・三井住友建設・清水建設・鹿島建設・大成建設etcの皆さんは、私の所属している会社に言って貰って、中島英樹は4月以降の就労も保証してくれるように、ご配慮願えたら、と思います。私をこのままいい気に建設現場でクリーニング工・養生工を継続案件にしていただけたら、自分の天才の発想で、ゼネコン全体に、建設現場でのコミュニケーション革命というイノベーションを起こすことを提案して実現出来ます。とっかかりのゼネコンは三井住友建設と清水建設ですかねー。って、こうやって見て貰っている事自体、「ああ、なるほどそういう事か」とスマホ見て、ゼネコンさんは解って下さると思いますが。とにかく私は、現場踏む度に「自分の脳みその使い方は普通と違う、天才の脳みそなんだな」と実感しています。凡人は天才を殺します。天才を生かす凡人は、凡人の中でも根回しの達人の「共感の神」なオジサンです。そういうオジサン、昔から春日部に居たけど、ミンナ亡くなってしまいました。だから、私の天才を生かす理解力の超絶高いオジサンがたくさん必要です。日本国すら救います。「凡人が天才を殺す」はベストセラーですが、小説形式なので、本の購入は控えますけど、一応紹介します。


天才を殺す凡人 職場の人間関係に悩む、すべての人へ
https://www.amazon.co.jp/dp/4532322537/

あるいは、この本の元ネタのブログ記事。
凡人が、天才を殺すことがある理由。ーどう社会から「天才」を守るか?
http://yuiga-k.hatenablog.com/entry/2018/02/23/113000

この二つを読めば、天才中島英樹の在り方を理解していただけると思います。20代から、本当に何回も凡人に殺されては、仕事を変え、生き方を変え、とやってきましたが、もう日本国の命運がかかっているから凡人に殺されている訳にはいきません。ゼネコンの皆様、理解と協力をお願いします。最後に、2月の現場、三井、清水建設、鹿島建設、協力会社の皆様、お世話になりました。竣工までお付き合いしたかったのですが、凡人に殺され、排斥されてしまったので、もう室町に戻ることはございません。三井を通じて、実際に、ワビを入れさせていただきます。本当にありがとうございました。2019/03/03

【nemlog】
姉崎あきかさんの著作でネムログと言うコミュニティを知りまして、私は2月下旬にここに「日本はこうしたらいい」と言うテーマで、隔週ペースで記事を投稿することに決めました。nemと言う仮想通貨を気に入った記事には投げ銭出来るのが面白いです。noteよりもプラットフォームは新しいと思います。

nemlog(ネムログ)
https://nemlog.nem.social/

【カクヨム】
名刺渡して、「私の小説はカクヨムで90パーセント読めます」という事で、私のカクヨムのアドレスのトップディレクトリを紹介します。女子高生モノあり、女子大生+プラモモノあり、ヒューマンドラマあり、甘酸っぱい青春バイク恋愛ものありです。50歳で女子高生ものはもうあんまり書く気が起きませんが、「清和高校美術部物語」はなんとか6話完結に持っていって、電子書籍で出版したいモノです。と言うワケで、リンクです。↓

https://kakuyomu.jp/users/blueirisr8

「水海道、紙ヒコーキ飛んだ」
https://kakuyomu.jp/works/1177354054887664793
この作品の続きはもうプロットは出来ていて、第二部は「水海道、そして卒業、きっと言える」で、5月頃までには2万文字でカクヨムに上げたいです。全4部作です。期待して下さい。

茨城県常総市水海道の高校に通う、3年生の平光報子と三ノ輪和子。秋には進路が決まり、残りの高校生活を淡々と過ごしていた。いつものように鬼怒川の土手上で報子は油絵を、和子は声楽を楽しんでいた。そこへ見知らぬバイクの男がやってきて…。何の不安も無く、進路を進む二人と、早くに人生に擱坐した先輩との対話と心の旅立ちを描く、短篇小説です。作、中島英樹(ブルーアイリス)。

私とお会いして名刺交換された方へ、補足情報として、URL貼ります。
カクヨムの私のページ 中島英樹(ブルーアイリス)
https://kakuyomu.jp/users/blueirisr8

Yahooブログ終了という事なので、ブログはもう更新しません。データ吸い出して、PCに保存したら、ブログは閉鎖します。意見は活発なギャラリーの多いネムログに移行します。

【ブループライド】

当社ブルーアイリスでは、「ブルー品質、ブループライド」として、その製品と創作物、仕事ぶりに自己存在を賭けて高品質を具現化して行きます。

【ブルーアイリス社歌及び、今の日本人全員に歌って欲しい歌】
二宮金次郎(尋常小学唱歌)

https://www.youtube.com/watch?v=3iJ92GsxWgk

【お友達リンク♪】

ノーリスク・ハイリターンの投資は読書 姉崎あきかさん
http://poonyoponyo.seesaa.net/
姉崎さんは同人誌「ニッケルイエロー」で結構、小説書いてくれた人です。プロの金融系ライターさんです。時間の使い方を変えて、なにかするそうです。ライトノベルでいいの教えて貰いました。買おうっと。

【ブルーアイリス無料配布コンテンツ】

●プラモのモモちゃん模型講座1話~25話PDF版 ダウンロード
http://blueiris.jp/download/momomokeidiary.pdf
2014年から描きためた、「プラモのモモちゃん模型日記」のモモちゃんプラモデル編の区切りとして、まとめて発行します。下手くそなマンガがだんだんこなれて創作されていくプロセスが見られます。私はプラモですは戦車と飛行機は卒業しました。バイクプラモか鉄道模型です、これからは。

【今月の買いMONO】
十万石まんじゅうプラス十万石ねぎみそ煎餅
http://www.jumangoku.co.jp/

ヤマダ電機で、新しく買う炊飯器のいいやつ調べた後に、ふと思いついたので、十万石で翔んで埼玉のコラボまんじゅうを買ってみようと言う事になりました。店内を見ると、色々饅頭だけでなく、和菓子とか煎餅とか美味しそうなのが一杯だったけど、とりあえずねぎみそ煎餅買って、で安く上げました。まんじゅうは普通の味かな、ただ話題作りにはなるかなと言う感じ。ねぎみそ煎餅は美味しかったです。2019/03/27

翔んで埼玉のコラボ十万石まんじゅう。プラスねぎみそ煎餅。深谷ネギ使用、美味しかった。
中身。普通のこしあんのまんじゅう。

【今月のコンテンツ】

月がきれい
https://tsukigakirei.jp/

埼玉県が舞台のアニメという事で、「月がきれい」って夏目漱石だろ、と言う事で、dアニメストアで最初に見たかったアニメ。中学三年生の初恋の芽生えと成長と、高校進学で離ればなれになる、特に女子の不安定な涙が、自分の心をかなり刺激する。このアニメ見ながら、「自分の中学時代の異性ってどんなものだったけかな」と思う。自分が中学生の頃は、マンガ・アニメ・ゲーム100パーセントで女子は眼中になかった。俺の鈍さにいらだった女子のいらだちをぶつけられては、「女の子ってこわいね」くらいで高校に進路の事などよく考えずに、絶対確実に受かる、県立高校で、すさまじいランク落としで、進学して、あとは油絵三昧でした。上記の画像でハッピーエンドなんだけど、良かったね、って感じ。そういう切ない恋は置いておいて、パソコンに夢中・インターネットに夢中で50歳越えました(^_^;。頑張ります。一日経って、このアニメに思う事は、終盤が、なんか整合性がなく、まぁ予定調和的ではないのだけれど、最終回の記憶が、なんか後味が悪いのだ。スッキリしない、ドラマの終わりなのは、太宰治の引用が最後にあるからだ。このアニメを見て、太宰治は金輪際読まない、時間の無駄、言葉遊びだ、と強く思った。2019/03/20

