現在の心境。「異国の丘」を口ずさみながら、金野井大橋を渡って千葉県野田市川間村尾崎部落の物流センターに通っています。

ええ、2020/10/23に、北朝鮮の強制収容所からソビエト軍に拠って、シベリア抑留生活という印象に変わりました。「我慢だ まってろ 嵐がすぎりゃ 帰る日も来る 春が来る」です。(^_^;

明日から、金野井大橋をバイクで渡る時、「異国の丘」を口ずさみながら、水戸連隊の戦友たちと、舞鶴港へたどりつくその日を夢見て、シベリヤ(千葉県野田市川間村尾崎部落)で奴隷労役をこなします。2020/10/24

^