2020/07/03 中島英樹(Blueiris)画集 1985-2019 ver1.0.1 2020/07/03

blueirisr8.1985.2019.ver1.0.1.epub (ダウンロードにはリンクをクリックまたはタップ)
blueirisr8.1985.2019.ver1.0.1.pdf

プラモのモモちゃん模型日記 1st season 2018/10/13

momomokeidaiary.pdf (ダウンロードにはリンクをクリック、またはタップ)

はじめにの二番目に
しつこい大田区(ota city)からはたまに一回見られるだけですが、それはそれで、なぜ無料出版物にするカー?と言う事をちょっと述べたいと思います。2010年頃、「東京のデザイン職のビジネスモデルは春日部では成り立たないから、今までの出版産業の知識・経験を生かして、出版社を立ち上げよう。でもコンテンツが無い。出版社も広告代理店も小説家もデザイナーもイラストレーターもライターもいない(笑)じゃぁ自分で絵を描き、小説を書いて、自社まるまるコンテンツで自分の出版社のコンテンツ作りから始めよう」と思い、えーとこの頃、創業ベンチャー支援センターで「出版社を立ち上げたいのですが?」と相談して、「ではまず小説家になると良いでしょう」と指導され、言いつけを守り、10年間、匿名掲示板の意識の低い名無し達相手にやって、カクヨムで一定の評価を得て、10年区切りで匿名掲示板の連中を全て捨てて廃棄処分して、今2020年です。10年前、ジオシティーズのホームページディレクトリで「桜花物語」をWEB掲載して匿名掲示板の中でもIPアドレス晒せる人に読んでもらったかな。途中ツィッターに移行して、ツィッターとMIXIとかで仲間集めて「ニッケルイエロー」を創刊して、未だにパブーで読めたりします。出版社を作るって、それ、実は21歳の時、市ヶ谷の印刷工場で雑誌の束をパレットに積みながら、東洋美術学校の夜間グラフィックデザイン科に通ってた時に、自分の中で「出版界頂上作戦」を練り、実行に移し、飯田橋の本の取り次ぎの会社のコンピュータルームで一ヶ月バイトし、角川書店お抱え(当時)のちょっと大きなデザイン会社にバイトで入ったりして、「出版で成功するにはどうしたらいいだろう」と思案しながら、デザイン事務所の女の人の言葉とお金に引っかかって、全て一回パーにした私の作戦だったのでした。何回でも潰されてます(笑)、東京にね。で、その出版界頂上作戦は、結局「blueiris.jp」のドメイン下のみで、勝手に自分だけの力で、協力者無しでやるのが今の一番の方策みたい。なぜ無料か、というとだから、最初にWEB公開したときから、カクヨムだって、あれも無料で読んでもらうモノだから、自社ドメインでPDFとEPUBで無料で配って読んでもらって同じ事じゃないかな、と思ったし、ひとの会社、私企業の会社、どこかの株式会社の土俵を借りると、規約とか、表現の制約とか忖度とか思慮とか、根回しとかしがらみがつくので放棄しつつあると言う事ですね。blueiris.jpで私が私だけでやると、blueiris.jpと世間という構図になるので、それが一番私にはスッキリすることだからですね。LINEノベルはアカウントとったけれど、あの東京の養鶏場のニワトリと一緒のスマホ画面に私の作品が並ぶのが不愉快なのもあって、LINEノベルは放棄しますね。代わりのblueiris.jpと言う事になります。今の所。他にもその方式のステップアップのメソッドも発案してますが、まだ時期尚早ですね。来年とか、期限は設けないで、時期が来たら発表すると思いますね。コロナウイルスの波は、黒潮の様なもので、黒潮の流れに乗って船を進めれば、燃料節約でカムチャッカやアラスカまでいけますね。黒潮の流れに向かって、オーストラリアに行こうとすると燃料を食って時間も掛かると言う事ですね。まぁそんな風に思います。小説の創作のスケジュールはあるんだけど、今どっぷり小説に取り組むことが出来ないし、カクヨムに載っているのも、推敲したり、カラーの透明水彩のイラストをつけるべき作品には一杯つけて、紙の文庫本ではコストが掛かって発行不能なくらい、PDFとEPUBのポテンシャルを生かしたデータにして並べていきたいですね。最近ようやく自分が快活に生きられる方策を発見したとすれば、「関わらなくていい会社や人間とは関わらない、連絡とらない、金ももらわない、近寄ってきても一言も口聞かないで逃げる、見ない、触らない、相手にしない」というのがいいようです。それに徹底すると私の馬合随分快活に気分良く生きられるようです。大なり小なり、今の世の中はそういうモノです。よかれと思っても、何も施さないで、どこかへ行くのを待ちもしないで忘れていくのがいいようです。そんな所なんで、時期が来たら、データを上げて行きたいと思います。それでは。2020/04/17

はじめに
この固定ページをしつこく見ている人が居るので、ビジネスヒントはWEBで言葉にするのは止めて、この固定ページは弊社Blueiris及び中島英樹(Blueiris)の著作物で、可能な限り無料配布していくモノは無料配布でダウンロード出来る様にする、PDF及びEpubファイルのダウンロードリンクページにしてしまいます。以前のバージョンでは、マンガのまとめファイルだけダウンロード出来る様にしてありましたが、今回からもそこから始めます。また、もうPDFファイルしか残っていない幻の電子同人誌「ニッケルイエロー」も全巻ダウンロード出来る様にします。パブーに上がっているモノは全てそうします。またKDPで2冊ほど、そのまんまのモノもPDFとEPUBにしてしまい、ダウンロード出来る様にします。カクヨムに残ったままのモノも、まとまった長さのモノは電子書籍の体裁としてのPDFとEpubで、表紙画像は透明水彩で描き上げて、表紙としてしまいます。その他、書き下ろしの小説で同人的作品のアイデアが一作ありまして、時間があれば執筆し、ここで無料公開としていこうと思います。Epubビューワは Universal eBook Reader がいいようですね。今日は時間が尽きたので、今後時間があればこの固定ページを整備していきたいです。それにしても、過去作のKDPの分とかパブー分のデータをパソコン・バックアップから探し出して、整備し直すの、かったるいんですけどね。でも、この無料ダウンロードがBlueirisの肝と思って、一年先を見据えて、整備していきたいです。2020/03/03