【今月の関東小旅行記その1・茨城県つくば市・筑波実験植物園・つくばエキスポセンター】

先月、常総市で「青いキク」の展示がつくば市の筑波実験植物園で開催される、と言うので、行ってきました。春日部市からまぁ東武アーバンパークラインで流山おおたかの森でつくばエクスプレスに乗り換えて、で計1時間くらい。東京行くのとあんまり変わりませんが、筑波山が間近に見られるし、つくば駅前から筑波山行きのバスが出ているので、今度久しぶりに筑波山行って見ようかな、と思っています。筑波実験植物園は初めて行きましたが、水戸の植物園ほど花がないのであんまり楽しめませんでした。つくばエキスポセンターは筑波科学万博の跡地なんですかね、34年ぶりですね。1985年、埼玉県立庄和高の2年生だったかの私は、学校で行く、と言う事で庄和町から観光バスで行きましたね。当時、なんでもオタク気質で、多感で耳年増な私はフランス館のミニテルの実演で、気も狂わんばかりにミニテルイジって、「すげー、パソコンでフランスの情報が見られる」と、パソコンでの通信の可能性に目が開いたのは、この時から。それから10年苦労して、やっと自宅でインターネットに繋げたのは1995年、と言う。科学万博の思い出は、それと、立体映像見たいなヤツとアメリカ館と、ブルーハワイのドリンク飲んだなぁ。ハワイの味だぜ、とかって気取りでのんだ。一緒に行動していた、バカの杉本ってヤツとかが、帰る時にはぐれて、そのまま置き去りで、学年主任の先生とバスと関東鉄道で帰ってきたと言う、それも青春時代の思いです。

つくば駅周辺。つくば駅って地下にあるので、駅という構造物がないので、スッキリ駅前は開発されています。自分の実感としては、浦和・大宮の密度を半分くらいに下げた感じ。もっとも周辺の国の研究機関とかはスゴイものがありますけど、1985年の認識しかなかった私には、外国に行ったようなモノでした。
細かすぎて見えないけど、かなり、研究機関が集まってます。
筑波実験植物園の入り口なんですけど、水戸の植物園みたいにおとなしい建物。中は、正直、花が少ないので、林の中散歩してるようでした。
これが青いキク。でも、まだ遺伝子交配で、出来た一代限りの花。まだ栽培とか、商品にはならない、かなり先の話になりそうですね。
青い花が好きなので、こういうの見ると嬉しいですね。
外の花の鉢。花の名前は思い出せない。品のいいきれいな花でした。
熱帯雨林の部屋(笑´∀`)暑かった。
つくばエキスポセンターの外観。ここのプラネタリウムは世界最大なんだって。東京スカイツリーの天空に行くより空いてそうだったんで星空を見に来たようなモノです。星丸が懐かしすぎる。1985年のキャラクターだよ。泣けるよね。そんな私も今年51歳になるという。
1985年当時に行った時は、プラネタリウムは見なかったなぁ。見るのもありすぎて、時間が無かった、混んでたしなぁ。
これは見たような記憶があるけど、時代を感じさせる。スチールでしょ。材質が。今はカーボンとかじゃないかなぁロボットって
ニューメディアですよ。ハイビジョンなんて、この当時、本当に実験の世界だったろうから、今ならこのカメラの10分の一の大きさの4倍の解像度の4kカメラが、アマゾンで5万円で買える。自分も買います。
当時は、無かったけど、1985年からの蓄積で飾られているHーⅡロケット。JAXAも見学出来るのかな。出来る様なら行きたい。やっぱ、科学する心がないと、少年・少女や俺みたいな青年は。
なんとなくガリレオの望遠鏡。発明者じゃなく改善者だったんだって、ガリレオって。

以上の様に、最近仕事が忙しいので、一日の訪問時間短めなんで、今度、須田帆布とかJAXAやプラネタリウムでも星空解説のある平日に、ゆっくり訪れようと思います。ちびっ子達が湧いてて、落ち着かなかったし。2019/03/10

【今日見た気になるニュースとオピニオン】

「天皇制いらない」「象徴なんて頼んでねーし」… ツイッターに投稿された反天皇デモの画像に反響
https://snjpn.net/archives/101968

スマホの画像だと小さくて読めない文字が読める。皇族解放と書いてあるから、それは私も同意

スマートフォンのグーグルって、パッと読みたい最新の記事をトピックスとして知らせてくれるから、クロームより重要に使っている。今日、この記事を見て、色々考えた。写真を見ると、「皇族解放」とか「差別の象徴」とか、それは自分も同じ考えだけれども、この反天連の指導をしているのは、どこかなぁと思う。共産党?昔の極左の残りカス?良く見えてこない。国体を護持することで給料貰っている公安はもう情報を押さえているのだろう。ただ、若者からこういう声が出てくるのは、当然のことだよなぁと思うし、渋谷の道玄坂で、目的も無く漂って居る若者なんかには、天皇家なんて全く興味ないか、ちょっと調べれば、部落差別の原因が天皇を傘に着た権力構造なのだから、この運動もあながち間違いでは無いように思う。戦前、天皇の行幸に汽車を使ったとき、それはお召し列車というけれども、ある村落、昔は部落と呼称したが、差し掛かる時に事前に白い布で覆って、天皇の目に入らないようにした、とか理不尽な部落差別の歴史を垣間見る事が出来る。天皇・皇族の意思では無い、皇族を神輿として担いでいる、そういう権力の中のみえにくい連中が、天皇家を窒息させている。平将門公の歴史を調べても、1000年も前から、そうなんである。春日部のとなり、岩井と言う地は桓武平氏ゆかりの地である。なぜ桓武なのかというと、桓武天皇の孫が臣籍降下して、板東の岩井など、この辺に農民として居着き、板東(関東)と言う日本のフロンティア(1000年前も江戸時代もそう、フロンティア)で、民衆と共に、農業開拓をやっていた時代でも、朝廷という権力構造の中の国事が圧政をしいて、庶民を圧迫して、立ち向かった平将門公も、新皇を名乗るも武運尽きて、首級は京に晒されるのも、朝廷という天皇を傘に着た権力構造の中の連中だし。朝廷を目の上のたんこぶとして、やむなく征夷大将軍の称号を得て、江戸を建てたのは徳川家康だけれども、キット平将門公の本当の功績をしって、神田明神を建てて、将門公を江戸の守護神としたのは江戸幕府。関ヶ原の戦いで敗れて、長州と薩摩に逃げ帰った、長州藩と薩摩藩は300年間江戸幕府を恨み、明治維新の時、に京都の天皇を担いで、官軍とやはり天皇家を傘に着た勢力が、明治政府となり、立憲君主制という西洋の様式にならって、明治天皇を京都から、江戸に担いで、国家神道で国を統合したけれども、薩摩・長州と言うクソ田舎の人間達が、江戸を支配したのだから、イヤになるよね。板東人としてはさ。この反天連を、敵対視するのは、明治・大正・昭和の国家神道・立憲君主制の名残を保持している連中である。保持して居ることで給料を貰っているのは、宮内庁職員・皇宮警察・自民党の議員・自衛隊の一部・各警察(東京が権力構造の影響が強い)また、地方出身者で構成されている東京のマスコミ、この辺の組織の人達は、どういう動機で天皇家と言う神輿を担いでいるか、と言うと、「先輩にそう教わって給料貰ってます」とか「親とか祖父が、薩摩・長州の出で東京に出て来ているからです」とか「親が皇宮警察だったので、息子も同じで」とか、明治維新150年、そうたかだか150年の名残で天皇家を神輿として担いで居るに過ぎない。1000年前に遡って見ると、板東は、垢の抜けない田舎者達のフロンティアだったのに。当時の朝廷から見ると、板東は巨大な被差別部落で、搾取の対象だったに違いない。なんて事を考えて、ついでに考えたというか、二重橋前の現場に派遣されて、天皇さんのお住まいを高い所から拝見したことなどから考えると、小室問題は、「眞子さん、小室っちあきらめて、茨城県常総市とか、板東市の嫁さんの来てが無いので探している、農業の若者と結婚してみては?」と1000年前の桓武平氏のゆかりの地で臣籍降下して、まぁ女性宮家にしてもいいけど、そうしたら?」と天皇家の天才執事としては提案したい。眞子さんも佳子さんも、こう思っているに違いない。「もう、血統だけが自慢の室内犬のチワワじゃいや、中島さんの様に野良犬だとお腹減るのいやなんだけど、せめて紐付きでも、街を歩いたり野山を駆け巡ってみたいの」とか思っているんでしょ。こうして執事としては、皇族の意を汲んで言葉にするだけだけど、宮内庁は絶対反対するだろうけど、皇族はWordpressでホームページをもって、思った事は全て、WEBで「お言葉」と「イメージ」を日本国民に直接伝える時代である。宮内庁と言う、足かせは飛び越える事が、平成天皇さんの若い頃の悲願だった、「職業天皇制」への第一歩である。5月に東京のNHKとフジテレビが、目を潤ませて、即位の礼の喧伝をしているけれど、私は、「あんまり興味が無い」という事で、平将門公の慰霊と、感謝に茨城県坂東市岩井を訪れ、九重の桜の前で、天皇家に挨拶をし、自分の仕事としての小説書きをやったり、嫁さんを探しにうろうろしているでしょう。天皇家・天皇制に関しては、「天皇家はこうしたらいい」という本を書きますので、よろしくお願いします。刊行時期未定になりました。今年刊行できればいいなぁ。2019/03/07

