私なりのラジコの楽しみ方

スマートフォンで、海外のラジオを聞いていた。GooglePlayで、「米国のラジオ」とか「英国のラジオ」というアプリを入れると、アメリカとイギリスのラジオが聴ける。イギリスのは1940年代のレコード録音の第二次戦時下のラジオ番組が聴ける珍しいラジオ局とかあるし、アメリカだと1970年代の洋楽しかかからないラジオ局とか選んで、そればかり聴いていた。やがて飽きて、radikoに回帰して、FMNACK5を聴いたりしてた。ところが創価学会の提供のラジオ番組とか耳に入るので、不愉快だから、FMNack5ほとんど聴いていない。日曜日の朝6時の鉄道の番組だけ聴いている。そこで行き詰まったので、radikoプレミアムに加入して全国のラジオを聞いて回る様になった。そうすると創価学会だけでなく宗教の番組が、朝の通勤時間に多いのである。朝からガックリしたくないので、そこでまたradikoプレミアムの使いかたで、エリアフリーとタイムフリー機能があるので、全国のラジオの「音楽リクエスト番組」ばかり、リアルタイム聴取と、タイムフリーで、日本全国のラジオ局で音楽リクエスト番組ばかり聴いている。そうすると、意外な発見とか、完全に忘却の彼方のあの懐かしい楽曲が聴けるので、スマホでラジオを聴くのが楽しみになる。ただ、この一週間、通勤でMP3プレーヤーで完全に覚醒していない脳に、音楽オンリーで外界との刺激を遮断してしまうと、電車で乗り越してしまう没頭する脳になる危機感があったり、大宮が終点でも、いつまでも駅に着いたことを自覚しないと言う脳が危機なので、朝はどこかの地方の情報番組を聴いている。そうすると、脳の覚醒がうながされるようである。一つの発見であった。2021/01/17

^