【今月の東京の出版社に対するイヤミ(不定期掲載)】

こんにちは。2019/03/05はクリーニング・養生工の仕事は護国寺でした。地図で見て、「うーん、生まれて初めて降り立つ駅だな」と思いました。護国寺っていうと、ぼんやり講談社だっけかな?とかすかに思い出されるくらい、自分には東京の中でも印象の薄い街ではありました。駅から地上に出ると、もういきなり講談社の大きなビルがそびえ立ち、「なるほど、これが講談社か」と思いました。敷地前を歩いて通ると、「西尾維新!」とか「弊社刊行物」とか、講談社の製品が喧伝されておりました。なにか記事に出来るかな、とスマホで製品の飾ってあるガラス棚を写真に撮って、現場へ向かいました。仕事しながら考えたのは、取った写真に写っている、各種紙の雑誌・単行本でした。それをフラッシュバックさせてふと思いついた言葉は「地球に優しくない会社」という一文でした。地球にかなり優しく無いと思う。埼玉県春日部市の旧庄和町エリアには、売れ残った紙の雑誌を処理する、産廃ヤードというか、施設がありまして、そこにバイトの面接に行ったことがあります。その時、膨大な量の返本の雑誌が積んでありまして、「これ全部、廃棄処分なの?」と思ったものです。また、市ヶ谷の大日本印刷で30年前、雑誌の製本や、荷役のバイトをしていた記憶で、紙の雑誌の製造工程を学んだ経験から、今の持続可能な社会、地球環境などの事を考えると、紙の出版物というのは、地球に優しくない製品であるほうが多いのです。講談社も、「購入されたら、その人が墓場に入るまで本棚にしまえて貰えるような、知的価値の高い本ばかりを出版して貰いたい」と思います。

この棚を見て、「地球に優しくない会社」としか思い浮かばなかった私の感性です。講談社、一流出版社のブランド、と言う先入観は申すでに私の中にないのです。
こんな風に芥川賞と直木賞の受賞の垂れ幕下がってましたが、「高校の部活の地区大会進出おめでとう」ぐらいの価値しか、私にはない、つまりどうでもイイ感じなのが私の感性です。

上記の芥川賞と直木賞の垂れ幕見て、今、こうして写真で振り返ると、東京の、東京のと言う事は日本の出版・文芸ヒエラルキーの全体を鳥瞰してる、私の脳みそに気がつきます。芥川賞を目指して、田舎から出て来て、東京で自殺した若者の情報とかをこの10年で取得している身として、考える事は、それは、「カムイ伝の世界だなぁ」と思います。講談社、これはお城で、士農工商エタヒニンと言う身分階級があって、と言う、そういう、底辺を5ちゃんねるを見ると、「うーん、カムイ伝の世界だ、やっぱり」と思うのです。さしずめ講談社藩は、江戸幕府末期の会津藩くらいなものなんでしょうか。自分は、昨日・今日は抜け忍カムイの心境ですが、一昨日は、勝海舟揺籃の地に立ち、「勝海舟でありたい」とも思いましたけれどね。もう一つ、まだスケジュール的に忙しくて講談社に電話入れていないのですが、のらくろの10巻の数ページをネット掲載の許可を申請するつもりです。「のらくろ探検隊」は戦前、日本は朝鮮半島と朝鮮民族を如何にお人好しに、「日本は亜細亜の優等生だから、興亜の為に朝鮮民族を向上させ、協力して大陸に向かおう」という鎖国していた日本国を開いて、満州権益を得た、当時の日本と、「金剛君」という野良犬の同胞を得て、最後は大陸に向かう、そんな挫折も裏切りも知らない日本人達の論調を作ったのが、戦前ののらくろブームであった事を、講談社は過去の汚点として、葬り去ろうとしているのは、慚愧に堪えません。自分が小学生の時には、戦前ののらくろ全巻を上製本で、復刻していたのも、いつの間にか途絶してしまい、今は、サヨク教育を受けて、中華人民共和国に気兼ねしている、そんな大卒ばかりになってしまったんですかね。それじゃいけないと思うので、私はのらくろを掘り起こして、今の日本国に知らしめる事も大切な私の仕事だし、なぜ、こうも、韓国に裏切られるのかも、のらくろ探検隊を読ませれば、日本人全員「なるほど、日本は戦前、こんなに好意的に朝鮮半島に進出したのか」と言う事も説明出来るのですよ。協力お願いしますね、大日本雄辯会講談社さん。昔の名前に戻したらどうです。歴史を忘れないでいただきたい。2019/03/06

【今月の映画】

運び屋
主演 クリント・イーストウッド

全国であんまり目立たないけどロードショー中です。

この映画を何で知ったかと言うと、ユナイテッドシネマ春日部でラブライブ!サンシャイン!!の映画見るときの予告編でした。予告編で、「ダーティハリー」のちょっと若いクリント・イーストウッドの映像が出てきて、「うわー、懐かしい(TT)」と、もうその映像で引き込まれて、ハードなサスペンスを予感させる予告編だったので、「見なくては」と思いました。で、今日(2019/03/17)ユナイテッドシネマ春日部で見ました。第6スクリーンで、小さいスクリーンでした。あんまり客の入り期待していない感じ。(^_^;日曜でも、会場はまばらな感じ。そりゃ、そうだクリント・イーストウッドで見たい若い人なんて居ないモノな。最近のクリント・イーストウッドの作品は監督作品で、「硫黄島からの手紙」と「父親たちの星条旗」が最後で、その後はすっかり忘れていた。クリント・イーストウッドで、思い出すのは、もちろん「ダーティーハリー」4作と、忘れられないのが、「最初の女セールスマン」で無名の将校役で出ていて、それで、「おおー、クリント・イーストウッドだ」ってテレビ東京の昼の映画で見たモノです。映画のストーリーは、さすがに88歳にダーティーハリーの様なガンアクションが出来る訳でも無く、退役軍人で、家庭を顧みないでデイリリーを育てる事しか眼中にない、ジョークの好きな老人が、麻薬犯罪に巻き込まれていく映画。サスペンスタッチでもなく、途中で、アメリカ麻薬取り締まり局の麻薬捜査官が出てくる事で、シビアなドラマ展開が予想されていく感じ。ガンアクションでもなく、カーアクションでもない。ヒッチコックの裏窓の様な庶民感覚の視点ですが、サスペンスでもなく、家族愛を描いたヒューマンドラマで良かった様に思います。主人公が花に生涯を捧げ、娘の名前はアイリスで、結末は、「そうか、それで良かったよね」という終わりかたなんで、絶望的なエンディングでは無いので、アメリカンヒューマンドラマを見たい方は、どうぞ劇場でご確認下さい。と言う事でした。ちなみにダーティーハリーのブルーレイ、買います。(^_^) 2019/03/17

翔んで埼玉
絶賛公開中、大ヒット

今日(2019/03/06)見ました。かなり評判が良く、クィーンの映画抜いたそうだし、春日部がやたらキープレースになっていると聞いて、「早く見なくちゃなぁ」と思ってました。マンガの原作はコンビニでやたら売ってましたが、魔夜峰央は感性に合わず、また未完の作品と言う事なので、買いませんでした。映画は、現代パートと伝説パートとあり、現代パートのオチが結構好きだけどな。あとはボーイズラブなんでねぇ(^_^;まぁ埼玉県民としては、かなりクスクス、劇場も爆笑はないんだけど、クスクス笑い声が聞こえる楽しい映画でしたね。最後は春日部の外郭放水路だろうな、地下宮殿と呼ばれる、あの構造物が出て、満足でしたね。2019/03/06

【考え方講座】

私は母親が愚直に信じた宗教団体創価学会の会員ですが、聖教新聞は一面の新聞広告の確認するくらいで全く読まなくなりました。衛星放送も戦後の白黒のイケダセンセーとかの映像で面白くもなんともないので、見に行かなくなりました。去年、志賀直哉の手引きで栃木県真岡市二宮町の二宮尊徳資料館を訪ねたところ、大変素晴らしいものをいくつも見ました。あの田んぼの美しさは、天皇陛下に「日本最高の芸術作品です」と推挙したほどです。資料館でチラシをゲットしまして、二宮尊徳の教え、報徳思想の簡便にまとめたチラシがございますのでご紹介します。

「徳」とは、「価値」とか「Value」に通じるモノがあると思うというか、創価学会の牧口常三郎だって、この二宮尊徳がベースの明治時代に育ったのだから、創価学会の本当の母体は二宮尊徳と報徳思想ではないか、いや、そもそも明治以降の日本人の精神の基礎を作ったのは二宮尊徳なのだ、と言う事で、今後、このサイトも運営していきます。2019/03/03

【今月の買いMONO】

2019年3月2日は渋谷の南平台の現場だったんだけど、道玄坂を降りて、きれいなねーちゃんの多さに、驚きつつ、モアイ像の所でタバコ吸った帰りに、ハチ公前から地下道に入った。角に喫煙具のお店があって、カランダッシュの携帯灰皿5千円とか見て、驚きまぁ5000円だからいつかね、と思いながら店を後にしようとすると、CAMELのポップが音声を発しているので、「え、?キャメルって日本じゃもう売ってないんじゃないの?」って思っておばちゃんに聞いたら、「売っている、ただ、売れないから自動販売機じゃうってないわよ」という事なので、懐かしいから一箱買った。吸ってみた感想は「まずい」「こんなにまずかったっけ?」が感想かな。メンソール吸ってるとなおさら。コンビニでも売ってない、珍しいタバコでした。2019/03/03

【今月の読書】Yahooブログ終了につきまして、ココに書評を載せます。

日本人が知らない 満州国の真実
封印された歴史と日本の貢献
https://www.amazon.co.jp/dp/4594078400/ 

市ヶ谷のDNPの編集教室に通う時は、大体神保町で乗り換えなので、降りて、三省堂書店や書泉グランデを覗く事にしていた。2月だったか、金回りが、まぁまぁだったので、三省堂書店でフェースブックのページの本とか、色々買う予定で物色してたら、平積みでこの本が目にとまった。目にとまった瞬間考えたのは「そういや、石原莞爾の歴史で断片的に満州国というのは知っているが、あの辺の総合的に著述した歴史書って読んでないな」と思ったらどうしても欲しくなり、お金がかなり薄くなるのに買った。思い切って買って良かったと思う。現場に向かう電車の中でざーっと読むと、読んでみると大体一連の流れが頭の中でまとまる。そうか、そういう事だったのか、と思ったら、中国共産党が如何に、日本人を弱体化させるための情報戦をずーっとやってきたのかが浮き彫りになる。この本を読むと、日本人は過去に自信を持っていいようになる。今、中華人民共和国にへつらっている日本人の政治家や売文家などは、日本を内部から壊す国賊といっていいのだろう。もう一つ、意外な事が数行書かれていたのだけれど、ココ・シャネルの半生で、今のシャネルのブランド戦略では、西洋資本の圧力があったり、イメージ操作で、ナチス・ドイツに協力していたことは、出てこない。この本にさらりと、パリでナチスドイツの将校の愛人になり、戦後、フランスで問われて、10年もスイスに亡命していた、と言う記述は新鮮だった。そうか、そうだったのか、ココ・シャネルの本では出てこないのは、その後のデザインブランド戦略で、強固なイメージを作り上げたからなんだなぁと、やっぱり、この本読んで良かったと思う。お勧めです。2019/03/21

印象派という革命
木村泰司 ちくま文庫
https://www.amazon.co.jp/dp/4480435476/

今年の年始くらいから、自作の小説の事を考えて居ると、自分の小説のレッテルを考える事があった。大宮の現場での帰りの電車の中で、「自分とブルーアイリスで扱う文芸のレッテルは『文芸新撰組』とかならいいかな」とかそれで新しいホームページのアイデアはまとめて見た。その後、いや、その前か、都電荒川線を舞台にしたたわいも無いエンタメ作品のプロットを考えているウチに、都電荒川線の印象を聞く、と言うオチで、「印象、そうかモネの『印象、日の出』にならって、『印象、トーキョーサクラトラム』にしよう」なんて、そういう印象派に対する思考の伏線があった。「そういや、印象派の作品って随分見てきたけど、系統だって、印象派の歴史とか意義って勉強してなかったな」と思って、アマゾンで、印象派の作品集や本を吟味して、たどり着いたのが本書である。税込み1000円超える、高い本だけど、その価値はある。巻頭の口絵は、印象派前のフランス古典・アカデミズムなどの旧体制の絵画の世界を紹介し、それを革命したのが印象派、と言う記述だから、対比させることで如何に印象派は革命だったのかが良く理解出来る構成になっている。自分は、古典主義・ロマン主義・写実主義や、王立アカデミー・サロンなどの記述を、現代の日本の出版社・出版文化・文壇・新人賞の権威なんかと置き換える様に読んだ。すると、今の日本の東京が日本に発信している、「小説」のヒエラルキーや権威は末期症状で、印象派・印象主義の到来を待つような、そんな時代と思った。自分は元々美術の出身で、デザイン事務所で「美」の言葉を貰ったので意識して絵画を見てきたけれども、今、油絵の具から一太郎に道具を置き換えて、小説を書く事を面白いと感じて居る。一枚の絵画に物語を込めるのも悪くないが、どうせなら、込める物語をテキストで書いちゃおう、と言うのが私の創作動機であり、「自分が最初に感じたことから湧き出てくる物語を切り取って小説とする」というのは、絵画の印象主義と全く同じである。5ちゃんねるで、「たくさん東京の出版社の出した小説を読んだヤツが、芥川賞を取れる」と信じて、働けるのに精神科医に生活保護を勧められ、税金で無職で暮らしながら、本を買い、ひたすら読み、税金でライブに行って楽しんでいる、小説家志望の生活保護者が居る。これは国に告発しなくてはいけないのだけれど、今は時期尚早かもしれない。まぁとにかく、東京の文壇を頂点とするヒエラルキーの天辺はメディアで見られるし、最底辺は5ちゃんねるの創作文芸板に居る。そのヒエラルキーに関係の無いところで仲間を作って、世の中に、「文芸印象主義・創作印象主義」とレッテルを貼って、活動していきたいと思う。2019/03/10

PC自作の鉄則!2019
WinPC
https://www.amazon.co.jp/dp/4296101587/

はい、Yahooブログが終了なので、オワコンを更新することは萎えるので、こちらに購入して読んだ本を紹介していきます。アマゾンでフラクタルデザインのPCケースを見て、「俺も自作やってみようかな」と思って2016年版を買ったのが3年前なんでしょうかね。勉強しているウチに、「ケースすら桐細工で作ったらインパクトあるんじゃないか」と思って設計したのはいいけど資金難で挫折して、PCのマザーボードやCPUやメモリやSSDは残っていたから、inWINのPCケース買って一台作って、まぁ満足なんですけど、世は移ろい、インテルもcorei9なんて最上位CPU出したんで、「ウチの事務所もアシスタント用にもう一台欲しいよな」って思っていたので、フラクタルデザインのPCケースで、またいいのが出てたので、「これでまた一発作ろう」って思って勉強に買ったのがこの本です。2月に三省堂書店で、「買おうかなー、金あるけど無いけどなぁ」と思って4500円分も本を買ってしまった一冊です。仕事に行く電車の中で、また昼休憩中にじっくり読むと、今まで知らなかった為になる技術情報が一杯書いてある。CPUクーラーの回転方向も、今の自作で回転方向は間違っていなかったのか、とか、インストール時はUEFIモードでインストールするといいのか、とか色々。今はまだ、パーツ買う為に貯金している段階だけど、夏までにはcorei9でバリバリ仕事したいと思う。組み立て前にもう一回精読して、完璧な自作を目指したいと思います。

初めてのWatson改訂版 井上研一
リックテレコム
https://www.amazon.co.jp/dp/4865941282/

この本、最初に知ったのは、去年だか「なんか人工知能って流行るの?押さえとこうかな」って思って一回アマゾンで検索して欲しいモノリストに入れていたのが最初だな。その後、「そんな知的遊戯している余裕はないな」と思ったので、欲しいモノリストから削除して半年くらいかな。先日、コミティアでイラストレーターの人と40人くらいと名刺交換したのだけれど、40人も名刺交換すると、とっかかりの挨拶メールすら送るのが難儀なんで、どうしようかなぁと悩んだ。それとコミティアとか文学フリマの出品者って、人にも拠るけど、名刺にツイッターのアカウントしか載せてない人とか結構いる。まだまだツィッターメインなのね、同人作家って。で、ふと「ああ、人工知能で、チャットボット作って、ホームページに実装したら、対応がAiまかせでラクなんじゃ(^_^;」とかって思って、「では、Aiのチャットボットってフリーのソフトウェアある?」と思って探したら無かった。ので「では自分でプログラミングする、月額料払うヤツは納得いかね、インターフェース的に」と思って、「では、Watosonってどんなものなの?」と、昔の記憶からこの本を呼び出して購入して読みました。そんなに難しい本では無い。丁寧に一つづつ積み上げて読んでいけば理解出来る内容だけど、自分のニーズとは関係無いところは飛ばし読みした。一番関心が高かったのはツィッターボットの作成手順で、これで、コミティアのツィッター名刺も包括してコミュニケーションとれるな」とニヤリとした。ツィッターへの実装はいつにしようかな。4月くらいから?多分出来る。そうしたら、女の子がブルーアイリス中島英樹の秘書・アシスタントとしてツィッター対応をする、と言うこれはエポックメイキング。なんかリツィートボットとか、あくどいのもあるようだけど、そういうのと違って、質問されたら一つだけ返信する、と言う賢いけどしつこくない秘書・アシスタントが出来そうである。今から楽しみである。2019/03/03

CreativeWorth 2019 2月号


【近況と2月のご挨拶】
やほ。2月6日にようやくドコモ光で光回線にして、この文言を書いているのはIPv4ですが、明後日辺りにIPv6で接続するようになります。やっとIPv6です。今Youtube見ると画質がかなり向上しています。また、wifiルータもいいやつ買ったので、おいおい43インチの4kテレビ買って、配信で4kで映像を楽しむと思います。今月は多分、日本橋室町の三井のビルで、クリーニング工・養生工でしょう。ビルの地下に発電所を作ると言う、日本初、スマートシティ第一号という事で、珍しい現場に立ち会う事が出来るのは、面白い事と思います。ゼネコンてすげーや、と晴海の選手村とココ日本橋室町の建物を見て思う事です。1月に告知した、「星野女子大学模型部ですっ!」のBookwalkerで販売の為の電子書籍のオーサリングはスケジュール的には遅れています。休日もどこかへ行かなきゃならかったり、人が訪問してきたり、と休日丸々オーサリング・創作に向かえないんですよね。だから、電子書籍もLilyの発行も急がない事にしています。時間を掛けて、クオリティを上げて市場に出したい、と言う思いです。丁寧にオーサリングしてると、昔のアマゾンKDPに出してたファイルが恥ずかしくなります。「俺、随分知らないで勢いでKDPに上げてたなぁ」と思います。もとよりカクヨムもそうです。ブループライドという事で、気をつけて作業していきたいです。三井住友建設の広告コピーは「施工プロセスが私たちの商品です」とあるので、私も制作プロセスも丁寧に積み上げて、商品としたい、なんて思うのです。2019/02/06

【告知】
2月6日にドコモ光の工事が行われるのですが、YahooBBの解約時期、勘違いして、1月末で終わってしまったので、2月6日まで有線でのネット接続が出来ないので、2月6日まで、本格的なネット更新はしないです。暫定で、スマホのUSBテザリングで、こうして更新していますが、パケット代が馬鹿にならないdocomoのスマホなので、手短に。2月末頃、ネムログに参加します。それでですね、私の父方の従姉妹が、清水建設の重役の息子さんと結婚していて、一応、清水建設にはコネというか血縁関係の関係というかなんというかありまして、その清水建設の重役の人と結婚式の親族面会で会ったのが平成7年くらいの話しで、赤坂の高級ホテルで、何百人て参加者の居る結婚式にオヤジと一緒に行きまして、調子に乗って赤ワイン飲みすぎて、ホテルでゲロ吐いたと言うイタイ思い出が清水建設にはあります。父方の親戚って、もう名前がオヤジの兄貴の名前しか思い出せないほど付き合いがないのですが、たしか従姉妹と結婚した人の名前は○○英機さんと言ったと思います。私?私は中島英樹で、一字違いだねーなんて会話だけかろうじて思い出されます。もう24年も昔の話しです。従姉妹夫妻は確か埼玉に住んでいる様でしたが、清水建設でもエリートコースなんでしょうかね。エライ人なんでしょうか。まったく把握してません。そんな感じっすよ。2019/02/01

【nemlog】
姉崎あきかさんの著作でネムログと言うコミュニティを知りまして、私は2月下旬にここに「日本はこうしたらいい」と言うテーマで、隔週ペースで記事を投稿することに決めました。nemと言う仮想通貨を気に入った記事には投げ銭出来るのが面白いです。noteよりもプラットフォームは新しいと思います。

nemlog(ネムログ)
https://nemlog.nem.social/

【カクヨム】
名刺渡して、「私の小説はカクヨムで90パーセント読めます」という事で、私のカクヨムのアドレスのトップディレクトリを紹介します。女子高生モノあり、女子大生+プラモモノあり、ヒューマンドラマあり、甘酸っぱい青春バイク恋愛ものありです。50歳で女子高生ものはもうあんまり書く気が起きませんが、「清和高校美術部物語」はなんとか6話完結に持っていって、電子書籍で出版したいモノです。と言うワケで、リンクです。↓

https://kakuyomu.jp/users/blueirisr8

※カクヨムWEB小説コンテストの短編賞に応募しました。
「水海道、紙ヒコーキ飛んだ」
https://kakuyomu.jp/works/1177354054887664793
この作品の続きはもうプロットは出来ていて、第二部は「水海道、そして卒業、きっと言える」で、5月頃までには2万文字でカクヨムに上げたいです。全4部作です。期待して下さい。

茨城県常総市水海道の高校に通う、3年生の平光報子と三ノ輪和子。秋には進路が決まり、残りの高校生活を淡々と過ごしていた。いつものように鬼怒川の土手上で報子は油絵を、和子は声楽を楽しんでいた。そこへ見知らぬバイクの男がやってきて…。何の不安も無く、進路を進む二人と、早くに人生に擱坐した先輩との対話と心の旅立ちを描く、短篇小説です。作、中島英樹(ブルーアイリス)。

私とお会いして名刺交換された方へ、補足情報として、URL貼ります。
カクヨムの私のページ 中島英樹(ブルーアイリス)
https://kakuyomu.jp/users/blueirisr8
最近フォトエッセイを書き始めたブログ「Blueiris 消息」
https://blogs.yahoo.co.jp/blueirisr8
私の脳みその中身を理解されたい方はこのホームページとブログを大体読んで貰えると、大体全て書いてあって、理解が進むとおもいます。もう全世界に自分の脳みそ公開します、みたいな覚悟でしょうか。

【ブループライド】


当社ブルーアイリスでは、「ブルー品質、ブループライド」として、その製品と創作物、仕事ぶりに自己存在を賭けて高品質を具現化して行きます。

【ブルーアイリス社歌及び、今の日本人全員に歌って欲しい歌】
二宮金次郎(尋常小学唱歌)

https://www.youtube.com/watch?v=3iJ92GsxWgk

今日(2019/02/11)色々忙しく、また学んだけど、更新している暇無く、明日現場なんで更新は14日頃になります。基本、二宮金次郎を手本としたいと思います。また、日本人はこの歌でDNAを戦前に戻して欲しいです、と言う事で表現します。よろしくです。

【お友達リンク♪】

ノーリスク・ハイリターンの投資は読書 姉崎あきかさん
http://poonyoponyo.seesaa.net/
姉崎さんは同人誌「ニッケルイエロー」で結構、小説書いてくれた人です。プロの金融系ライターさんです。ここ一年くらいはネムログで活躍されていましたが、考え方を変えて、しばらくネムログはおやすみするそうです。お疲れです。

【ブルーアイリス無料配布コンテンツ】

●プラモのモモちゃん模型講座1話~25話PDF版 ダウンロード
http://blueiris.jp/download/momomokeidiary.pdf
2014年から描きためた、「プラモのモモちゃん模型日記」のモモちゃんプラモデル編の区切りとして、まとめて発行します。下手くそなマンガがだんだんこなれて創作されていくプロセスが見られます。私はプラモですは戦車と飛行機は卒業しました。バイクプラモか鉄道模型です、これからは。

【音楽情報】

ぴゅあいろの音楽室3 
2019年2月24日日曜日 開場17時30分 開始19時~21時30分
出演 岩田純香 あんなとしんちゃん ソラマメです アトラモト
会場 音楽居酒屋「ちゃぶ音」 千葉県柏市旭町3-3-15 ユーハッチビル1F
https://chabune926.gorp.jp/

開催終了

【ライブで見つけた面白い二人組アーティスト】
ソラマメです

https://soramamedesu.net/

今回、ぴゅあいろの音楽室3見たのだけれど、開演前にオレンジジュースとタバコでまったりしてたら、ソラマメですの人がチラシを渡してきたので、私は名刺を渡して、今後春日部でのスナックてこ入れに流しやってくれないかの打診をちょっとして、ライブを見て聞いたけど、異常に面白いんだよな。なんか笑える演出一杯でコミックバンドなのかというとセンチメンタルに振れたりして、楽しい。帰りの電車でチラシの情報をスマホで見ると、このスマホ用のWEBデザインの骨格は、スマホ用のサイトのデザイン原案に悩んでいた私にはいい参考作品でした。と言うワケで、貰ったチラシを紹介します。

FMのラジオにも出てる人達なんですねー。面白かった。
ライブ開場でも売ってたけど、それすらネタに楽曲する根性が面白かった。

【インターネットラジオ情報】
「星が舞う音」じゅんじゅん 毎週金曜日17時半より東日本チャンネルで配信
https://www.yumenotane.jp/

©ゆめのたね ©岩田純香 ロゴデザイン 中島英樹(ブルーアイリス)

柏の葉のUDCK内柏の場で名刺交換した岩田純香さんガパーソナリティを務める、インターネットラジオ番組「星が舞う音」です。私も春の終わり頃、このラジオ番組にゲストとして出演すると思います。まずは録音の現場見学というのが約束です。

【今月のマンガ】
キャッツ♥アイ 北条司 集英社文庫 一巻
https://www.amazon.co.jp/dp/4086171511/

万感の思いで、秋葉原の書泉ブックタワーでゲット♥。

先日劇場版シティーハンター見て、「いやーシティーハンター面白いわ、マンガで読み直そうかな」と思って、文庫版が18巻出てるし、全て揃えてしまおうと思い、「いや、それならキャッツ♥アイの方からだろう」と思い、今日、らん展2019の途中で秋葉原の書泉ブックタワーでゲットしました。で、今wikiで調べると、発表時期が1981年から1984年なんだよな。最終話の俊夫が空港で飛行機越しで、瞳を捕まえる宣言してのラストシーンしか思い出せない。1981年から1984年って自分何してたか、と言うと、昭和56年から昭和59年ですので、丁度中学時代ですな。この頃の自分は中学2年の時、2年4組とかで、週刊マンガ雑誌をシェアして、ほとんどの週刊マンガ雑誌読んでたから、当然ジャンプも読んでたけど、キャッツ♥アイは印象が薄かった。サンデーのうる星やつらとか、スピリッツのめぞん一刻で高橋留美子と、押井守のアニメに収斂していったから、ジャンプの北条作品は手薄で印象が弱かった。キャッツ♥アイのアニメ版もあんまり記憶にない。ただ杏里の「キャッツ・アイ」の主題歌は思い切りヒットしたから、思い出す。劇場版シティーハンターで三姉妹が出て来て、現代アレンジのキャッツ・アイが流れた日には、腰が抜けるほど懐かしかった。ので、お金ができ次第、書泉ブックタワーで全10巻を買いそろえて、文庫本専用本棚に並べて、青春の一ページを懐かしむ、そんな50歳でございます。帰りの電車で一巻を読んだけど、アクションラブコメで、萌えるんだ。冴羽僚の原型のねずみとか出て来て、こう今に繋がる原型とか、瞳もきれいだなぁと思うんだよな。とにかくお金浮かせて、すぐにでも全部読みたいほど一巻は面白かった。生きる楽しみがまた一つ手に入った。あー人生楽しい。2019/02/18

【今月のイベント・東京編】
世界らん展2019―花と緑の祭典―
https://www.tokyo-dome.co.jp/orchid/

最初にらん展に行ったのって、母親の付き添いで行ったんだよね。もう1997年頃の話しだから20年も昔の話しになるのか。去年までは、資生堂がオリジナルプロダクト作って販売していたけど、今年から撤退した。1997年から、しばらく毎年母親と通って、資生堂のスペシャルフレグランスをコレクションしていた。今でもその香水をつけて、オシャレして出かけている。もう新しい香りが手に入らないのは残念だ。今回、目標にしたのは、水戸で見たパフィオペディルムと言う品種の白い凜とした花成の苗などは見聞できないか、と行ったけど、似たようなのはあるけど、水戸徳川家のらんの様に気高い図抜けた品格のらんは見当たらなかった。それが残念。ただ、去年の暮れに思い立って、庭の手入れをして、かなりの花の球根を植えたりと、花の育成が趣味になりつつあるので、らんもパフィオペディルム乃至、水戸で水戸徳川家のらんを株分けして貰って、あの品の良い白いらんを自宅で育てて眺めたい、そういう野心はありますな。ただ今はちょっと金銭的にも、時間とか生活のゆとりないので、らんの手入れまで気が回らない様な気がしたので、今回色々ならんの農家が販売してたけど、見るだけで、帰ってきた。らんって難しそうでない?わかんないなぁ調べて見るか。2019/02/18

これが日本大賞のらん。人だかりで一杯。
こっちが、本当は大賞じゃねーか、と言う声も上がった、かなり品格と絢爛な一鉢でした

【今月の学習・講演傍聴・リポート】
常総市・筑波大学連携シンポジウム2019
常総市でSociety5.0を実現する

と、言う訳で2月11日の雪の日に電車乗り継いで水海道に行き、肉祭で焼きそば食べた後、常総市生涯学習センターで、常総市と筑波大学による、講演とパネルディスカッションを見に行きました。サッカーには全く興味が無いので、鹿島アントラーズのCROで筑波大学の大学院に通っている中田浩二さんも全然知らないから、「誰?それ」って感じなんだけど、水海道のサッカー小僧達は憧れらしい。中田さんのプロフィールだと、高卒なのに、筑波大学の大学院で社会工学で、Jリーガーのセカンドライフの研究をやっているんだって。ふーん、って感じ。高卒でも大学院いけるなら、俺もいけるかな、とかちらっと考えたけど、今更大学で学業するってのは非効率的で、現場・実際に即応出来ないから、意味ないなぁと思ったので、どうでもいいです。

こういうのに行ってきて、中身は非常に刺激のあるモノになりました。忘れられた田舎では無かった。世界的にも注目されている、板東のフロンティアに常総市は位置づけられていた。

●Society5.0(ソサエティ5.0)ってなんですか?

4年ほど前に、クラウドワークス経由で、内閣府から、「Society5.0のシンボリックなイラスト描いてみませんか?」とコンペのお誘いがあったけど、説明聞いてもちんぷんかんぷんで、結局ダメダメな萌え絵を納めて落選して終了だったけど、内閣府から、降りてきて、茨城県常総市と筑波大学で実装をスタートさせようという、やっと抽象的な情報が、実際を伴って、私の目に入ると言う事になった。内閣府の説明は以下の通り。

https://www8.cao.go.jp/cstp/society5_0/index.html

こんな感じで、情報社会の次ぎの時代は、超スマート社会になり、ITや建屋や、都市に隷属すること無く、技術は人間に奉仕する、見かけは江戸時代でも最新のAIやIOTが支える、そういう時代にするんですぅ、と言う内閣府の方針なのだった。これを踏まえて常総市は、自動運転のAIモビリティを日本で初めて実用への導入検証を行うそうで、潰れた自動車学校の教習コースをAIが運転を学ぶ実験コースに転換して、香港の資本が参入したそうな。

総括で、言うと、自分、東京の現場を段階的に拝見して、東京・晴海のオリンピック選手村はSociety4.0で東京1.0で、不動産投資としては、20世紀の投資方法と開発方法なのな。今、居る日本橋の発電プラント付きのビルは、Society4.0で東京1.5で21世紀初期の投資と開発なのな。柏の葉に来ると、Society4.0で東京2.0だけど、まだMaasとかの開発が手探り段階だから、Society5.0への道はまだ遠い。で、常総市に来ると、ここは東京ではなく、江戸とか明治の水海道の名残で、ここで、Society5.0が実現すると、のほんとした旧明治の水運で栄えた街が、Maasなど、あるいはIOTなどで、田舎を保持したまま、日本の社会の最先端に躍り出る、と言う、このダイナミックな「見学」させてもらって、なんだかうれしいね。2019/02/14

こういう、寒い田舎が、人間が主役、IT・IOT・AIは従者として、街を活性化させる、と言う実装が始まりつつあるから、常総市は、これはたま見に行かないといけない街だね。柏の葉は、東京こぼれ組ばかりであんまり面白い人は居ないからね。板東市・常総市・つくば市・つくばみらい市なんてのは面白くなるんじゃないかな。もう地方の人は車で消費を楽しんでいるだろうけどね。

【今月の気になるチラシ・つくば/常総編】

2019年の「常総市×筑波大学 産学連携シンポジウムを傾聴する過程で、3枚ほど、つくば市と筑波大学関連、それと国か、のチラシをゲットしたので紹介します。

青い菊だって。気になるので見に行って写真とりたいです
アートとしてきれいだと思うので、これも青い菊と一緒に、はいけないか。もう2月は予定で一杯だから無理だけど、紹介します。
シンポジウムで最後に総括のスピーチした人だけど、大学入って、教授になって、定年まで、授業か、自作の油絵描いていたなんて、なんてつまんない仕事人生かな、と思う。まぁ人をそだてたんだろうけど、俺は野良犬のごとく荒野歩いて、良かったなと思う。

【今月の外食・埼玉、千葉、茨城、栃木で外食をしよう】

ココス せんげん台店
http://as.chizumaru.com/cocos/detailMap?account=cocos&accmd=0&adr=11&c1=30&bid=ID0300188&pgret=2

はい、忙しくてラブライブ!サンシャイン!!のキャンペーンもかろうじて覚えてて、春日部近辺にある3店のココスのウチ、最後に、せんげん台店に行きました。ゆったり店内で、クリームスパゲティとサラダをいただき、景品のクリアファイル貰って、ココスのキャンペーンチャレンジは終了になりました。

ココスせんげん台店です。というか、いままで大枝店をせんげん台店と思ってました。長年、謎のココスだったんですよね
店内はこんな感じで広々でゆったり。料理も7分で出て来ます。
クリームスープスパゲティとサラダ。これも記念で、イベントですよね~。
景品はマリでしたー。3年生はどれでもイイ感じ。強いて言うなら果南が良かったけどな。

【今月のコンテンツ】
茨城県常総地方「常総市」「つくばみらい市」「取手市」観光案内アプリ 「ふらっと!294」
https://flat294.com/

関東鉄道守谷駅で発見しました。萌え、なんだけど、ここでもこういう感じかな、もうアキバ系ってのは普遍的価値があるようですね。

雪の関東鉄道守谷駅で、発見した、常総地方の観光情報アプリのポップです。サイトもチェックしましたし、ツィッターもフォローしました。でもアプリ入れてないです。何故かと言うと、下手に入れて、アプリ楽しんじゃうと、常総・つくばみらい・取手に行きたくなるからなんですが、今、めちゃくちゃ忙しく、且つ、あんまり旅費が出ないほど会社の設備投資で金が出ているからです。(^_^;あーでもアプリで見るだけ見ておこうか。チャンスはうかがうか。2019/02/12

【日帰り関東旅行記】 
茨城県常総市水海道
常総上等肉祭
https://www.facebook.com/josounikumatsuri/

えーっと、Facebookで常総市の告知見て、丁度、常総市×筑波大学 連携シンポジウムの日だったから、ついでに行っておこうと言うことで7時半にしゅっぱしました。まさかの雪で、シクシクしながら東武アーバンパークラインで流山おおたかの森、つくばエクスプレスで守谷、関東鉄道で水海道と、電車を乗り換え乗り換え旅に出ました。flat294.comの情報をゲットしたのは良かったかな。常総焼きそばは春日部では味わえない、独特な焼きそばで、新鮮でしたね。肉祭、っていうけど、B級グルメ祭というのが本当の所かな。あんまり肉・肉って言われてもすぐ生活習慣病になっちゃう私は、ちょっと引いてしまいますけどね。

雪の水海道駅、取手行きがやってきました。寒いー。
水海道にはこういう明治からの映画館があるという。まさにレガシーです。水の街道の要所でしたそうで、そこが春日部と同じで、イイ感じ。昔の春日部を見ている様な気になれるのが、水海道です。
常総に来たのだから、常総焼きそばをと500円で買い求め。なんか、途中で混ぜるモノ貰った。あんまり大勢に影響無かった。ベビースターラーメンみたいなヤツだった。
春日部に来る、テキ屋の焼きそばとはかなり違った感じ。新鮮でした。
肉というか、B級グルメがズラリと並ぶ。あいにくの雪だし、水海道自体が人口少ないので、「祭」という活気にはちょっと遠いんだけどね。
美味しそう、と言う事で200円でソーセージ食べました。
初めて味わう、ハーブ入りソーセージ。来てみて良かった。新鮮な体験で一杯になります。
会場の市民の広場の近所にある諏訪神社のご神木。エラク立派なケヤキの木なので感動したので、撮りました。

総括すると、水海道というのはじっくり歩いて見ると、江戸から明治、鉄道・車が発達する前の水運の要所としての街並みが、小説世界へのかなりの刺激になるんで、水海道4部作へのモチベーションが高まる、そういう小さな旅でした。今度来る時は、人と出会う事を目標にしたいなぁ。2019/02/11

【今月の映画】

最近っていうか、去年3月に母親が亡くなってから、頭を整理するのに、10ヶ月以上かかり、その間、ゆっくり映画を見るゆとりなんてなかった。ふと気がつけば、待望していた「はいからさんが通る後編」も見逃し、他にもきっと見ておくべき映画が去年から今年にかけてあるだろう、と思う。そんな中で、春日部・大宮のシネコンではあんまりやらない、と言うか日本のシネコンって、アメリカヒューマンドラマのロードショーに消極的で、X-MENとかトランスフォーマーとか、特撮3D命のハデハデな映画しかやらないから、「ハリウッド終わったな」くらいにアメリカ映画に絶望していたんだよな。「なんか、1990年代みたいな、アメリカンヒューマンドラマ無いの?」ってゲオとか探してDVD当たりをつけたくらいだけど、今回飯田橋のギンレイホールという初めて行く名画座で久しぶりにアメリカンヒューマンドラマが見られる、と思って行きました。では各作レビューです。

ライ麦畑で出会ったら
http://raimugi-movie.com/

ギンレイホールで二本立てでやると言うので、サイトみて、どうかなぁと思ったけど、見終わって、「これは佳作、いい映画だ」と思った。拳銃も何も出てこない、監督の実体験を元にした、青春映画。「ライ麦畑でつかまえて」は単行本で持っているんだけど、読む気がしなかったので、本棚にしまってあるのだけれど、この映画みて、「サリンジャーってこういう人だったのか、面白いな、理解する為に読んでみようか」と思った。最後の主人公の総括の感想が、物語の収斂を象徴してて良かった。恋も憧れから、身近な、確かな愛を見つけた主人公、イイ感じでストーリーが進んで、「これだ、こういうアメリカンヒューマンドラマが見たかったんだよ」と満足した作品でした。

500ページの夢の束
http://500page-yume.com/

この映画を知ったのは去年の全日本模型ホビーショーで、何故かチラシが置いてあったから、気になってチラシを収集していたんだよね。スタートレックという事でオタクなテーマだからプラモデルの見本市に置いてあったのか、定かではないけど、大宮のMOVIXでやっていたのは把握してたけど、仕事が安定していなくて、見に行くゆとりなく、ロードショーは終わってしまった。DVDもいつ出るかわかんないし、映画館でやらないかなぁと検索したらギンレイホールでやると言うので、二本立ては体力いるかな、と結構緊張しながら飯田橋に向かった。ギンレイホールという名画座、名画座という事で舐めていたけど、行ってみると、立ち見になるんじゃないかと言うほど満席で、自分が映画館出る頃は、20メートルくらい行列が出来てた。ギンレイホールすげーなぁって思った。で、中身の映画も、自閉症の主人公が、スタートレックの脚本コンクールに郵便が間に合わないので、持ち込みに行くと言う筋書きなんだけど、ロードムービー、そう今日はロードムービーを二本見に行った。最後は、ハッピーエンドの思わせる、控えめな表現だったけど、拳銃のドンパチも無く、まだアメリカには良心があるんだな、と思うような、小粋な作りだった。やっぱり見て良かったように思う。これからも、1990年代の若さに立ち戻って、アメリカンヒューマンドラマの映画をピックアップして見ていきたい。シネコンで扱いが低いから、色々な映画館にいかなきゃいけないかもしれないけど。2019/02/10

劇場版シティーハンター<新宿プライベート・アイズ>
https://cityhunter-movie.com/

以前、ユナイテッドシネマ春日部で予告編を見て、「うぉー面白そー」って思った。「絶対見ないとな」とも思った。本当は、今日(2019/02/09)は、東京の飯田橋のギンレイホールでアメリカヒューマンドラマ二本立てを見るつもりだったんだけど、天気予報で大雪という予報で、前日予定を変更して、まず、この「シティーハンター」から見てみるべ、と思い朝は寝坊してしまったので、11時に出発して、昼の興行を見に行った。見て、感想はと言うと、「やっぱり面白い、これが日本のアニメエンターテインメントだ」と言うのが率直な感想。「キャッツ・アイ」と「シティーハンター」は自分の20代頃のマンガかな。キャッツ・アイはもっと早かったかもしれない。高校生の頃から少年ジャンプは読まなくなったし、「キャッツ・アイ」も「シティーハンター」も断片的にたまに雑誌で読むか、アニメ放送もビデオで撮って、欠かさず見ると言う事もなく、ちょっと距離のあるコンテンツではあったけれど。2005年に新宿歌舞伎町で、シティーハンター的に遊んだけれども、新宿エスパスでパチ打ってたら、隣に座ったアニキがもろ海坊主意識した、スキンヘッドのサングラスで、「俺って冴羽僚?(^_^;」みたいな、そういう無意識に残る、面白いマンガ&アニメだった。2019年現在、連絡手段はスマホになって、新宿駅のあの伝説の掲示板もスマホ処理される所から始まって居るので、「時代だなぁ」と思った。ストーリーは最後まで飽きさせない、昔の「ルパン三世カリオストロの城」を見ている様な、懐かしい筋書きの様にも思えた。これがエンターテインメントだと、久しぶりにハッキリ面白いアニメ映画を見た気がする。途中でキャッツ・アイ三姉妹が出て来て、エンディングはTMネットワークの「GetWild」なんだから、年寄りには泣ける暎がとなった。古い人も新しい人も、100パーセント楽しい日本のアニメ映画を楽しんで欲しいモノだ。2019/02/09

【飯田橋の思い出とギンレイホールの紹介】
飯田橋ギンレイホール
http://www.ginreihall.com/

今回、飯田橋ギンレイホールという、初めて行く名画座だったわけだけど、飯田橋は26歳くらいの時、人生の道に迷って、杉戸の花屋をクビになって、フロムエー見て、アワーズという、新設のデザイン事務所に入ったのが、飯田橋の奥まった所の細いビルだった。そのアワーズと言うデザイン事務所の親会社が、レッカ社という、主に双葉社のファミコンゲームの攻略本の編集で、かなり羽振りのいい、昔の編集プロダクションで、そこにも出入りすることになったんだよな。社長は宇佐美さんという、編集何十年のプロだった。「給料8万円でいいので、働かせて下さい」という事で、入った。本当に8万円でデザイン仕事のとっかかりをつけたかったけど、結局、正式採用にはならずに、フリーランスの図版屋として、しばらく出入りした。あとMacintoshDTPの便利屋としても、だった。飯田橋と神楽坂を行ったり来たりしながら、やっぱりフロムエーを見て、大日本印刷榎町工場で週払いの製本補助のアルバイトがあったので、そこで頭下げて、製本のノセやらせて貰った。ここで、製本の達人の松尾さんとか、あの辺の榎町の製本関連の世界にしばらく居ることになった。その後紆余曲折あったのが平成7年で、阪神淡路大震災と地下鉄サリン事件とwindows95が発売になった、自分の人生でもハイライトな一年だった。その後春日部の印刷屋に拾われて、しばらく羽振りが良かったわけだけど、今回飯田橋に久しぶりに立って、懐かしいけど、結構、スッキリした駅前になったかな?と思った。自分が飯田橋に通ってた頃は、まだ駅前は小さい建物もあったし、小規模な本屋とかパチンコ屋なんかあったけど、覚えていた本屋はブックオフになっていた。バンフーメディアステーションなんて、データ出力屋もどこかへ行ってしまった。大分変わったけど、ベッカーズが相変わらず駅前にあり、歩道橋も健在、そこから見る景色は概ね22年前とあんまり変わらなかった。ギンレイホールはいい名画座だと思う。集客というか、映画見たい人ってこんなにいるんだ、ってくらい行列が出来てて、熱気があるんだよな。いい場所に行ったと思う。また作品、そうだな「菊とギロチン」なんかは見てもいいんじゃないかと思っている。東京の真ん中にでるのはかったるいけどね。2019/02/10

この歩道橋から見る景色は22年ぶりだよね。この右手奥にレッカ社とアワーズがあった。いまカンゼンと言う出版社になったけど、サッカーのコンテンツ主体だそうで、私はあんまり関係無いけど社長の宇佐美さん、まだ社長やってるよ(^_^;。もう80歳ちかいんじゃね?ごくろーさまです。
昔、このベッカーズで朝メシ食べてた。あるいは、奥まった所の吉野屋で納豆定食(^_^)。青春時代の思い出です。
こう目立たない名画座なんだけど、集客力はスゴイです。自分が映画館出る頃には、20メートルくらい行列が出来てて、下手すりゃ立ち見ですよ。
こんな感じで小さく、スケジュール配ってくれるからうれしい。

もう一つ、ギンレイホールでゲットしたチラシで、キネマ旬報シアターの上映スケジュールを取得したのだけれど、「キネマ旬報シアターなんてあるの?雑誌は高校生の頃以来読んだことないけど……」って思ったけど、千葉県柏市にあるのね。今度行って見ようと、情報は押さえておくのでした。

キネマ旬報シアター
http://www.kinenote.com/main/kinejun_theater/home/

こんど、引っかかる映画があったら行ってみます。柏市というのがいいです。

【アート情報】

東洋美術学校 第70回卒業制作展
https://www.to-bi.ac.jp/

東洋美術学校というのは、私が卒業した専門学校です。私は当時、夜間グラフィックデザイン科つーのに、かろうじて通う事になりました。家にお金が無くて、前期分は出してもらいましたが、後期分は市ヶ谷の大日本印刷市ヶ谷工場で日払い12時間6千5百円で働いてそれでも足りなくて、飯田橋の東京出版販売で一ヶ月の短期のトリプルで働いて、なんとか後期分払って1年制で卒業しましたね。一応首席で卒業しました。学んでいるウチに弟が亡くなり、とってもツライ一年でしたね。今はあんまり思い出しませんが、20代は、「あれだけ苦しい思いをして、デザイン学んだんだから、デザインを生かす様に、生きていきたい」なんて思ってましたが、IT時代になって、自分が学んだ直近のデザイン技術なんてのはゴミ箱行きになりました。でも、東洋美術学校や、その後大日本印刷市ヶ谷工場を経て、角川のお抱えデザイン事務所で、実地で学んだことって、結構自分の中に生きてますね。デザイン、って言ったって、デザインって言ってる内はデザイン出来ないですね。今日、後輩の皆さんの作品見たけど、まだスタート地点に立っただけですね。これから、就職して、35歳くらいで詰まるまで、ひたすら、この学校を起点に頑張って行くんでしょうね。残念ながら、ブルーアイリスでお付き合いしたい作品はあんまり無かったかな。ボチボチ見るべきものもあったけど、社会に出て実地で、貫き通せるかどうかですね。それでも机に向かいっぱなしだと、35歳メドに管理職になるか、それでもアーティストっぽくフリーなり会社内部で立てるかどうかですね。自分の関係に、東洋美術学校の4年制出たのが二人居ますが、一人は幸手で、写植屋のせがれからいきなりフリーのデザイナーを埼玉県東部でやると言う無謀さで、それでも素晴らしいカノジョが出来て、今行方不明です。音信不通です。どうなったかな。もう一人は庄和高校の美術部で一緒だった人で、時計メーカーで工業デザイナーやってますが、管理職にはなりたくないようで、職人でありたい様ですが、今は連絡とってないです。家にパソコンは持ち込まない主義だそうで、プライベートのメールアドレスも持ってないので、関われないです。どうしても言いたいときは、ハガキとか手紙で郵送するしかないです。サリンジャーの様な人になってしまいました。また会ってみようかな。2019/02/10

ハッキリ言って、東京芸大の卒展見るより面白いし、新しいです。芸大は死んでます。全てが。
今日は国立西洋美術館は休館だった。このル・コルビュジェ展で忙しいんだろう。期待します。
あんまり趣味じゃないんだけど、一応みてみるか、障害者手帳でタダだしな、と言う事
かなり早いんだけど、9月のコートールド美術館展のチラシ、マネのこの女性像がいいので、紹介します。覚えておこう。

【日帰り関東旅行】

【今月見た映画】

【今月の気になるチラシ】